2017年5月28日日曜日

信じ合い、愛し合うことで1つになって行く




ソンブレロ銀河
ハッブル宇宙望遠鏡で捉えた外銀河の写真を見ると、神秘的な美しさに圧倒されます。

どうすれば、こんな美しい造形が出来上がるのでしょうか。



私たちの宇宙は、138億年前にビックバンにより誕生したと考えられています。

突発的に誕生したのか、それとも計画的であったのか?

その疑問に、科学者は答えてくれません。



宇宙は計画的に誕生したと、私は信じています。

宇宙創造には、何らかの意図が隠されいると信じています。

ちっぽけな私に、その意図など判るはずもありませんが、想像をはるかに超えた、とてつもなく大きな存在が背後にいるのは間違いないと思っています。

多くの人は、その存在を神と呼んでいます。



私たちは広大な宇宙を構成する一部です。

とてつもなく大きな存在である神によって、宇宙が創造されたのであれば、私たち人間も神によって創造されたことになり、両者は密接不可分の関係あると考えられます。

神によって創られた、神とつながっている一部と考えて良いのかもしれません。

けれども、私たちは、完全な神とは遠くかけ離れています。

あまりにも不完全です。

そんな不完全な私たちを、神はなぜ創造したのでしょうか?



完全は不動のものであり、変化はありません。

不完全なものを創り、それが完全に向かって変化して行く過程を、同時に創造したと考えられます。

進化とは、生命が完全へと向かって行くことを指すと考えられます。

より完全な方向へと、自然法則(神)により、導かれていると思います。

完全に向かうためのエネルギーを、神から受けながら、進化していると思います。



本を正せば、あらゆる存在は1つの莫大なエネルギーだったと考えられます。

一つであったものを、何故ばらばらにしたのか?

ばらばらになったものを、再度1つにさせようとする意図があると考えています。

完全であったものを、ばらばらにして不完全にさせ、再度1つの完全なものにする意図があったと考えています。



私たちが五感で認識しているのは、物的な宇宙です。

物的な宇宙よりも高次に、五感に触れない霊的な宇宙が存在し、そこには無限の界層があると考えられます。

霊的な宇宙の中で、ばらばらになった限りなく小さな一分子が、生命(魂)と考えられます。



物的な宇宙は、膨張、拡散を続けています。

霊的な宇宙は、ばらばらになった生命(魂)が、1つになる方向に向かっていると思います。



今から数千年前、自分の住処から山1つ隔てれば、そこは未知の世界だったと考えられます。

1つの小さな集落の中で、一生が完結していた人が、ほとんどだったと思います。

しかし、人間には好奇心、探求心があり、外の世界を覗いてみたくなります。

山を越え、海を渡り、未知の世界に足を踏み入れて行ったと思います。

そこで、言葉や文化や生活習慣の異なる人たちと出会います。

最初は、驚き、警戒したでしょうが、次第に、外の世界との交流は盛んになり、活動範囲は拡がって行ったと思います。

ある者は、周囲を力により服従させ、支配して行ったでしょう。

また、ある者は、友好関係を結び、共存して行ったでしょう。



歴史を振り返ってみれば、1つのまとまりは、時代と共に、大きくなっているのは明らかです。

集落は共同体という形で1つにまとまり、長い年月をかけて、現在の国家と言う単位になって行ったと思います。

もし、1つのまとまりが大きくなる方向に進んで行っているのであれば、はるか先には、地球が大きな1つのまとまりになると考えられます。

小さなものがまとまって集団となり、集団の集まりが国家になり、国家が集まり、間にある障壁が取り払われた時に、地球が1つにまとまると思います。

それは、ばらばらになったものを、1つにさせると言う神の意志によるものであり、神の創った自然法則の働きにより、必ず成就されると考えられます。



1つになって行くために必要なものは、何でしょうか?

力によって、ばらばらなものを、見かけ上ですが、1つにすることは出来ます。

しかし、それは永続的なものにはなりません。

自然法則に反しているため、同じ力によって、いづれ元に戻ってしまいます。



永続的に1つになるためには、何が必要なのでしょうか?

