2017年9月17日日曜日

自然法則(神の摂理)の働きを知るために生きている



少し前ですが、私の先輩の奥様が、悪性の病気になっていることが判りました。

その先輩は仕事で成功し、都内の一等地に住み、家庭においてもご夫婦の仲は睦まじく、二人のお子さんがいて、どちらも良縁に恵まれ、孫ももうすぐ生まれようかと言うところでした。

全てが順風満帆で、こんな絵に描いたような幸せな人もいるのかと思っていました。

早速ですが、病気が癒やされることを祈念して、奥様に向けて遠隔ヒーリングを行いました。

ヒーリングにより、悩まされていた症状は軽快したとの報告を受けましたが、病気の進行は予断を許さない状況です。

それからしばらくして、奥様の重病に大きなストレスを受けためでしょうか、先輩も脳内出血を起こしてしまいました。

幸いにして、命には別条はなく、頭から血を抜く手術を受けることになりました。

奥様には、ヒーリングの効果を実感していただいたので、もう1度行うことを申し出ました。

返ってきた答えは、「私ではなく、主人をお願いします」でした。

ご自身が深刻な状況にもかかわらず、ご主人のことをとても心配していました。

昔から、奥様は人を助けるのが好きな人で、実は私も助けられた人間の1人です。

このメールを見た瞬間、不謹慎かもしれませんが、治らないかもしれない、向こうに行く時期が来ているかもしれないと思ってしまいました。

どんなに自分がつらく、苦しくても、他の人を思いやるような人は、この世にいる意味が薄れてきているように思えます。

心が優しく、思いやりが深く、誰からも慕われる人は、若くして逝ってしまう時があると感じています。



私たちの実体は、目に見える肉体ではなく魂です。

肉体は、魂から生じる想いを表現をするための、この世だけの媒体に過ぎません。

ピアニストがいなければ、ピアノはただの音が出る木の箱であるように、魂のいない肉体は、ただの有機体の塊であり、活力を失い土に還ってしまいます。



魂にとって肉体は重い鎧のようなもので、実に煩わしいものです。

食べなければ養えませんし、肉体的な本能を併せ持ってしまい、様々な欲に苛まれてしまいます。

人は肉体を持つと、自分が一番大切になり、他者は二の次になってしまいます。

生まれてからしばらくの間は、大きな声で泣いて、他者(親)に要求するばかりです。

泣き声がうるさくて、周りに迷惑をかけても、おかまいなしです。

大きくなり、学校に行くようになると、少しずつ周りの人のことも考えるようになります。

そうしないと、仲間外れにされたり、自分が痛い目に遭ってしまいます。

そして、学校を卒業し社会に出て働くようになり、得たお金で生活をします。

自分を犠牲にして、他者に奉仕をしなければ生きて行けないように、この世はなっているようです。

結婚も、子供を育ても、自分以外の者への奉仕に他なりません。

人生は、自分から他者を優先する行程であり、他者への奉仕によって魂は成長して行きます。

年齢とは関係なく、自分が一番大切な人は霊的に未熟であり、自分よりも他者を大切にする人は成熟していると言うことになります。

熟れた果実が木から落ちるように、成熟した魂が肉体から離れて行くのは、自然の成り行きです。



この世界は、目に見えない自然法則に支配されています。

物質が地面に向かって落ちるのは、万有引力の法則の働きによるものです。

当然のことながら、人にも自然法則が働いています。

生まれるのも、老いるのも、死ぬのも、病気になるのも、自然法則の働きによるものです。



地上の法律に背けば、罰せられます。

自然法則に背けば、その報いを受けることになり、相応の苦痛を味わうことになります。

法律と違うのは、法則の働きは完璧であり、何人も逃がれられないことです。



人は誰しも、苦痛を味わうのは嫌です。

苦痛を味わないためには、自然法則の働きを知るしかありません。

この世の中に生じている苦痛の多くは、自然法則の働きを知らない無知によって起きていると思います。



世界中で起きている戦争もそうです。

自然法則の根幹を成すのは因果律です。

因果律とは、原因を作れば必ず結果が生じ、結果には必ず原因が存在し、偶然はないと言うことです。

どの戦争にも、必ず原因が存在しています。

しかし、原因を究明せずに、起きた結果にばかり目が向けられ、報復を繰り返しているように見えます。

戦争の根本原因は、怒りや憎しみや恨みの想いと考えられます。

怒りに任せて攻撃すれば、今度は相手から攻撃されます。

自分から出たものが、因果律の働きで、自分に返ってきていているだけです。

口で言うほど簡単ではありませんが、戦争にならないためには、相手を認め、そして許し、怒りや憎しみの想いを向けないようにするしかありません。

自然法則の働きを知らないために苦痛が生じていますが、その苦痛により自然法則の働きを学んでいます。



人は死ぬと次の世界に移行します。

次の世界は、煩わしい肉体から解放され、思念を直接伝えられ、この世よりもはるかに快適です。

私たちが生きている目的は、魂(自分)を成長させるためです。

もし、次の世界が、そんな快適な世界なのであれば、そこで成長して行けば良いはずです。

なのに、何でわざわざこの世に生まれて来なければならないのでしょうか?



泳ぎ方を知らない人が、水中に投げ込まれたなら、溺れて苦しい思いをします。

苦しい思いをしないためには、泳ぎ方を身に付けるしかありません。

泳ぎ方は、教本を見ても、口で教えてもらってもだめです。

実際に、水中で苦しい思いをしながら、身に付けるしかありません。



自然法則の働きも同じです。

人に教えてもらうのではなく、自らが苦しく、痛い思いをしながら、得心しなければいけません。

この世に肉体があるのは、目に見えない自然法則の働きを、肉体を介した経験によって、魂に焼き付けるためと考えられます。

肉体のない次の世界では、苦痛が取り払われているために、自然法則の働きを身に付けるのは難しいと思われます。



自然法則は、空気のようなものです。

陸上で生活している時は、空気は目に見えず、意識しませんが、水中に沈んで息が出来なくなった時に、存在を強烈に意識します。

自然法則の働きも、平穏に過ごしている時は意識しません。

しかし、苦境に追い込まれ、助けもなく、真っ暗やみの中にいる時に、初めて意識するようになります。

水中で空気を求めるように、真っ暗闇の中で真実を求めるからです。

自然法則の働きを静かに悟り、魂は救われます。



自然法則とは神の摂理であり、神の心を体現しているものです。

全ての出来事は、神の法則の中で起きています。

神の心は計り知れない愛なので、どんなにつらく、苦しいことであっても、必ず乗り越えられます。

神の創った自然法則の働きによって、導かれているので安心して良いのです。

後で振り返った時に、大切なことを学び、大きく成長し、この世に生まれて来た目的を成就していたことを知り、感謝するはずです。