2010年2月23日火曜日

因果律は正確に



私が過去に行った不正で、保険医取り消し処分となりました。

因果律は数学的正確さで働くと、シルバーバーチは言っていますが、天秤はまだ釣り合いを戻していませんでした。

原因が結果を生み、それが原因で新たな結果を生む、当然の成り行きなのですが、患者の減少等による医院の経営難、スタッフからの信頼の失墜など、深刻な事態に追い込まれて行きました。

やれるところまでやってみよう、立ち行かなくなったら潔くやめよう、そう決意して仕事を続けました。

自分が犯した過ちは、必ず償わなければならない、という事実を思い知らされつつ、これまでどれくらい過ちを犯してきたのかを、つい考えます。

うそをついたことは、数え切れません。

ばれなければいいと、誤った行いをしたことも、数え切れません。

人の事を考えず、利己的な言動をしたことも、憶えてないくらいあります。

さらに愚かにも、人を傷つけてしまったこともあります。

他の過ちも、たくさんあるでしょう。

懺悔をしても許されないこと、その過ちの一つ一つが刻み込まれていて、地上の人生が終わった時に総括され、その一つ一つに償いをしなければならないという、厳しい現実を霊訓から学びました。

過去を悔んでも、取り返しはつかないので、これからは過ちを犯さないよう、最善を尽くして生きなければりません。

言葉にするのは簡単ですが、本当に難しいことです。

しかし、霊的真理を知った今は、そうしなければいけません。










2010年2月22日月曜日

苦難と真理の受け入れ



霊的真理は、苦難や悲しみを味わって、初めて受け入れる準備ができると、シルバーバーチは言います。

本当にそうだと思います。

もし、私に今回の経験がなければ、霊的真理は魂にまで届くことはなかったでしょう。
 
そして、私の弱さも知りました。

霊訓に「知識を獲得し、魂が目覚め、霊的実相を悟るということを、みな一人でやらねばならないー自らの力で“ゲッセマネの園”に踏み入り、そして“変容の丘”に登らねばならにということです。」という一節があります。

“ゲッセマネの園”は極限的な厳しい経験を指すのだろう、霊的真理を理解するにはさらにつらい経験しなければいけないのか? 

ありがたく受け止めて乗り越えてみせると思う気持ちがある一方、出来ればこれ以上の苦難はこないで欲しいと思う気持ちもありました。

霊的真理の理解が深まり伝える立場になった時に、経験がつらければつらいほど、悲しみが深ければ深いほど愛をこめて真理を伝えられ、そして受け入れてもらうことが出来る。

そう考え強くなっていければと思います。

2010年2月21日日曜日

苦しみは続く



蒔いた種は、自分で刈り取らなければいけないとわかっていても、今回の行政指導の状況が、これ以上悪くなって欲しくないと願いました。

きっと厳重注意で終わり、監査にはならないだろう、そこまで罪なことではないし、反省も十分しているという気持ちがありました。

どちらだろう?監査は避けたい、もしなったら終わりだ、未熟さゆえに先のことを考えては、大きな不安にかられていました。

そして私の運命を決める封書が届きました。

開封して目に飛び込んできたのは、「監査」の文字でした。


最も恐れていたことが、現実となりました。

希望をまったく見いだせない暗い日々が過ぎ、監査を受けました。

長い1日でした。

そして、指導が始まり約1年で、医療従事者としては致命的とも思える、保険医の取り消し処分という結末を迎えました。

私の地域でも、年に1人でるかでないかという、厳しい処分です。

苦しくて、言いようのない不安な1年が終わり、これからの日々は想像することもできません。

取り消し処分発令の翌日、地元の新聞の3面に、大きく記事として書かれていました。

このような形で、初めて自分の名前が新聞に載るとは思いませんでした。

自分の不正な行いが、世間に知れ渡り、今まで築いてきた信頼を大きく失った瞬間です。

患者さん、近所の人、知り合いに合わす顔がありません。

そして家族に、私のせいでつらい思いをさせるのも耐えがたいことでした。

厳しい現実が突きつけられましたが、私の犯した過ちに対するこれが結果であり、償わなければいけません。

以前でしたら不運を嘆いたり、処分を下したものを恨んだり、人生の負け組になった気持ちとなり、自分を見失っていたかもしれません。

しかし、この最悪とも言える出来事が、霊的真理を受け入れるために必要であったとの自覚が、この時にはありましたので、前を向いて乗り越えて行こうと思うことができました。