それは愛です。

私たちは、愛により1つになれます。

愛を表現すれば、自然法則の働きにより、お互いの生命(魂)は引き付けられ、1つになります。



神は無限の愛であり、無限の叡智です。

1つの魂(人間)は、霊的な宇宙の中で、極小の存在であっても、神が創った一分子に変わりありません。

魂が神的な一分子であるならば、初めから愛を帯びていると考えられ、愛を表現して1つになろうとしているはずです。



しかし、地上の人には肉体という表現媒体があります。

そのために肉体的欲求が生まれてしまい、それを満足させなければいけません。

満足させるために、地上的自我を発達させて行くようになります。

地上的自我が発達して、肉体的欲求を満足させようとすれば、外部への関心は薄れて、軋轢が生じ易くなります。

それが高じてしまうと争いとなり、苦痛を伴う出来事が起きることになります。

地上的自我が発達してくるのに従い、霊的自我(魂)は奥に押し込められて、1つになろうとする欲求は掻き消されてしまいます。



人は、霊的な存在であることを、忘れてしまっています。

人の本質は、肉体ではなく、魂(霊)であることを、忘れてしまっています。

内在されている神の愛が、地上的自我に阻まれて、表現されにくくなっています。

地上的自我は、目に見えるものだけを信じて生きようとします。

目に見えない愛を感識することは出来ず、物質的なものを頼りに生きようとします。

しかし、物質的なものは本質ではないので、いくら手に入れても、虚しさや、孤独や、不満がなくなることはありません。

霊的自我(魂)は、目に見えないものを感識できます。

目に見えない愛は、魂により感識され、悦びやあたたかさになり、充足感が得られます。



地上的自我が占拠してしまうと、霊的自我(魂)は埋没してしまい、そこから生まれている自分本来の想いを表現出来なくなってしまいます。

内在している愛の想いを表現できなければ、魂の成長は出来ず、生まれてきた目的を成就出来ません。

地上的自我と霊的自我のせめぎ合いの中で、地上的自我が勝てば軋轢が生まれ、争いとなり、苦痛を伴う結果が生じます。

苦痛は誰もが避けたいものですが、魂にまで響き、目覚めさせるという深甚な意味があります。

地上的自我は吹き飛ばされて、霊的自我(魂)が主導権を握り、内在する愛に気付き、それを表現しようとする欲求が生まれて来ます。

苦痛により霊的自我が目覚めると、1つになる方向に向かい始めます。

遠い過去から、その行程が絶え間なく繰り返えされ、今に至っています。



全ての人が、霊的自我に目覚めれば、地球は1つになります。

けれども、肉体を持つ不完全な存在であるために、さらなる苦痛が必要と思われます。

ばらばらになった生命(魂)が1つになるのは神の意図であるために、はるか先になりますが、必ず成就されます。



1つになるためには、愛し合わなければいけません。

その前に、お互いを信じなければいけません。

信じることは水路のようなものであり、その水路を通して、愛と言う水が流れます。

水路がなければ、たとえ水がたくさんあっても、流れることは出来ません。

間にある障壁は、信じ合うことにより消滅します。

とても単純ですが、容易ではありません。

それまでの苦痛や悲しみが、悦びに変わる経験を通して、信じることの意味を魂に刻んで行きます。



お互いの存在(魂)を信じ合えれば、いつの日にか、愛し合えるようになります。

愛し合えるようになれば、隔てるものはなくなり、1つになります。



1つになったものが、またばらばらになることはありません。

なぜなら、信じ合い、愛し合うために、1つのものがばらばらになったからです。







10 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

こんばんはイクミさん
メイです
久しぶりの投稿させていただきます
以前はいつかは妻との意思の疎通をと求めてきましたが最近少し思いが変化してきたようです
それほど確かさを求める意識がなくなってきたような気がします
だからと言って以前より妻に対する気持ちが弱くなったのではありません
なにか見えない妻との生活に対し確かめる必要もなく自然になってきているような
うまく表現できないのですがこんな形でこのままの形が続いて生きていければいいなと思いだしました
夢も今までは割とはっきりとした形で月に4,5回見てきましたが最近は漠然とした夢に変わってきたような
ただ亡くなってからこの3年間ほぼ毎日ランダムに途中覚醒をしますが律儀に挨拶だけには来ているのかなと
思って覚醒した時はいつも感謝の言葉をかけて又眠りに入っています
高尚なことはあまり考えも行動もしませんが妻に対する愛だけは確かにより深くなっています
よくわからないのですが経過する時間と愛する思いの継続の先にステージが変わるような感じがします
この思いがこれから先もいつまでも続きますように願っています
今の妻との関係への確証を求めないようになってきた感覚がうれしかったので投稿させていただきました

イクミ さんのコメント...

メイ様

お久しぶりです。
返信が遅くなり、申し訳ありません。

奥様との意思の疎通に、確かさを求める気持ちが弱くなってきたのですね。
メイ様が、言われているように、ごく自然な、望ましい関係になってきているからと思います。
魂と魂のつながりが増してきて、奥様からの想いを十分に受け取っているからと思います。
奥様の存在と想いを、心から信じているので、確証など必要なくなったのです。
コメントをいただく度に、より高いステージに上がっているように思います。

最愛の人を亡くされた人を通して感じるのは、真実を手に入れた人が、悲しみから解放されるということです。
想いは変わりなく続いていると言う真実を受け入れられなければ、いつまでも嘆き悲しんでしまいます。
そんな様子を見ていられずに、このブログに導いている人(霊)が、多くなって来たと思います。

メイ様はこの世にいますが、思念の世界である、あの世での関係が、かなり出来上がっているように思えます。
どれくらいの成長がまだ残されているのか判りませんが、準備は整ってきているので、再会の日はそんなに遠くないような気もします。

匿名 さんのコメント...

イクミさん
ありがとうございました

これから先何か新しい風景や出来事が出てくれば又ご報告させてください

メイ

匿名 さんのコメント...

イクミ様
こんばんは。なおみです。しばらくぶりです。
実は、最近、私は霊界の反対勢力に徹底的にマークされ、かなり巧妙な嘘を見抜けず、しばらくの間、騙されてしまいました。ここのところ、時期のきた人何人かに、シルバーバーチを伝え、かなり私のことが、気に入らなかったようです。お前はうっとおしいと言われてしまいました。

偽物の背後霊やシルバーバーチ、イエスが来て、霊的真理をかなり語るので、最初は信じてしまいました。しかし、イエスやシルバーバーチが、直接来るのは、おかしいと思いながら、言ってる内容が、霊的真理にあったことしか言わないので見抜くのが、難しかったのです。

しかし、そこは低級霊、邪悪霊。長く話していると、やはり必ずボロが出るものです。偽物だと見抜くと、サタンと悪魔に姿を変え、恐がらせようと、威嚇してくるのですが、実は私には人間の姿も見えているので、それを伝えると、見抜かれたことに悔しがりながらも、普通の人間に戻りました。

今までも、自分のオーラに引っ掛かっていた化身霊を相手に説得してきたことも結構、あったのですが、今回は数が多すぎて、少し、霊的にやられてしまいました。まる1日、寝れない、食べれない状態になってしまい、まだ少し霊障が、残っているようです。

今は、誰が来ても、何を言われても、全く無視しているのですが、それで、イクミ様にヒーリングをお願いするのがいいのではと思いコメントさせていただきました。今回で2度目となり、何度もお世話になりますが、よろしくお願いします。

イクミ さんのコメント...

なおみ様

お久しぶりです。
大変な思いをされたのですね。
時期の来た人に、霊的真理を伝える時には、背後霊団の影響下にあるので、そのような霊が近寄ってくることは、まずないと思います。
抵抗勢力の実在は、シルバーバーチの霊訓やモーゼスの霊訓などに書かれているのは知っていますが、まさかなおみ様が標的になるとは思いませんでした。
イエスやシルバーバーチが、地上の人間に語ることはあり得ません。
そこで信じてしまったので、たくさんの霊を引き寄せてしまったのかもしれません。
ご存じだと思いますが、霊は地上の人の心(動機)を見抜いています。
純粋に奉仕の心で伝えていれば、近寄って来なかったと思いますが、なおみ様の心に、慢心や驕りのようなものはなかったでしょうか?

背後霊に守護をお願いして下さい。
私も、状態が回復することを祈念して、ヒーリングをしたいと思います。
まもなくですが、今晩11時に行いたいと思います。

匿名 さんのコメント...

イクミ様 なおみです。
ありがとうございました。実は私は、自分で騙されやすいのが、欠点だと思います。

今までもシルバーバーチにたどり着くまでに、結構、色々と騙されてきました。

おそらく、私は感性的で、あまり理性が育っていないように思います。それに、道義心もあまり育っていないとも思いました。

シルバーバーチにたどり着くまでも、低級霊に翻弄されたり、死にかけたりと色々、危険な目にあってきたので、前から霊訓に書かれている反対勢力の暗躍は、実体験で、知っていました。

なので、霊媒の書などをよんでも、確認でした。
ただ、私もシルバーバーチにたどり着いたので、もう大丈夫だと、少し油断をしていたと思います。

今回、反対勢力が言っていたのが、聞こえたのですが、こいつはバカだから…だそうです。たぶん、バカだから、すぐ騙されてくれると思っていたと思います。

シルバーバーチがよく言っている理性に合わないところは拒否なさることです。という意味も実は、私にはよくわからず、全面的に信じてしまいます。

なので、正しいことの場合は、いいのですが、間違ったことでも、今まではそれを見抜けず信じていました。
今まで私を騙してシルバーバーチにたどり着けなくさせていた、低級霊、邪悪霊が、今回も攻撃してきたようなので、私のことをよく知っているのです。

そして、妨害してきたのにもかかわらず、シルバーバーチにたどり着いたのが、気に入らないのでしょう。

でも、いいんです。今回の私の人生は、騙されるたびに、そこから、教訓を得て、少しずつ成長しているので、これが、私にとっての霊的成長となっています。

イクミ様は、そういったことがないようなので、きっと隙がなく、相手もどうすることもできないのでしょう。
私は、もしかすると、今後もまた騙されることがあるかもしれないですが、今回が、最後であってほしいと祈ります。

イクミ さんのコメント...

なおみ様

こんにちは。
その後、様子はいかがでしょうか。

元々、霊的感受性が強く、今までにたくさんの霊とかかわってきたのですね。
前回、なおみ様が言われていたように、かかわりたがっている霊は、霊的真理を知ること、普及させようとしていることを、快く思っていないのでしょう。
そんな霊たちに、哀れみの想いを向けて下さい。

騙されやすいのが欠点と言いましたが、それは素直に信じると言う長所でもあると思います。
子供の時に受けた愛情が不足していると、どうしても自尊心を高くしようとするので、かかわりたがっている霊は、自尊心や優越感をくすぐるよう人物の名を語って、言葉を巧みに騙そうとしていたのだと思います。
そのことを自覚し、注意された方が良いと思います。

なおみ様は、今、霊的真理を知っていますので、真理により守られると思います。
ひたすら真理に適った生き方や考え方をすればば、魂は成長して行き、接点はなくなってくると思います。
そして、背後霊を強く信じ、関係を強固にすれば、付け入る隙はなくなってくると思います。
今まで、守り導いてもらったことに感謝して、これからも迷うことがないように願い続けて下さい。

全ての経験は、学びになります。
私も、痛い思いをしながら、大切な教訓を学んできました。
地上にいる誰もがそうなので、気を取り直して行きましょう。

匿名 さんのコメント...

イクミ様 なおみです。
色々とお気遣い下さりありがとうございました。
今回、何度も騙されて、どれが本物の背後霊かも、まだ分からないので、もう全部、聞かないようにしています。

反対勢力の演技力が、すごすぎて思わず、地上時代の仕事を聞くと、演劇をしていたと言っていた霊が、いましたが、本当にあの演技力を霊界で活かしてほしいものだと思い、そのことを話すと、妙に素直に説得され、霊界に行って、演劇をして人を喜ばすことに希望を、見いだしてくれました。

そんな感じで、よく今までも、低級霊や地縛霊、邪悪霊と話す機会が、すごく多く、私はなんでこんなことをしているんだろうと思うことも、よくあるのですが、最近、これも私の使命なのかもと思えてきました。

