2017年5月14日日曜日

子育ては知識ではなく愛情



私の家には、「しろ」という名の7歳の雑種の犬がいます。

しろは生まれてすぐに、5匹の兄弟犬と一緒に捨てられ、保健所に収容されていました。

このままでは、死んでしまうかもしれなかったので、家族で5匹を引き出して、育てることにしました。

母犬はいなくても、生まれたての子犬たちは、人間が与えるミルクで順調に育ちました。

しばらくして、里親が見つかり、全匹もらわれて行きました。



しばらくして、しろの様子を伺おうと、飼い主になった人に連絡を取ったのですが、つながりませんでした。

義父が亡くなった直後で、妻は大変な時でしたが、そのことがとても気になっていました。

何気なく、保健所に収容されている犬を掲載しているホームページを見たら、そこに大きくなったしろらしき写真を見つけたそうです。

実家から戻った妻は、早速、その犬を確かめに行きましたが、やはりしろでした。

穏やかでやさしい犬なのに、ウーっと唸り声を上げていたそうです。

会えたうれしさと、何でもっと早く迎えに来なかったのかとの想いが、入り混じっていたような気がします。

偶然ではなく、霊界から働きかけがあって、見つけられたと考えています。

飼い主になった人は、その後、精神を病んで動物を飼える状態ではなくなってしまい、しろが逃げ出してしまったようです。



飼い主の家を出て、しばらく放浪していたため、やせ細っていました。

そして、生後8ヶ月しか経っていませんでしたが、妊娠していました。

1才にもなっていない犬が、子犬を産んで育てられるのか、少し心配でしたが、しろのお腹はどんどん大きくなって行きました。

そして、動物の出産を初めて見る時が来ました。

犬は安産の象徴と言われますが、産まれる瞬間は「キャイーン」と痛そうに啼いていました。

2匹の子犬を産んだ直後に、羊膜をきれいになめて取り除いていました。

誰に教えてもらうのでもなく、子犬にフンやおしっこを促したり、お乳を飲ませたりして、1歳にも満たないしろの子育てが始まりました。

母犬から引き離され、子育ての仕方を全く知らないしろでしたが、無事に子犬を育てることが出来ました。

その様子を毎日見ていて、子育ては知識ではないと思いました。

動物の持つ本能と言ってしまえばそれまでですが、子育ては愛情表現そのものと思いました。



生命(魂)は、神の一部であり、常に神とつながっています。

 もちろん、神とつながっているのは、体感的に認識されていません。

目に見える肉体は、口から取り入れる栄養によって活動していますが、目に見えない霊的次元の魂(霊)は、大始源である神から生命力を受け取り活動しています。

魂が受け取った生命力は、出来事を経験することにより思念(想い)となり、精神的次元で思考や感情に変換され、最終的に肉体的次元で表現されて、完結していると考えられます。