2010年2月20日土曜日

ヒーリングを縁のある方に



シルバーバーチの霊訓を読み進むにつれ、ヒーリングに対する考えも変わってきましたが、病を癒すことよりも霊的覚醒を促すことに真の意味がある、そう書いてあるのだから事実であろうと思いつつ、そんなことが本当に起こるのか半信半疑でした。

また、ヒーリングには磁気的、心霊的、霊的なものがあることを知りましたが、私の場合はどれなのだろう?

霊性を考えると、多分磁気的なものであろう。

しかし、霊性をもっと高めて霊的なヒーリングが出来るようになりたいと、強く思いました。

そして、利己的な目的のためにヒーリングを決してするまいと、心に誓いました。

ヒーリングについてはわからないことが多く、手探り状態でしたが、私の周りにいて身体の不調を訴えている何人かの方にしてみました。

心を鎮めて、左手を患者さんの手の上に置いて、しばらくする患者さんの手へ伝わっていくのがわかりました。

流れは徐々に増して、皮膚と皮膚が張り付いている感覚になります。

手が乗っているところが、ピリピリした感じがするという患者さんもいます。

女性の方が敏感なようです。

周りが何かに包まれたような感じになり、思考が緩慢になってきます。

表現が適切かどうかわかりませんが、焚き火の前でゆらゆらと揺れる火を見つめていると、身体があたたかくなり、焦点がぼやけてまどろんでくる感覚でしょうか。

どれ位の時間をしていいのかわかりませんでしたので、1時間位してみました。

患者さんは、うとうとして眠くなる方が多いみたいです。

終わったあと顔を見ると、生気が戻ってきたというか、瞳の輝きが増し、笑みがこぼれて元気そうになっています。

目の前で良くなっていくのを見て、不思議でうれしく、そして厳粛な気持ちになります。

時々、患者さんから悩みを打ち明けられますが、自然と霊的真理に則した助言となります。

ヒーリングに関しての知識は、心の道場(スピリチュアリズム普及会)から出ている、「スピリチュアルヒーリングとホリスティック医学」と、ハリーエドワーズ著の「霊的治療の解明」を、繰り返し読み、得ました。

「スピリチュアルヒーリング~」は、ヒーリングについて霊的真理に基づいて、理論的にまとめられている貴重な本です。

「霊的治療の解明」は、ハリーエドワーズのヒーリングに対する解釈と実践の仕方を知ることができる、数少ない書籍です。

病んだ人に、できるだけ良くなってもらうために、霊性を高める生き方をしよう。

自分の想いや言動を、検証する日々が始まりました。









2010年2月19日金曜日

「シルバーバーチの霊訓」を読み進む



大変な状況に追い込まれてくるにつれ、シルバーバーチの霊訓の言葉が心に迫って来ました。

現在の辛い状況を理解する、明確な答えがそこにあり、真正面から受け止めることが出来ました。

運が悪いとか、災難ではなく、私がした過ちに対して、苦しみという償いがもたらされている、原因に対して結果が正確無比に働いていることがわかってきました。

また、乗り越えられない困難はないという言葉に励まされ、今日を生きる力が湧いてきました。

少し前は、気にも留めなかった文章が、今は活き活きと輝いて魂に響き、そして私を大きく変えていきます。

霊訓の2巻以降は、勢いを増して読み進んで行きました。

そして「霊的真理にしがみつきなさい」という言葉に、深い安心感を得ました。

ページをめくるごとに驚きの世界が広がっていましたが、素直に受け入れることができました。






 

2010年2月18日木曜日

苦しみの始まり



シルバーバーチの霊訓を読み始めてすぐに、1通の封書が届きました。

行政から指導を通告するもので、内容は私の医院の健康保険請求に関して疑義が発生したので、指導を行いたいということでした。

私は医療従事者ですので、行政(厚労省)の許認可のもと仕事をしています。

医療従事者にとって、(個別)指導を受けるということは不名誉なことであり、また相当な重圧を感じる出来事です。

その重圧に耐えきれず、自殺者が出るほどです。

しかし、やましいことは何もしていないという気持ちが私にはありましたので、軽く注意を受けて終わるのではないかと考えていました。

そんな、安易な考えは一変しました。

指導を受けるにあたって、カルテや業務にかかわる書類等の整理を始めましたが、あまりの不備の多さに愕然としました。

また、不正な請求にあたる事項もたくさん見つかり、それが発覚すれば非常にまずい事態になる事が予想されました。

不正な箇所を見つけるたびに、強い後悔の念と、発覚した時の恐怖を感じながら、連日夜中まで準備作業に追われました。

何とかうまく乗り切れないかと考え、いろいろな方から助言をもらいましたが、対処の仕方は2通りありました。

1つは矛盾点がないようにカルテや書類を直すこと、もうひとつはカルテをそのまま提出することです。

重い処分を免れるためには、直した方がいいことは分かっていましたが、不正発覚しないことを願いつつ、そのまま提出をすることにしました。

不正に不正を重ねる事は、どうしてもできなかったからです。

どうして、このような不正なことをしてしまったのか?

発覚したらどうしよう?

仕事をしていても、休みの日でも、そのことばかりを考えてしまいます。

もし、不正が発覚し、悪質度が高いと判断されたなら、保険医の取り消し処分が下されます。

保険医の取り消し処分を受けると、一般的には経営が立ち行かなくなり、廃業に追い込まれることが多いです。

それが現実になったら、生活は一変することは目に見えています。

まさかそんなことは起こるはずがないと思いました。

しかし、何をしても最悪の事態が頭から離れることはなく、精神的につらい日々が続きました。

そして、指導の日がやってきました。

どうか無難に乗り越えて、安心して過ごせる日々に早く戻りたい、そう願って向かいました。

部屋に通されると、指導を受けると言うよりも、これから裁判を受ける重苦しい心境になっていきました。

自分がした過ちを、公の場で裁かれるという、今までに経験したことのない惨めさを感じました。

担当者から聞かれたことに対しては、良心に従い、ありのままを話しましたが、数時間後、疑義がさらに深まったということで、指導が中断となりました。

ただならぬ雰囲気に、非常に状況が悪いことがわかりました。

辛い日々が今日で終わると思っていましたので、茫然としました。

数ヵ月後、2回目の指導が行われましたが、不正な事を次々に追求され、精神的に追い込まれていきました。

ごまかしたい、取り繕いたい、逃れたい衝動を抑え、ありのままを話しましたが、疑義がさらに深まり指導が中止されました。

1段階進んだ監査に移行することが、現実味を帯びてきました。

監査になれば、患者さん、従業員から事情聴取により証拠固めが行われ、不正が決定的なものとなり、最も重い処分が下される可能性が極めて高くなります。

これからどうなってしまうのだろうと恐怖を覚えましたが、一方では、ありのままを話したので、情状酌量され厳重注意に留まるだろうという楽観的な考えもありました。





2010年2月17日水曜日

はじめて霊訓を読んで



「シルバーバーチの霊訓」がどんな本なのか全く知りませんでしたが、第1巻を読み始めました。

暇な時間をみつけては、数ページ読むというペースでした。

その時は、治癒力の正体を知りたい気持が先行していましたので、冒頭の「あなたとは何か」の章は、宗教的というよりは哲学的な文章だと感じるくらいでしたし、「なぜ苦しみがあるのか」、「生まれてきた意味」の章は興味がなく、理解しようともせずに読んでいました。

「愛の力」、「役に立つよろこび」の章は、以前から何となく感じていたことであったため、少し共感することできましたが、最も読みたかった「心霊治療と生命力」の章は一読してもわからないことが多く、ほとんど理解ができなかったと記憶しています。

「(心霊治療の)目的は眠れる魂を目覚めさせ、霊的自覚をもたらすことです。」という一節が、何を意味するのか、全く分かりませんでした。

そして、死後も霊として生き続けるということも、納得できた訳ではありませんでした。

この本の内容が、次元の高い世界からのメッセージで、深い意味がありそうだと感じましたが、全般的な理解にはもう少しの時間が必要でした。

2010年2月16日火曜日

犬にヒーリング

 

朝起きてから寝るまで、仕事で集中している以外は、エネルギーの流れを感じています。

ある時、飼い犬のリックが足を痛めびっこをひいていたので、手を当ててヒーリングをしてみました。

何分間くらいしたのでしょうか、いつも通り元気に走り回るようになりました。

それ以来、リックはからだの具合が悪い時にヒーリングをして欲しいらしく、私に近寄って来るようになりました。

このエネルギーは、種を超えて伝わることがわかりました。

犬は人間とは全く違う動物だと思っていましたが、本質は同じだと直感いたしました。

魂があり、豊かな感情があり、それを全身で表現しています。

人から愛をもらい、そして人に愛を与えることを喜びとする、すばらしい動物だと思います。

2010年2月15日月曜日

シルバーバーチの霊訓との出会い



次第に、この未知の力の正体が知りたいと思う気持ちが強くなりました。

インターネットで「ヒーリング」で検索して、情報を収集しようとしましたが、どれも何か違うと感じるものばかりでした。

その中で、日本スピリチュアルヒーラーグループのホームページが目に留まりました。

真摯に治療する姿を拝見し、この方達からこの力の話を聞きたいと思いました。

電話に出られた女性※から「シルバーバーチの霊訓」を読むことを勧められました(電話での問い合わせはヒーリングを希望する方だけです)。

シルバーバーチという単語も初めてでしたし、霊訓というひびきに、少しオカルト的な印象を持ちましたが、早くその正体を知りたかったので購入をしました。

その時は、この1冊の本が私に革命をもたらすとは思いもよりませんでした。

そして、横道にそれることなく、シルバーバーチの霊訓にたどり着くことができたのは、守護霊の導きだと確信しています。


※電話でこの様な相談を受け付けていないにも拘わらず、親切に対応して下さった世話人の方へ・・身勝手な行動をしてしまい、ご迷惑をおかけしました。この場を借りて深くお詫びいたします。またシルバーバーチの霊訓を紹介していただいたことを、心から感謝します。

2010年2月14日日曜日

霊的な世界



ヒーリングを始めたころから、目には見えない生命力というか、輝きにあふれた世界が広がっていることがわかりました。

いつも見慣れている庭の草木が陽を浴びて輝いて見え、うまく言えませんが、全てのものがエネルギーに満ち溢れている様な気がしました。

子供の頃、星というか宇宙に強く憧れる気持がありました。

私達が住む地球は、本当に小さな存在で気の遠くなるような彼方まで宇宙は広がっている。

数知れぬ知的生命も存在するであろう。

そんなことを考え、神秘的な気分に浸っている時間が多かったと思います。

夏の海岸や、澄んだ空気の高い山で、夜空を見上げるのが好きでした。

そこには砂のように細かい無数の星を湛えた天の川があり、しばらく眺めていると、小さな自分と無限に広がる宇宙が、一体になった様な気持ちになりました。

夜中に一人で眺めているのに、何故か寂しくなく、暗い宇宙空間があたたかいもので満たされている感じがしました。
 
今回は、それよりもはるかに鮮明で、強烈な感激がありました。

この私の周りに、霊的な世界が広がっている。

心のもっと内側に霊があり、霊こそが本質である。

そして、霊的な世界は、あたたかな愛の世界であるような気がする。

今まで生きてきた中で、これ以上の発見はありません。









2010年2月13日土曜日

初めてのヒーリング



分かっていることは左手に何かが流れている、そしてそれが治癒的なエネルギーらしいということでした。

私の妻にそのことを話し、左手で触れてみると皮膚にピリピリとした感覚を感じた様です。

そして妻は、以前から時々胃痙攣に悩まされていて、胃の痛みが出た時に初めてヒーリングをしてみました。

胃のあたりに手を置くだけでしたが、普段よりもその流れが大きくなっていくのがはっきりとわかりました。

しばらくして、痛みがあるか尋ねたところ、なくなっているというとでした。

未知の力がこの自分に流れている。

その力により、病いを癒すことができた。



科学(医学)的な説明は不可能です。

どちらかというと唯物的な思考をしていましたので、この事実には本当に驚きました。

それからいく日経ったでしょうか。

ある夜、妻がまた胃の具合が悪くなったということで、ヒーリングをすることになりました。

横になってもらい、胃のあたりに左の手のひらを置きましたが、私も隣で横になっていて疲れていたせいか、少し眠りかけてしまいました。

気付くと手のひら全体からすごい勢いで力が伝わっていて、全身もエネルギーみたいなものが充満して、励起している様な状態になっていました。

今まで経験したことのない感覚に、怖くなり、すぐ置いた手を離しました。

励起した状態がその後も続き、何が起きたのか全く理解が出来ないので、大きな不安に襲われました。

パニック状態に近いものでした。

真夜中でしたが、誰かに助けてもらいたくてインターネットでヒーリングをしている方を探してメールを書き始めましたが、突然パソコンの電源が切れてしまい、何かを感じメールを出すのをやめることにしました。

そして、しばらくしているうちに眠りにつきました。

この力について、私の周りに教えてくれそうな人はいません。

同じ力を持つ人ならば知っているだろうと思い、探して会って話をしたいという欲求が強くなっていきました。

2010年2月12日金曜日

ある朝、突然に



今までの経緯を、少しずつ書いていきたいと思います。

2006年6月だと記憶しています。

いつもと同じように、朝目覚めましたが、あたたかくやさしい空気に包まれている様な気がしました。

いつもと同じように、仕事に出かけましたが、左肩から左腕そして指先に何かが伝わっていくのを自覚しました。

仕事上、首に負担がかかる姿勢になることが多く、頸椎からくるしびれなのかとも思いましたが、どうも違うようです。

感覚的には、寒くて手足が冷え切った時に温かいお風呂に入ると、血行が良くなりしびれてきますが、それに似ています。

何かが伝わり、指の先から出ていってるようです。

それが何なのか知りたくてインターネットで調べましたが、出てきた答えは「ヒーリング」でした。

不思議な事が自分に起こっていることに、少し興奮したことを覚えています。










2010年2月11日木曜日

はじめに



昔、あるイギリス人がりんごが木から落ちるのを見て、地球の中心に向かって、地上にあるすべてのものを引きつける力が働いていることを発見しました。

私たちの周りで当たり前に起こっていることは、すべて法則により支配されています。



地上に生まれ死ぬということはどうでしょう?

生きているすべてのものにとって当たり前のことですが、同じように法則の働きによるものです。

そして、法則から逃れられるものはいません。



あるイタリア人が、夜空の星が地球の周りを回っているのではなく、地球が回転していると唱えて非難を浴びました。

確かな証拠がなければ、人は信じようとはしません。

でも、真実はどちらだったでしょうか?



人は死んだら終わりではなく、永遠に生き続ける。

これは科学的に証明できるものではありません。

しかし、まぎれもない真実です。

夢物語やファンタジーなどではありません。

そして、これ以上に大切な真実はありません。



少し前の私が、霊的な真実(真理)を聞いても、きっと興味を持たなかったでしょう。

そのようなことを語る人を、敬遠したかもしれません。

死んだ後のことを考えるより、今を楽しく生きる方が大事だと考えていたからです。

こんな私が、なぜ霊的な真実を知ることになったのか、そして間違いがないと確信するに至ったのか、ブログを通して伝えていきたいと思います。

私の霊的真理の理解が正しいとは限りませんし、間違ったことを書いてしまうかもしれません。

霊的真理を正しく知るためには、『シルバーバーチの霊訓』を読む以外にないと思います。



このブログが、苦しみや悲しみに耐えて受け入れる時期が来た人、違う次元の世界の存在に気づき始めた人が、無事に真実(霊的真理)に辿りつくための一助となれば幸いです。