愛は邪悪に勝つということが、だんだんこういった体験から、学ばされて、少し喜びに変わってきました。
シルバーバーチに出会ってから、余計にこのような体験が増えているような気がするのです。

しかし、私は肉体があるのだから、基本は地上界を地上天国にしていくのが、使命のはずなのですが、確かに低級霊たちが、減ることでも、地上人に対する悪い影響が、減ることになるので、間接的には意味のあることなのかもしれません。

シルバーバーチに出会ってから、霊的真理を学んだので、相手の霊がどうすれば、更正してくれるか、何を言えば救われるかが、分かりやすくなり、邪悪霊が、涙を流したり、その他の霊たちからも、お礼を言われて、いい人になったり霊界に帰って行くことも多々あるのです。

しかし、こんなことを続けててもいいのかなどと、まだ迷いがあるのですが、別に自分からは関わりたいとは思っていないのです。が、なぜかよくこんな体験が来るので、もう受けて立とうと思っていますし、相手がいい人になってくれるのが、私の喜びでもありますし、たまにもらい泣きをして、すごい感動することもあるので、霊的成長させていただいているんだと思うことにしていますが、イクミ様は、このような話しを聞いて、どう思われますか?

よろしければ、意見をお聞きしたいのですが、やはり、低級霊、邪悪霊は徹底的に無視すべきでしょうか?

イクミ さんのコメント...

なおみ様

私には経験がないので、なおみ様から話を聞いて、少々驚いています。
もし、地上付近にいる霊たちが、なおみ様の説得で霊界に行くことが出来たのであれば、立派な救済であり、言われているように、地上の人へ悪い影響が減ることにつながっていると思います。
霊的真理を学んで、どの様なことを伝えれば、相手の霊が更正したり、霊界に帰るのか、判るようになって来て、機会が増えてきたのであれば、なおみ様に求められている奉仕なのかもしれません。
相手が良い人になってくれるのが、喜びとなっているのであれば、その動機に不純なところはありません。
ただし、今回、騙されたということは、力量不足なのは否めません。
さらなる霊的な成長と、救済しようとする確固たる信念が必要と思われます。
それがないと邪悪度の高い霊に遭遇した場合、翻弄されてしまう危険性があると思います。

ご存知でしょうが、このような霊の救済は、地上の人ではなく、背後にいる霊団によりなされています。
霊団の協力がどれくらい得られるのかは、地上の人の霊格により決まると考えられます。
摂理に適った生活を心がけ、人や動物や社会のためになるような奉仕をすることで、霊格を高めて行くことができると考えています。
特別なことをしなくても、普段の仕事や家事を一生懸命すること、周りの人に親切にすること、思いやりを持って接すること、弱い人を助けること、人が喜ぶことであれば何でも良いと思います。
何事にも寛容になり、感情的にならずに、穏やかな心で過ごすように努めることも必要と考えられます。
なかなか難しいのですが、私も心がけて生活しています。

経験から、多くを学んでいるのは確かです。
愛の想いで臨めば、邪に負けないのも確かです。
ただ、霊の救済は、背後にいる霊団に協力してもらわなければ難しいと考えられますので、もう少し機が熟してからの方が良いのかもしれません。
なおみ様が今の気持ちを持ち続けていれば、望むような奉仕が出来る日が、必ず来るはずです。

匿名 さんのコメント...

イクミ様 なおみです。
このような質問をしてすみませんでした。
私も正直、こんなこと相談できる相手がいないので、つい何かとイクミ様を頼ってしまい申し訳なく思います。

この質問をしたすぐ後、答えが霊界からの導きで示されました。スピリチュアリズムの思想[Ⅰ]の5章(4)の2)地縛霊となった先祖の救済一一正しい先祖供養とはに書かれており、やはり救済霊の助けになるようです。

しかし、そうは言ってもイクミ様のいうとおり、力量不足は否定できないので、私ももう少し、賢く振る舞おうと思います。今回の件でも、また学びはあったので、本当に痛い思いをしながら、地上で学びをしているんだと思います。

よくシルバーバーチが言っていますが、地上は失敗から学ぶ場所だと、また今回でも痛感させられたと思います。ありがとうございました。