神は無限の愛です。

生命力は神から受け取っているために、愛を帯びています。

従って、本来人間は、愛を表現するために生きていると思います。

しかし、肉体や(この世の)自我を持っているので、それを満足させることを優先してしまい、愛を表現することを、つい忘れてしまいます。

誰かのために何かをしようとすると、自分の持っている力以上のものが発揮される時があります。

それは、誰かのためにという愛の想いにより、神と同調し、つながりが強くなり、より多くの生命力が魂に流れ込んでいるためと考えられます。

生命力と共に、愛を表現するための叡智が与えられていると考えています。



愛情表現を通して、動物の魂は、神と強く結ばれていると思います。

動物を見ていて、子育てに必要なことは、神から全て伝わって来て、ただそれを行動に移しているだけのように思えてなりません。

そう考えると、同じ動物である人間を育てるのも、知識ではなく、愛情があれば心配ないのかもしれません。

知識は、あくまでも補助的なものであり、詰め込むほどかえって混乱し、不安になってしまうような気がしてなりません。

肝心の愛情がなければ、いくら持っている知識を実行に移しても、上手く行かないのかもしれません。

赤ちゃんが泣いていたら、何故泣いているのかを考えるのではなく、抱き上げて、心を鎮め、その瞳を見つめていれば、何かしらの理由が浮かび上がって来るのかもしれません。

一人で生きているように見えますが、私たちは常に神とつながっています。

頭で考えて行動するのではなく、愛情を持って行動していれば、霊界から直感として答えをもらい、それに従って行動すれば、良い結果が生まれるような気がします。



世の中には、子供に対する愛情を持てないと、悩んでいる人がいます。

そんな人は愛情がないのではなくて、何らかの原因があって、表現できなくなってしまっていると思われます。

原因の多くは、トラウマと呼ばれるものですが、それは過去の出来事の記憶ではなく、生じていた想いによって引き起こされると考えられます。

過去に生じていた想いが障害となって、素直な愛情表現が出来なくなっていると考えられます。

最も信頼するべき存在、愛情を注いでもらえる存在から、ひどい仕打ちをされて、表現できないような強い想いが生じていたと思います。

安心や満足が生まれるところが、恐怖や不安や不満が生まれてしまったと考えらます。

時を経て、自分が親になった時に、記憶として残っていない過去の恐怖や不安が呼び覚まされ、心が縛られて、身動きできなくなってしまっている可能性があります。

あなたが悪いのではなく、物心も付いてない時に受けた行為により、愛情表現が出来なくなっているだけです。

従って、自分を責めたり、愛情がないと嘆く必要は全くありません。



心の奥でうごめいている何者かは、表現が出来なかった想いです。

生きづらくしている、自分の想いを表現しにくくさせている、内にある過去の想いを解放させてやりましょう。

簡単に、誰でも出来るやり方を試してみましょう。

幼かった時のあなたを心の中に思い描いて下さい。

当時の写真があれば、もっと良いです。

その時の自分を、やさしく、包み込むような気持ちで、「もう大丈夫だよ」と、微笑みながら声をかけ、目を閉じて心の中で抱きしめてやりましょう。

その時、注いでもらえなかった愛情を、今のあなたが代わって注いでやりましょう。

少しずつで良いですから、毎日続けてみましょう。



この宇宙を創ったのは神です。

神は無限の愛であり、愛に勝る力は、この宇宙に存在しません。

恐怖、不安、怒り、他のあらゆる想いは、愛の力により解放させることができます。

屈折してしまっている愛の表現は、想いが取り除かれることにより、本来の表現を取り戻します。



ところで、人は何故、愛を表現しなければいけないのでしょうか?

愛を表現することで、自分(魂)が成長するという自然法則があるからです。

そして、魂は成長して、神に近づくように、定められているからです。

愛を表現するように、自然法則により導かれているのですが、何らかの原因で表現できなくなってしまうと、成長が出来なくなってしまいます。

そして、成長が出来なくなると、自然法則の働きにより、苦痛が生じるようになっています。

人は、生まれる前に決めていた試練として(霊的な)病気になることがありますが、それ以外は、今生で生じていた原因で病気になると考えられます。

今生で生じた原因の多くは、肉体で表現できなかった、内に溜まっている想いと考えられます。

病気に伴う苦痛は、魂を目覚めさせ、内に溜まっている想いに気付かせると言う意味があります。

そして、苦痛によって魂は成長し、成長した魂から生まれる愛によって、内に溜まっている想いは解放されます。

原因があって病気になりますが、その原因を取り除いて行くのも病気です。

多くの病気は、自分の成長を妨げている想い(原因)に気付き、それを排除するためにある、神の摂理の1つと考えられます。



与えられた試練以外の苦痛は、愛に反する行為により作り出されたものです。

愛に反する行為を受けたことにより、恐怖や不安が生じていて、愛が表現できにくくなっていて、成長が妨げられています。

自分は悪くないのですから、苦痛から解放されて、自分(魂)から生じている愛を、自然に表現できるようになれるはずです。



子供を育てるのは、成長するために与えられた試練であり、悦びです。

自己を犠牲にすることで魂は成長し、愛情を表現することで悦びとなります。

もし、子育てが悦びにならないとしたら、親としての義務感が優先されて、愛情が表現されていないのかもしれません。

頭で考えるのではなく、湧き上がってくる直観に従えば良いのかもしれません。

神の摂理によって子供を授かったのであれば、神の摂理に守られて子供は育つはずです。

そこに愛情があれば十分なはずです。



しろ











0 件のコメント: