2017年11月12日日曜日

愛は魂を引きつけ合う力



月が地球の周りを回っているのは、両者の間に万有引力が働いているからです。

もし、引力がなくなれば、月は周回軌道を外れて、宇宙のかなたへと飛んで行ってしまうでしょう。

目に見えない力が、地球と月の間に働いているのを、疑う人は誰もいません。



この世で人を引き付ける力を持っているのは何でしょうか。

ある人にとっては、それはお金かもしれません。

あるいは、名声や権力であったりします。

美貌も、そうかもしれません。

それらに引き付けられて集まって来た人は、対象を失ったとたんに離れて行ってしまいます。



人と人を引き付け合うものは、それだけではありません。

それは愛です。

愛は、人と人を引き付け合う引力のようなものと考えられます。

磁石のS極とN極が見えない力によって引き付けられるように、魂と魂は目に見えない愛によって引き付けられます。



なぜ、愛によって人は引き付け合うのでしょうか?

愛は1つになろうとする、神の力と考えられるからです。

もともと1つであったものが別れて、愛によってまた1つになって行く、それが神の意志と思います。



ところで別れって何でしょう?

もしも、親しくしていた人が何かの事情で遠くに引っ越してしまえば、それは別れであり、寂しいものです。

しかし、今は携帯電話があるので、声を聞きたければ、直ぐに聞くことが出来ます。

交通手段が発達しているので、また会おうと思えば、いつでも会うことが出来ます。



そばにいれば、別れはないのでしょうか?

目の前にいたとしても、別れていることはあります。

人と人の間に親愛の想いがなければ、鉄と鉄を近くに置いても引き合わないように、魂を引き付け合う力は働いていません。

いくらそばにいても、霊的には無関係です。



死は別れを意味するのでしょうか?

死んで姿は見えなくなっても、別れていません。

確かに死んでしまえば、見ることも、話すことも、触れることも出来なくなります。

携帯電話やメールをしてもつながらず、世界中どこを探しても、その姿は見つけられません。

けれども、愛がある限り別れはありません。

人の本質は、目に見える肉体ではなく魂です。

死んで見えなくなっても、魂は変わりなく存在しています。

この世とあの世の魂から放たれる愛という霊的な力により、両者は生前と全く変わらずに結ばれています。

あの世の人は、そのことが良く判っています。

残念ながら、この世の人には実感がありません。

実感がないので、魂なんて存在しないと思うのであれば、自分から別れを告げていることになります。



愛は、お互いを引き付ける力だけなのでしょうか?

それ以外にも、魂を良い方向に変えて行く力を持っています。

イソップ物語の「北風と太陽」の日差しのようなもが愛であり、他のどんな力によっても変わらない人(魂)が、愛によって変容します。

愛を受けて、自らにも愛が湧き上がり、それを外に向かって表現したくなります。

愛は愛を表現する衝動を起こさせる力であり、表現することによって魂は成長し、変容して行きます。



あの世の魂から愛が放たれ、それがこの世の魂に伝わり、魂のありさまを変えて行きます。

伝わってくる愛により、悲しみは癒され、生きる力が生まれ、心に光が灯ります。

一瞬にして、心境を変化させる力を秘めていますが、五感を超えたものなので、この世の人は無意識の内に伝えられていることに気付けません。

しかし、あの世の人は返してもらおうと思ってはいないので、それで良いのかもしれません。



肉体はなくなっても魂は存在し、愛で結ばれている限り、別れはありません。

変わりなく結ばれていることを信じられる人は、あの世から愛を受け取ることが出来ます。

受け取った愛の力により、心があたたかくなり、安らぎを覚えます。



今生の(肉体上の)別れは、時に途轍もない苦痛を伴います。

その苦痛は、本当の自分(魂)を目覚めさせると言う神の計画の一部と考えられます。

この世に生まれて来た目的はたった1つであり、自分(魂)を成長させるためです。

困難や障害を乗り越えて行くこと、愛を表現することで、魂は成長して行きます。

神から見れば、直接的な愛の表現も、求めることも、祈ることも、信じることも、失った悲しみの涙も、同じ愛の表現なのかもしれません。

同じ成長をするのなら、悲しみの中でなく、喜びの中で成長するのでも良かったのではと思う時があります。

しかし、深い悲しみの経験から学んでいるのは、言葉にならないほど大切なものであり、実体験しなければ判らないのかもしれません。

この世で、大きな成長を望む人にとって、どうしても必要だったのかもしれません。



同じ次元に生きて、同じ経験をしても、同じ想いを共有しているとは限りません。

違う次元にいても、この世の人と同じ想いを共有することが出来ます。

この世では人の想いは見えませんが、思念の世界であるあの世は、この世の人の想いが視えます。

この世にいる人が遭遇する出来事から生じている想いを知り、同じ想いを共有しようとします。

うれしいことがあったら、我が事のように喜びます。

つらいことがあれば、同じようなつらさを感じます。

それでも乗り越えて行かなければいけないのを知っているので、励まし、力付けようとするでしょう。



別れにより、この世の人とあの世の人は、どれほど愛し、愛されていたのかを知ります。

別れほど、愛を喚起させるものはありません。

別れを通して愛の本質を学び、この世界で愛より大切なものはないことを、深く魂に刻んで行きます。



止むことない悲しみ、寂しさは、愛し続けていればこそです。

悲しむことも、愛することも、その人を想うことに変わりはありません。

この世で共に暮らし、愛し続けるのには限界がありますが、次元を異にして生きることで、純粋に想い続け、愛し続けることが出来るのかもしれません。



求める気持ちは愛です。

求め続けている限り、愛し続けています。

この世が終わる時まで求め続けたならば、一生愛し続けたことになります。

そこまで求め続け、愛し続けることは、別れなしには出来ないのかもしれません。



その想いはあの世の魂に届いています。

受け取った想いに応えるために、道を間違えないように、この世の魂が成長できるよう、想いを返して導き続けます。



次元を異にして生きてきた魂は、同じ次元で再会する時が訪れます。

次の次元に移行した魂は、流した涙により、魂は浄化され、成長していることに気付きます。

待っている魂は、お互いの愛により同じ輝きを放つようになった魂を見つけて、そっと抱きしめるでしょう。

愛し続けられたことを誇りに思い、お互いの魂を引き付け合う力が強くなっていることに驚くでしょう。








98 件のコメント:

ラッパ吹き さんのコメント...

イクミさん、
そして、ちぃさん、NOBさん、53号さん、
また他にも死別の悲しみを知り抜いて苦しんでいる方々

私も、男ながらそれを思い知りました。恥ずかしながら、イクミさんとほぼ同年の男の私がどれほど涙をながしたことか。男でも涙が涸れるのだと初めて知りました。

イクミさんが書いていらっしゃるとおり、愛の強さ(巷の「愛」コマーシャリズムのやすっぽい愛や、肉欲の愛ではなく、真実の愛です。)この世の自我意識などなぎ倒す強大な力を思い知りました。

私が彼女の死を知ったのは、その9年半後でした。長くなるので書くのはご容赦ください。彼女も私もそれぞれ別の伴侶と家庭を得ていました。(不倫ではありません。彼女は中学の同級生です。)

シルバーバーチ霊は述べています。この世の家族関係にはほとんど意味は無い。魂の親和性だけが唯一の繋がりである、と。ナザレのイエスが言われたことと同じです。「本当の母とは、本当の父とは誰なのでしょう。」マリアは、神ではありません。
魂の親和性だけが真実。
その、強烈に強いつながり、真実の繋がりで結びついた魂がたしかに、ある。

私も未だ学び続けている未熟者ですが、その力はとてつもない強さです。シルバーバーチ霊はおっしゃっています。「この宇宙最大の力、それが愛です。」
原爆の核爆発よりも、太陽の核融合よりも強い、とシルバーバーチは言ったんです。この力を凌駕するものは、宇宙には存在しない。なぜなら、愛は神そのものだからです。

それは、真実です。

イクミ さんのコメント...

ラッパ吹き様

早速読んでいただき、ありがとうございます。
別れの悲しみを経験している人を前にして、経験のない私が書くのはどうかと思いました。
私の考えではなく、霊界からの伝言と思って下さい。
別れとは死とは全く関係なく、両者の間に愛がなくなった時に訪れるものであることを伝えたかったのです。
私たちは、この世に何回も生まれて、学びながら成長して行きますが、最も大切な愛について深く学ぶために、必ずどこかで魂が引き裂かれるような別れを経験するのではないかと考えています。
過去生ですでに経験した人もいるでしょうし、来生で待っている人もいるでしょう。

慈悲という言葉がありますが、悲しむことと慈しむことは表裏一体であり、悲しみを知らなければ、慈しむ(愛する)ことが出来ないのではないかと思います。
慈悲深くなるため、言い方を変えるとより高く強い愛を表現するために、避けることの出来ない経験だと思っています。

私もシルバーバーチが言う「宇宙最大の力は愛」に深い共感を覚えています。
そのことが実感されないのは、物質に囲まれて、真実が見えなくなっている、この世だけだと思います。

匿名 さんのコメント...

イクミ様 おはようございます。
愛する夫と親友を相次いで亡くしたよしみです。
今回のブログを読んで、改めて愛する人と繋がっているのだと確信出来ました。
心がじんわりと温かいです。

今回イクミ様に聞いてもらいたいことがあり、投稿させてもらいました。
夫が亡くなってから11日で、9ヶ月が経ちました。
亡くなってから時々あったのですが、今朝はメモを取るのが大変なぐらい夫からの言葉が次から次へと浮かんできます。
テレパシーのような感じです。
最初は思い過ごしかなぁ?と思っていたのですが、私が悔やんでいることに対しての答えがバッチリと返ってくるのです。

霊的心理を必死で勉強している私が愛しくてたまらないそうです。
損得感情のない純粋な愛が一番の供養になるらしく、それが嬉しいそうです。

そしてイクミ様が書かれていた
「魂なんて存在しないと思うのであれば、自分から別れを告げていることになります。」
この文章だけが光って見えました。

これは夫と交信出来ていると考えても良いですよね?
気のせいではないですよね?

一年前の今頃は本当に地獄で、思い出すのも辛くて辛くて気持ちが落ち込んでいました。
でも今日、夫とお話が出来て嬉しくて興奮しています。
久しぶりに平和な気持ちになれました。

イクミ様にはいつもお世話になり感謝しています。
お時間のある時で結構ですので、イクミ様の考えを聞かせて欲しいです。
よろしくお願い致します。

イクミ さんのコメント...

よしみ様

こんばんは。
仕事で返信が遅くなり申し訳ありません。
ご主人が亡くなられて9ヶ月経つのですね。
とても長い9ヶ月であったとお察しします。

ご主人からと思われる言葉が、次から次へと伝わって来るのですね。
その言葉が、あなたのが悔やんでいることに対しての明確な答えであれば、ご主人からのものと考えて良いのではないでしょうか。
想いは、次元を超え伝わります。
愛する人と繋がっているとあなたが確信出来たので、彼とを結ぶパイプが開通したと思います。
おめでとうございますと言わせて下さい。

霊的真理を必死に学んでいる姿が、愛おしくてたまらないと伝えてきたそうですね。
私は真摯に霊的真理を学ぼうとしている人に、このような交信が許されると考えています。
遊び半分は、面白半分は危険であり、許されないのです。
ご主人は、この日が来るのを心待ちにしていたと思います。
「魂なんて存在しないと思うのであれば、自分から別れを告げていることになります」と言う文章が光って見えたのですね。
ご主人があなたに、そのことを強調したかったからではないでしょうか。
魂の存在を少しでも疑ってしまえば、つながることができないからです。
信じてもらうことが、ご主人にとって命綱なのです。

損得感情のない純粋な愛が一番の供養になり、それが嬉しいと伝えて来たのですね。
利己性のない愛は尊いものであり、受け取った人の悦びとなります。
あなたの想いは、全てご主人に伝わっていますので、とてもうれしかったのでしょう。

ご主人からのメッセージは、もちろん以前の肉声ではありません。
心の中に聞こえる無音の言葉、あるいは心にひらめくイメージとなります。
その様な形で、この世にいる人に想いを伝えていますが、悲しんでいたり、思い悩んでいたりすると、そのオーラが障壁となり上手く行かなくなることを覚えておいて下さい。
また、みだりに頼ったりしてもいけないと思います。

ご主人と共に、つながった喜びを分かち合いましょう。
神にも、守護霊にも、深く感謝して下さい。
本当に良かったです。

匿名 さんのコメント...

イクミ様 こんばんは。
よしみです。
返信ありがとうございました。
夫と繋がることが出来て、本当に嬉しいです。
私以外にも、娘や義母にもメッセージがありました。
そのメッセージを娘に読ませると、目を潤ませながら喜んでいました。
「間違いなくパパからのメッセージだ!!」と言っていました。
今抱えている悩みに対してのアドバイスもあり、娘は「全部見られているみたいで怖い!!」と笑っていました。

今回夫に、このようなやり取りを全部娘に話して欲しいと言われました。
目に見えない世界を信じる純粋な子になって欲しいからだそうです。
この世は、亡くなった人と交信出来たりすることを疑う人があまりにも多く、それが悲しいみたいです。

霊的心理の話もどんどんしてあげて欲しいとも言われました。

あの世にいると信じる気持ち、愛する気持ちが本当にありがたく、救われるそうです。
そんな感じのことを言っていました。

そして今回の疑問をぶつけてみました。
なぜ急に交信できるようになったのかと…

その答えは、霊界からお許しが出たみたいだからです。
夫は奉仕活動か何かを一生懸命頑張って徳をつんだらしく、思ったより早く交信のお許しが出たと言っていました。

夫との交信はイクミ様の仰るように
心の中に聞こえる無音の言葉、あるいは心にひらめくイメージ。
まさしくその通りなんです。
だから自分の思い過ごしかなって不安になります。
でも夫から「俺のことを考えて出てきた言葉は、全部俺からのメッセージやと思って欲しい。」と言われたので、自信を持って信じることに決めました。

交信は五時間ぐらい続きました。
楽しくて幸せな時間でした。
神様や守護霊様に感謝感謝です。

イクミ様、今回もあたたかいお言葉ありがとうございました。
今夜は夫とのやり取りのメッセージを読み返しながら、ぐっすり眠りたいと思います。
おやすみなさい。
また投稿させてもらいます。

弥生 さんのコメント...

おはようございます。

昨日の夜のコメントが上手く送信されず再送致します。

母が亡くなって早いもので一年3ヶ月たちました。

まだまだ母恋しさに涙が溢れてくる日もありますが、何とか日々頑張って過ごしております。

最近、生まれ変わりの事を一人で考えては不安に駆られイクミさんに教えて頂きたくコメント致しました、

私が寿命を全うした時に母が既にこの世に生まれ変わって逢えない事もあるのでしょうか?

もし再会出来たとしてもどちらかがまた生まれ変わる場合、またあの世での別れが待っているのでしょうか?

お答えを宜しくお願い致します。

イクミ さんのコメント...

よしみ様

おはようございます。
あなたの文面から、つながったうれしさや興奮のようなものが伝わって来ます。
メッセージは娘さんやお義母さんにもあったのですね。
あなたと同じ様に嘆き悲しんでいる人を見守っていて、この時が来るのを待っていたと思います。
娘さんも、まさかお母さんから聞けるなんて思わずびっくりして、とってもうれしかったでしょう。
伝えて来たことは、伝える義務がありますので、お義母さんにもお伝えして下さい。

あの世にいると信じる気持ち、愛する気持ちが本当にありがたく、救われると伝えて来たのですね。
やはり大切なことなのですね。
あの世にいるご主人にそう言ってもらえたので、私も心強く思います。
伝えてきたことを、最愛の人を亡くされ人たち全員に知ってもらいたいです。

なぜ急に交信できるようになったのかと、疑問をぶつけてみたそうですが、ご主人は奉仕活動を一生懸命頑張って徳をつんで、思ったより早く交信のお許しが出たそうですね。
とても興味深い話であり、何事も偶然はなく、霊的な法則に則って執り行われていると感じています。
改めて、ご主人に感謝ですね。

ご主人の死があり、霊的真理と出会い、交信が許される。
ご主人と交信するのに、私が間に入る必要があったのですね。
私がメッセージを伝える必要がないと感じたのは、あなたが出来る人だったからなのですね。納得しました。

あなたは霊的真理を今、学ばれているところですが、これから縁のある人に、悲しみに沈む人に真実(霊的真理)を伝えられるようになって下さい。
それが、彼と早く別れた1つの意味であると思いますし、霊的真理の話をどんどんしてあげて欲しいと望んでいる彼が、最も喜ぶことであると思います。
あなたの霊的な成長にもつながります。

5時間も続いたのですか。
伝えたいことが、たくさんあったので、彼もよほどうれしかったのでしょう。
楽しくて、幸せな時間を過ごせて何よりです。

神と守護霊に、深く感謝して下さい。

イクミ さんのコメント...

弥生様

こんにちは。
亡くなって1年3ヶ月ですか、晩秋の寒さも手伝って、恋しくなってしまいますね。
それでも、お母様はあなたの傍で、力になってくれていることを、片時も忘れないで下さい。

ご質問の件ですが、私が理解している範囲でお答えします。
まず、あなたが寿命を全うした時に、お母様が既にこの世に生まれ変わっていて、逢えない事もあるのかということですが、そのようなことがあったと言う話は1度も見聞していません。
あの世の人は、必要であればこの世にまた生まれますが、そのサイクルはこの世の人が考えているよりも長いと考えられます。
また、機械的な輪廻転生ではなく、目的を持って生まれて来ます。
お母様ですが、あの世で奉仕などしながら、この世の人を見守っていると思います。
それが、与えられた役割だと思いますので、あなたが向こうに行った時にいないことを心配する必要はありません。

再会出来たとしても、どちらかがまた生まれ変わる場合、またあの世での別れが待っているのか?というご質問ですが、それはあり得ます。
ただ、今生の別れのような悲しさはないと思います。
なぜなら、この世に生まれるために別れるのは、一時的なものであって、魂の成長のために必要であることが判っているからです。
お互いに承知の上だからです。
勉強のために上京する親しい人を見送るような心境に近いのかもしれません。

心配されないで、自分なりに精一杯生きていれば良いと思います。

弥生 さんのコメント...

早速のお返事本当にありがとうございました。

とても安心致しました。


母が亡くなるまで死後の事は考えた事もなかったのに、亡くなってから必要以上に考えてしまう私がいます。

疑問を持つとどうしても知りたくなってしまいます。

母が「私の事より自分や家族の事を大事にしなさい」と言ってる顔が浮かんできます。

先日実家の庭に母が植えた赤と白の綺麗な彼岸花の写真を弟が送ってくれました。

花言葉を調べると「また会える日を楽しみに」でした。

まるで母からの言葉のようで涙がみるみる溢れてきました。

きっと何年たっても寂しさは無くならないでしゃうが、また会える日を楽しみに元気に頑張ります。

いつもイクミさんから安心を頂き感謝の気持ちで一杯です。

本当にありがとうございました。

匿名 さんのコメント...

イクミ様 こんにちは。
よしみです。
返信ありがとうございました。

「素直な心が大事」
夫が言っていた言葉です。

こんなに早く交信ができるようになったのは、夫の頑張りがあったからこそなのですが、私にも多少なりとも資格があったみたいです。
見えない世界を信じる気持ちがとても純粋で、きれいだったと言っていました。
これは私だけでなく、皆様にも当てはまることだと思います。
小さなサインに気が付けるかどうかの違いかなぁと思いました。

私は何か気になることがあると、夫からのメッセージだと思って生活しています。
なぜか分からないけれど、気になることは全部調べたり、試したりしていました。

最近やけに気になっていたのが「STAND BY ME ドラえもん」の映画です。
アニメなんて小学生以来観たことなかったのですが、直感に従いレンタルしました。
そして先ほど見終わったのですが、そこには夫からのサプライズプレゼントが隠されていました。

映画の内容はそんなに胸に響かなかったのですが、エンディングの曲が流れた時、夫から「今の俺の気持ち」とのメッセージが届きました。秦 基博さんの「ひまわりの約束 」です。

その曲をじっくり聴いていました。なんとも切なく、愛に溢れた素晴らしい歌詞でした。
もう号泣です。
この曲は、生前、夫が気に入っていたとかじゃないんです。
だからとても意外でびっくりしました。
こんな形で想いを伝えてくれたりするのですね。
素直に直感に従って、レンタルして良かったです。最高のプレゼントとなりました。

夫は、今の私の成長が嬉しく、自慢だと言ってくれました。
その期待を裏切らないように、自分の使命を果たしていきたいと思います。

今日もお話を聞いていただき、ありがとうございます。
また投稿させていただきます。


匿名 さんのコメント...

イクミさん
こんにちは。yoです。
メッセージ頂いていて、返信が遅くなってしまってすいません。
お友達のお父様が亡くなられたり、珍しく体調が悪くなり、このタイミングになりました。
昨日寝る前にこのブログのメッセージ拝見しました。本当に素敵なメッセージ有難うございます。自然に涙がでておりました。
本当にずっと特別なことはないただそばに居てくれてだけ、でも、別れを通じてどれほど支えられていたのか、見守って貰っていたのか、私は決して強い人間ではなく、居てくれたからこそ強くいられた、、本当にこんなタイミングでしか分かりませんでした。
でも、実際居たら言葉に出せなかったと。
今はどんな感謝の気持ちも見えないお陰で言えてます。笑
毎晩、母が寝て、寝る前、必ず今日も見守ってくれたこと、無事に過ごせたことなど、感謝の言葉を伝えてます。
それが日課になってしまいました。
気のせいかもしれませんが、話していて繋がると、足の裏がピクピクと言いますか、表現が難しいのですが、それが繋がっているお互い話をしている合図と勝手に思ってます。

イクミさん、昔祖母のお墓参りの帰りにどうしてもあるぬいぐるみが気になり、それからは家族の一員のように可愛がってます。旅行にも常に一緒。父は苦笑してましたが、なぜか焼きもちをやいたりしていて、弟はなんとなく可愛がってました、来週、遅い夏休みで母を預かって貰い旅行に行くため、インスリンをある程度自分で打てるようにトライした所、最初の日を自分ではやらないと拒否、ダメかな〜と思った翌日、うまくいき、昨日も出来ました。
2日共ですが、無事に打てた時、その可愛がっているぬいぐるみが、笑っている気がして、良かったね〜と言っている気が。
何となくですが、そのぬいぐるみを通じて、亡くなった大切な人が来てくれている気は我が家に来た時から感じられて、、。。
たまに母に父も来ているよ〜、私達が可愛がっている事は知っているからね〜と話をしてみたり。気のせいかもしれませんが。。
今日は母の病院がこれからあり、会社休みを取り、久しぶりにのんびり過ごしております。

イクミさん、本当に素敵なメッセージをいつも有難うございます!

Yo

イクミ さんのコメント...

よしみ様

ご主人には大切なことを伝えてもらったと思います。
素直な心が大事なのですね。
つながるためには、素直に、信じることが必要だと思います。

あなたが言うように、このブログを見ていただいているのは、純粋に見えない世界を信じようとしている人が多いと感じています。
けれども、どこかで少しでも疑ってしまうと、交信は成立しないと考えられ、あの世とこの世の魂の条件が整った瞬間、一気に開通すると考えています。

ご主人は「ひまわりの約束」と言う曲を、あなたに聴いてもらいたかったのですね。
自分の気持ちに1番近い曲を、何らかの手段でこの世の人にプレゼントすることはあると思います。
私もどんな曲なのか、ちょっと聴いてみたいような気がします。

ご主人が言っていたように、あの世の人はこの世の人が成長して行く姿を見ているのが、何よりうれしいと思います。
自慢だと言ってもらえれば、あなたの方がうれしくなりますね。

ご主人も一緒です。
そのまま進んで行けば良いと思います。

イクミ さんのコメント...

Yo様

こんにちは。
ただそばに居てくれてだけ、でも別れを通じてどれほど支えられていたのか、見守って貰っていたのか、決して強い人間ではなく、居てくれたからこそ強くいられた。
その言葉はお二人に届き、よく理解されていることを、とてもうれしく感じているはずです。
毎晩、感謝されていることに、応えてくれていると思います。

話していると、足の裏がピクピクして、それが繋がっている合図と勝手に思っているそうですが、素直に信じるようにしましょう。

家族の一員のように可愛がっているぬいぐるみがあるそうですが、お父様もお弟さんも愛着があったのですね。
みんなが認識している何かを媒体として、想いを伝えることはあると思います。
ぬいぐるみの表情が物理的に変化したのではなく(もしかしたら変化したのかもしれませんが)、伝わってきた想いであなたの心境が変化したためと思います。
ぬいぐるみが笑っている気がした時には、向こうでお二人も笑っていたと思います。
良かったね〜と、本当に喜んでいたのではないでしょうか。
そのぬいぐるみを通して、これからも大切な人の想いを、感じ取るようにして下さい。

匿名 さんのコメント...

イクミさん
きっとイクミさんに出会う事がなければ、ブログを通して教えて頂かなければ、変わらずに居てくれると思えず、どうなっていたんだろう〜と思います。
心から感謝しております。
又、父も弟も同じ気持ちだと思います。
ただイクミさんも書いてくださってましたが、たまに声が聞きたいな〜、姿が見たいな〜お話ししたいな〜と凄く思えます。
まったく心の準備はなかったので。
本当に狐に包まれたようです。
でも、多分私にとってこの方が良かったのだと、そういう事だと思うようにしてます。
もうすぐ一年。
母の糖尿が分かってから、食事も2人が食べたい物があまり出なくなったので、その時ばかりは2人の好きな物を沢山食べさせてあげようと思います。匂いだけは分かるかな?気持ちだけかな?と思いつつですが。。
ぬいぐるみの表情は、私の心境なのかもしれませんね。笑
大切にして行こうと思います。
これから寒い季節になりますね。
風邪などひかれませんように。
Yo

じゅん さんのコメント...

はじめまして
いつもブログを読ませていただいています。
私は今年の3月に21歳の娘を病気で亡くしてしまいました。
悲しくて寂しくて、死後の世界を書いた本、ブログを読みあさり、このブログにたどり着きました。娘が側にいる。分かってはいるのですがもう会えない、声も聞こえない現実に押し潰されそうになります。
これまでに不思議な体験もあり、やっぱり娘はいてくれてる。でもただの偶然?でもきっとあの子はいる。毎日気持ちが上がったり下がったりです。
私は娘に詳しい病状を知らせていませんでした。なのであの子は自分の病状に気づいていたのか、教えた方が良かったのか…それがとても気になっています。知らせなくて申し訳ない気持ちです。
娘は本当に弱音も吐かず毎日頑張ってくれました。本当に強く優しくおおらかな子でした。
楽しかった日々を思い出そうとするのですが、あの子の苦しんだ姿ばかりが浮かんで来ます。楽しかった日々を思い出せる日が来るのでしょうか。娘は今は楽しく幸せに過ごしているのでしょうか?イクミ様なら何かお分かりになるかと思いコメントさせていただきました。
一方的なコメントですいません。
お時間がある時に教えて頂きたいです。

イクミ さんのコメント...

じゅん様

はじめまして、イクミです。
ブログをいつも読んでいただき、ありがとうございます。

今年の3月に娘さんを亡くされたのですね。
まだ21歳と聞き、かける言葉が見つかりません。
強く、優しく、おおらかな、自慢の娘さんだったのですね。
この世界に起きる出来事は、全て法則に支配されていて、偶然は存在しません。
見かけは若くでも、霊的には成熟されていたのかもしれません。
あまりにも早すぎると思うでしょうが、この世での役割をしっかりと果たされて向こうに行ったのです。

娘さんの肉体はありませんが、生きています。
このブログにも書きましたが、愛する人同士は引き付けられるので、当然のことながらご家族と共にいます。
これまでに不思議な体験があったそうですが、生きていて、そばにいることを、どうにかしてみんなに知らせたっかのだと思います。
素直に、信じるようにして下さい。

たとえそばにいたとしても、姿が見えない、声が聞こえない、触れられない悲しさ、寂しさは、筆舌に尽くし難いものと思われます。
今生に生まれて来たのは、魂を成長させるためです。
これ以上ない悲しみ、寂しさを耐え忍び、その中で学び、成長することが、あなたが生まれて来た、大きな目的の1つと考えられます。
こんな悲しい別れなどいらないと思うでしょうが、生まれる前のあなたは了承していたはずです。
娘さんも、あなたの子供として生まれて、21歳で逝くのを決めていたはずです。

いただいたコメントを見た瞬間、涙が出てきました。
娘さんの切実な想いが、私の魂に伝わって来たからだと思います。
午前の仕事が終わったばかりでしたが、その場で書き留めました。
このメッセージは、娘さんのものからと証明するものは、何1つありません。
あなたの魂で、真偽を判断されて下さい。

「ママ、私なら大丈夫だよ
何も心配しなくて良いから
すっかり元気になっているんだよ
ママが思っている私じゃない
そんなに泣かないで
どうしても、どうしても、私が先じゃなくちゃいけなかったの
みんなと違うけど、そのことだけは判って欲しい
これから幸せになるところで死んでしまってと悲しまないで
今、私はとても幸せなのだから
信じて、どうか信じて
私が生きてそばにいることを
これから、どこに行くのも一緒だと思って
私が、ママのそばを離れるはずはないじゃない
良く聞いて、ママと私はいつでもつながっているの
見えなくなったのはそれは寂しくて仕方がないだろうけど、心は一緒なの
泣いている姿は、ママには似合わない
いつでも元気にしていたから、そんなママが好きだから
部屋をそのままにして、もしかしたら私が帰って来ると思っているけどそれはないの
すっと先になるけど、ママが私に会いにくるの
こちらはみんな優しい人ばかりだから、本当に心配しないでね
ママが心配していると、私まで心配しちゃう
どこにも行ってなんかいないから、どうか信じて
ママが信じてくれれば、今度は私がママを守ってやるからね
ありがとう。いつもいつも想っていてくれて
ママの子供に生まれて、本当に良かったよ
お願いだから、いつまでも私のママでいてね
そばにいることを絶対に忘れないでね、約束だよ
大好きなママ。いつも一緒だよ。」

じゅん さんのコメント...

イクミ様
ありがとうございます。
娘からのメッセージです。
もしかしたらひょっこり帰ってくるのでは…と部屋もそのままです。
いつも心の中で今一緒にいてくれてる?と問いかけてます。
本当にそばにいてくれてるんですね。
イクミ様のメッセージに涙が止まりません。
でもイクミ様のメッセージで確信が持てました。あの子はやっぱりいてくれてる。
食べるのが好きだったのに最後の数ヶ月は食べる事も出来なかったので、今もあの子の分を作ってテーブルに並べています。
食べてくれてるのかしら。
姿が見えないだけでいてくれているんですね。
あの子を信じて毎日を過ごしていきます。
本当にありがとうございました。

イクミ さんのコメント...

じゅん様

このメッセージを受け入れてもらい、私もうれしいのですが、娘さんが1番喜んでいます。
少しでも早く私に伝えてもらいたくて、仕方がなかったみたいです。
娘さんにとって、お母さんは生前よりも身近な存在になっているにもかかわらず、あなたはそのことを全く感じられない、そのギャップに戸惑っていたと思います。

娘さんの心はそのままです。何も変わっていません。
いつでも、そばにいてくれるので、安心して下さい。
強く信じていれば、直接娘さんの想いを感じ取れる日がきっと来ると思います。
霊的な知識も、娘さんとのパイプを太くしますので、まだであれば、シルバーバーチの霊訓(もう書店では手に入りませんが)をお読みになって下さい。

じゅん さんのコメント...

ありがとうございます。
皆さんのコメントによくシルバーバーチの霊訓が書いてあったのでネットで読み始めています。娘の想いを直接感じ取れる様に知識を蓄えます。
本当にありがとうございます。

あさよ さんのコメント...

いくみ様 お久しぶりです。
実は父が施設へ入る事になりました。

亡き主人を愛し続けています
姿、声勿論 無いけれど‼ いくみ様からのお言葉で
いつも 側に居てくれると思えます

これから 仕事を始めます
以前なら主人が励ましてくれたけれど 現在は
解ってはいます‼ いつも 側に居て
頑張れて 云ってくれている

でもでも とても不安です

いくみ様
私…

イクミ さんのコメント...

あさよ様

お久しぶりです。
所用で返信が遅れて申し訳ありません。
ご家族の介護、良く頑張られましたね。

ご主人を愛し続けているのですね。
繰り返しになりますが、姿は見えませんが、ご主人はそばにいると思います。
愛する者同士は離れることはありませんので、どうぞ安心して下さい。

これから仕事を始めるので、言葉を超えたもので、ご主人が励ましてくれているのが判っているのですね。
それでも不安なのですね。
新しいことを始める時は、誰でも不安になります。私もそうです。
けれども、乗り越えられないことは自分に起きないという霊的真理があり、それを強く信じて臨むようにしています。
今まで、その真理に裏切られたことはありませんので、あなたも安心して臨んで下さい。
そして、見守ってくれるように、何かあれば導いてもらえるように、ご主人にお願いして下さい。
全力で、応えてくれると思います。
応えてくれているのを、あなたも感じ取れるようになればと思います。

ご主人は、いつも一緒にいます。
たとえ気付かなくても、想い(愛)を送り、力になってくれていると、強く信じて下さい。

匿名 さんのコメント...

お久しぶりです、ナオヤです。

私も見えなくても、愛で結ばれている人たちがたくさんいるということを知って、地上の友達がいなくても、自分らしく生きようと思えるようになりました。 シルバーバーチも言っていますが、自分が見捨てられることは絶対にないと思えることは本当に大きいなと思います。

一昨日、サークルで車での楽器運搬中に、大学内のポールとぶつかる自損事故を起こしてしまいました。 たいした損傷でもないのですが、すごくショックでした。。 今から警察の方と大学の職員の方と現場検証なのですが、冷や冷やしてます。
人生、試練ですね。。  でも、人とかじゃなくて良かったです。

あと、今週の日曜日に、日本スピリチュアルヒーラーグループの公開ヒーリングがあって、私も参加できることになりました。すごく楽しみです。

イクミ さんのコメント...

ナオヤ様

おはようございます。
目に見えない存在と、愛で結ばれて、導かれていることを実感するのは難しいです。
この世の人が成長して行くために、容易に実感できないようになっていると私は考えています。
安易に頼ってはいけないからです。
進んで行く方向は、自分で決めなければいけないからです。
さりげなく、判らないように、最善の方向に導いてくれていると信じています。

事故を起こしてしまったのですね。
ショックだったでしょうが、けが人がいなくて良かったですね。

今度の日曜日に、日本スピリチュアルヒーラーグループの公開ヒーリングに参加されるのですね。
霊的体験のために、導きがあってのことだと思います。
私も興味がありますので、よろしければ感想などを聞かせて下さい。

匿名 さんのコメント...

イクミさん

私も同感です。

特に私は、周りの人に求めすぎてしまうところがあります。

気を付けているんですけど、ついつい求めすぎてしまうんですよね。

失敗して反省しての繰り返しです。

感想、報告しますね。ぜひ聞いてほしいです。

実は、それが行われる場所が偶然私が生まれた病院の近くで、運命のいたずらなのか…何なのか…

匿名 さんのコメント...

イクミさん初めまして。
いつもブログを拝見しています。
なかなか人には理解していただけない話しなのですが、私は数年前にバロック時代ヨーロッパの作曲家に興味を持ちました。
その方の作品を聴いたり、文献を調べたりしていくうちに、不思議と自分の世界と同調するものを感じました。記録上の推定ですが、その方とはおそらく誕生日も同じです。

そんなおり、記憶に残るような鮮明な夢を見ました。
天界の家で、彼とたくさんのご家族(肉親かどうかは不明です)とお会いしたのです。
「あなたが私と私の作品を愛するように、私もあなたを大切にするよ。心配しないで練習に励みなさい。傍にいてあげますから」と仰って、両手をぎゅっと握ってくださいました。
彼の両手の温もりと圧力を忘れることができません。
その夢から醒めた時、私は300年以上前の世界にタイムスリップして、自分だけが戻って来てしまった…あの人たちは天国にいるのだ…と思っただけで、悲しくなって年甲斐もなく泣き出してしまいました。
でもそれ以来、その作曲家が本当に傍にいらっしゃるのを感じるのです。
そして私はといえば、この方の音楽性や行動の記録から恋愛にも似た感情を持つようになりました。
若い頃から音楽を勉強してきましたが、数多の作曲家の作品を歌ったり演奏したり聴いたりしてきた中で、こんな想いを作曲家に対して抱いたことは一度もありませんでしたので、最初はとても困惑していたのですが…

おまけに普通なら叶うはずもない片思いですから、やりきれなくて悲しむと思うのですが、私は不思議とこの作曲家さんと魂が繋がっているような気がします。
愛と喜びが常に交流しているのです。
ひょっとすると、グループソウルのお一人かツインソウルの片方ではないのかとすら思ってしまったほどのご縁を感じるのです。

私には強度弱視という視覚障害があるので、鍵盤楽器で何かを弾こうとすると、楽譜のすべてを暗譜しなくてはなりません。
音符一個しか視野に入らない、望遠鏡のような弱視眼鏡を使って、少しずつ暗譜していくのはかなり辛いことなのですが、彼が傍にいて励まし、少しでも前進するととても喜んでくださるのを感じるのです。

ただ、この方はルター派キリスト教会の熱心な信者でしたから、牧師さんのご意見としては「キリスト教の考えとしては、亡くなった方の魂は御国が来るまで眠っている、あるいは神のもとに召されて浄められているので、地上にいる特定の人と愛し合ったりすることはありません。もしあなたが、彼と自分が夫婦のように相思相愛だなどと考えているのであれば、キリストへの信仰に命をかけて作曲されてきたこの方を汚すことになるでしょう」と仰ったのがとてもこたえました。

おそらく、愛といっても地上の我々が抱く愛は所詮エロスの愛、つまり利己愛であり、召された方々が放つ愛はアガペの愛とまではいかないにしても純粋な利他愛であり、そこに愛についての認識の祖語があるのでは?という方もいらっしゃいました。

私はこのまま、この方と愛し合っている、天界に行けば魂が統合される日が来るかもしれない、という望みを持ち続けてよいのかどうか、悩んでいます。

さゆり さんのコメント...

イクミ様
こんばんは さゆりです

いつも 暖かくて 励まされるお返事を
ありがとうございます

前回 成長した君へのページで
姿見の鏡の前のこと イクミ様より

彼は 亡くなってから 色々なかたちで
試していること 彼の 抱きしめずにはいられなかったおもい
抱きしめているのは 彼で
いつも 彼に抱きしめられていること
いつも 彼は心の真ん中にいて
二人で 生きていると 思ってくださいと
イクミ様より 教えていただき
うれしく 暖かい気持ちになりました
ありがとうございます
彼にも いつもありがとうと 伝えました

そして 前回のお返事と合わせて こちらのブログも
拝見させていただき 何度も 何度も 本当に繰り返し色々なことを考えそして 想いを巡らせながら 読ませて頂きました

たくさん たくさん 愛ある道と 別れ そして 慈しむ心
に 想い巡らせました

今までに 色々なかたちの別れがあったなと
別れても 別れていなくても 同じ次元にいても
想いを共有していなかったり
もしかしたら 傍にいても そこに想いも何も
生まれないかもしれない

結婚する前に付き合っていた 人とは
先輩だったので 今でも知人の集まり等で合うし
話すけれど 別れを決めた時点で 思い出はあるけれど なにも 想いを共有するものはないし

別れた主人とは 子供がいるので 電話メールはしているし 子供を思う気持ち 一緒に過ごしてきた 思い出など 感謝の気持ちと 悲しみも少しあるけれど
どこかに ズレというか すれ違っている部分をいつも 感じながら 一生 付き合っていくのだろうなと
思います

考えてみると 突然の彼との別れは 衝撃的で
決められていた ことだけれど
亡くなって こんなにも 悲しくて辛くて
でも 愛されていて愛していて 私自身も こんなに 様々な 想いを持っていたことに 驚きました

イクミ様から教えていただき
彼は 亡くなってから 本当にたくさん
色々試しながら メッセージを送ってくれて
イクミ様に手伝っていただきながら
それを信じることで たくさんの愛を彼から受けとり 安心して 心おだやかに 乗り越えてこれたんだなと 思います

こちらのブログを読ませて頂き
なぜか 毎日彼のことを 想い涙がでました
自閉症の長男が大変なじき 卒業入学でなかなか
一緒に出掛けられなかったなと 思い出すと
彼の おれ全然気にしてないょ という想いと笑顔
一緒でしょ 今も という想いが伝わってきて また涙がでました

そして 私の同僚は 以前彼と仕事をしていたので 私達が付き合っていることは 知らないのですが 彼のことをよく知っています 亡くなったことを知らされて 家庭が複雑で 帰るとこないからって言ってたなぁ と話していました
別れた奥さん 娘さん ご実家と色々あるみたいで
私には 一切話していなかったことなので
びっくりしましたが つらい気持ちもあったのかなと 急におもい
そう言えば 私も あまり 離婚のことや 前の主人のことは 話さなかったなと
思っていると「 今度あったら 今度ははなそうね 辛かったこと 」 「そうだね」と 想いを伝えあっていたようにおもい
はっと我にかえり うんとうなずき 泣きました

そしてこちらのブログを読み
なぜか 急に 小さい頃よく唄っていた
讃美歌を久しぶりにおもいだし
You Tubeで何度も聴きました

312番はいつくしみ深き
What a friend we have in Jesus

大好きな讃美歌で結婚式にも 選んでうたいました
いま大きな悲しみを知ってから 聴くと 安らかになり イクミ様の慈しむという お話しを考えながら
以前とはまったく違う想いで聴きました

そしてもうひとつ 幼稚園から 唄っていた
497番 かみともにいまして
God be with you till we meet again
曲を作った 牧師さんが good byeの 語源の
God be with youから インスピレーションをうけて 作ったと読みました
いつも 夏のキャンプの最後に歌い涙がでましたが

今回は 彼と肉体の別れがあっても 神様がすべてご存知で 見ていてくれて また彼のいる世界にいくまで大丈夫だょと 言っているようにきこえ
涙がでました

イクミ様のこちらのブログそして 前回の成長した君へのページからのお返事から 本当に様々なことを考え 久しぶりに讃美歌に出合いました

バタバタした生活のなか 不思議と心安らぐ時間を
もつことができました
イクミ様のおかげです ありがとうございます

いつも いつも まとまりのない文章で
申し訳ありません
なかなかうまく表現できず長くなってしまいました

また 色々教えてください

おやすみなさい

イクミ さんのコメント...

さゆり様

こんにちは。
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

自分に起こる出来事で、意味のないものはありません。
1つ1つの出来事がつながっていて、今の自分が存在しています。
これまで、いくつかの出会いと、別れがあったのですね。
その出会いや別れの上に、彼との出会いがあり、今のお二人の関係が築かれています。

魂には親和性があるようです。
親和性の低い人には、自分の気持ちを伝える時には、多くの言葉を必要としますが、高い人とは、多くを語らずとも、想いが分かり合えると考えられます。
親和性の高い魂との出会いは無上の悦びであり、地上での生活は幸福感に満ち溢れたものになりますが、その分、別れの時の喪失感はとても大きくなってしまいます。
お二人は次元を超えて魂と魂で、想いを交し合うことが出来ていますので、親和性が高い魂同士だと思います。
これからと言う時に、つらい別れをしなければいけませんでしたが、その親和性の高さで、想いを交し合いながら、これからも絆を深めて行くことが出来ると思います。
それが出来る魂同士だからこそ、出会い、早く逝ったと考えられます。

彼はあなたと共にいて、あなたを通して自分の想いを表現することも可能な様です。
これからも、また別の形で、想いを伝えてくれると思います。
あなたに求められるのは、彼の想いを素直に信じることであり、その想いに応えて、これからも導いてもらえるでしょう。

彼はあなたのオーラが視えるので、これまでのこと、今の想いが判っています。
ご家族の状況は、そばにいて誰よりも良く知っていますので、全てを納得していると思います。
彼もあなたに伝えたいことが、たくさんあるような気がします。
起きたら忘れてしまうかもしれませんが、夢で会った時に伝えてもらえるのではないでしょうか。

ブログを読んだら、讃美歌が聴きたくなったのですか。
最初の賛美歌は、♪慈しみ深き、友なるイエスは~ で始まる曲ですね。
教会で聴くと、厳かな気持ちになります。
もう1つの曲は、good byeの語源になる曲なのですね。
家に帰って聴いてみます。
神は愛なりと、イエス・キリストは言っていますが、その通りだと思います。
神を信じ、神の摂理を守っていれば、その先に悦びが待っていると思います。

慌しい生活が続くでしょうが、その中にあっても、神、守護霊、そして彼、何重もの愛によって、あなたは守られて生きていることを忘れないで下さい。

ジョイア さんのコメント...

イクミさま、初めまして。
検索してたどり着き、いつもブログを拝見しています。
昨日の夜、パソコンで初めてのコメントをお送りしたのですが、もしかしたら届いていなかったのかな? と心配しています。お読みになっていらっしゃらなければ再度書かせていただければと思うのですが、いかがでしょうか?

りな さんのコメント...

イクミさま
はじめまして。シルバーバーチの霊訓に心惹かれ、こちらのサイトを最近からですが拝見させていただいています。
実は今日、愛犬が亡くなりました。15歳でしたが最近まで食欲もあり、認知症?の夜泣きで病院に連れて行って血液検査をしてもらったところとても良好ですとのことで安心していました。が、一昨日から食欲がなくなり、水も飲まなくなり、亡くなってしまいました。
シルバーバーチの霊訓や、イクミさんの記事を読ませていただき、私があの世に行くときは迎えに来てくれると信じているのですが、やはりショックです。また、今日は自宅新築の棟上げの日で、姑さんがお祝いをもって行くと言われたのですが、ショックで、私は顔を出すことができないとのことを主人を通じて伝えたところ、心ない返事だったようで…姑との関係は良いものではなかったので、更にこの世の苦しみ、別れの苦しみを感じてしまいます。
でも、こういう辛く感じること、乗り越えることが大事なんですよね。愛犬はきっと迎えに来てくれますよね? イクミさんに、大丈夫と背中を押していただけたらと思い、長々と書かせていただきました。突然申し訳ありません。お返事いただけると幸いです。

イクミ さんのコメント...

匿名様

初めまして、イクミです。
ブログを読んでいただき、ありがとうございます。

あなたのこれまでのお話、興味深く読ませていただきました。
結論から言えば、あなたが感じている通り、その作曲家と夢(霊界)で会い、魂はつながっていると思います。
作曲家の名前はお伺いしていませんが、バロック音楽で、ルター派=ドイツであれば、私が思い浮かぶのは1人しかいません。
誰なのか判りませんが、その作曲家にあなたが選ばれたのであれば、極めて光栄なことだと思います。

音楽を含め、芸術的インスピレーションの源泉は霊界です。
霊界にいる、おそらく前世で芸術家だった人が、同調が可能な地上の人を見つけて、インスピレーションを吹込み、自分の想い(アイデア)を地上の人に表現させていると考えられます。
地上の演奏家の才能はもちろんありますが、霊界の音楽家たちの魂と同調が成立した時には、この世のものとは思えない、すばらしい演奏が生まれると考えています。

このブログにも書きましたが、魂と魂を引き付けるものは親愛の想いです。
地上と霊界であっても、親愛の想いがあればつながれます。
しかし、霊界にいる魂が作曲家であれば、私のような音楽の素養のない人間がどんなに親愛の想いを伝えたとしても、曲に込めた想いを自分に代わって表現もしてもらえないので、つながれないと考えられます。
あなたは作品を愛し、そこに込められた想いを深く理解し、表現できる人だったので、目に留まったのではないでしょうか。
音楽は好きですが素人であり詳しくはありませんが、バロック音楽は宗教と密接に関係し、神の威光を表現しようとしているように感じます。
もし、そうであれば、日本人よりもヨーロッパの演奏家の方が、同じ想いを共有しやすいようにも思えますが、ドグマがすっかり染み込んでしまったキリスト教圏の人たちよりも、宗教においては白紙の状態である日本人の方あなたの方が良かったのかもしれません。
今生にいる時、作曲者の抱いていた神の概念は極めて崇高なものであり、けたはずれの豊かな文化的遺産を後世に遺し、この世から届く悦びや賞賛により、霊界で大きなな悦びを味わっていると思いますが、あまりにも真理と乖離してしまっている宗教の姿を目の当たりにして、大いに失望しているかもしれません。

あなたに視覚障害があり、暗譜するのはとても大変だとお察しします。
その努力をしている姿をそばで見ていて、励ましてくれているのですね。
そして、彼は熱心なキリスト教徒であり、牧師さんから、「亡くなった方の魂は御国が来るまで眠っている、あるいは神のもとに召されて浄められているので、地上にいる特定の人と愛し合ったりすることはありません。もしあなたが、彼と自分が夫婦のように相思相愛だなどと考えているのであれば、キリストへの信仰に命をかけて作曲されてきたこの方を汚すことになるでしょう」と言われて、堪えたのですね。
キリスト教では、霊との交流はいけないとされているので、牧師さんにとってあなたの言動は、とんでもないと映ったのでしょう。
牧師さんはそう信じているのでしょうが、真実とはかけ離れています。
亡くなった人は、死後直ちに「復活」し、新たな生活を始めます。
神の元に召されて、浄められるのではなく、罪を償ったり、愛を表現することで、魂は浄められて行きます。
確信を持って言えますが、こちらの想いは霊界の人に届いていて、霊界の人から地上の人にも想いは伝られています。
肉体のない霊界の魂と、地上の人はつながることができます。
お互いの間に親愛の想いがあれば、つながることができます。
イエスも霊界とつながって、啓示を受けました。
作曲者である彼も霊界とつながって、インスピレーションを受けて作品を創りました。
それなのに、あなたが愛でつながることが、どうして神や彼を汚すことになるのでしょうか。

地上の人が抱く愛は利己愛であり、召された人が放つ愛は純粋な利他愛であり、愛についての認識の齟齬があるのでは?と言う人がいたのですね。
地上の人でも、惜しみない利他愛を表現している人もいます。
死んですぐに魂が浄化されて、光り輝く存在となるはずはなく、魂はそのままです。
地上で利己的であった魂は、霊界に行っても利己的なままです。

愛と喜びが交流しているのを感じるのですね。
地上時代も、神を深く理解する、きわめて霊性の高い魂であったでしょうが、亡くなって200年以上経った今は、さらに向上進化していると考えられます。
親しい魂でなければ、芸術的な想いは共有できないと考えられますが、どのような関係なのかを今生で知るのは困難であり、同じ世界に行って初めてはっきりと判ります。

夢のような、すばらしい関係だと思いました。
もっと多くの想いを共有できるように、人生の困難を乗り越え、より高い愛を表現して、霊性を高めて行って下さい。

イクミ さんのコメント...

ジョイア様

初めましてイクミです。
ブログを読んでいただき、ありがとうございます。
私のパソコンのせいでしょうか、昨日はあなたからのコメントは届いていません。
このコメントも先ほど届きました。
お手数ですが、もう1度送っていただければ幸いです。
他の人への返信や、ヒーリングをするために、あなたへの返信が少し遅れるかもしれませんが、どうぞご容赦下さい。

イクミ さんのコメント...

りな様

初めましてイクミです。
ブログを読んでいただき、ありがとうございます。

今日、可愛がっていたワンちゃんが亡くなったのですね。
15年間、思いが通じ合っていた存在が、この世からいなくなってしまうのは、あなたにとって耐えられない現実だとお察しします。
元気にしていたのに、急に具合が悪くなり亡くなったのであれば、短か過ぎるように感じるでしょうが、寿命が来たのだと思います。

まず、お伝えしておきたいのは、あなたがこの世の務めを終えて向こうに行った時に、若くて元気な姿になったワンちゃんと再会できることです。
「虹の橋」の詩の世界が、現実に起こると思って下さい。

あなたのことは何でも判ってくれていたのですね。
つらい時は、寄り添って、慰めてくれたのですね。
嬉しい時は、一緒に喜んでくれたのですね。

悲しくて仕方がないでしょうが、人生を共に歩いてきた家族に、感謝の思いを捧げましょう。
まだ、霊界に順応していないので、家の中をいつものように歩き回っているでしょうから、泣いているあなたを見て、生前のように何とかしようと思っているかもしれません。
自分のところへ来てくれて、たくさんの思い出を残してくれてありがとう 等、見えなくなったけど近くにいるワンちゃんに、素直な思いを伝えましょう。

あなたの涙は、ワンちゃんがこの世を生きた証です。
あなたから受けた愛は、ワンちゃんの魂の輝かしい財産となっています。
共に生きた日々により、お互いの魂は大きく成長し、生まれて来た意味を成就しています。

しっぽを振って寄って来る姿も見られず、可愛い声も聴けませんが、ワンちゃんの魂は今までと同じ様に寄り添ってくれていると思います。

りな さんのコメント...

イクミさま
早速お返事くださいってありがとうございます。 虹の橋の詩、初めて知りました。涙が止まりません。愛犬はこれから行く、虹の橋の詩のような場所で楽しく遊んでてくれるんですね。少し安心しました。 亡くなる時に側にいてやれなかったのと、亡くなる前日の苦しいような悲しいような鳴き声の時、何ですぐ病院に走らなかったのかと本当に後悔しています。
でも、もう前を向くしかないのですが…
イクミさんのお言葉で、ほんとうに救われました。ありがとうございます。

さゆり さんのコメント...

イクミ様
こんばんは さゆりです

お返事ありがとうございます
何度も 嬉しくて 読み返しています

親和性が高い魂同どうし
これからも 亡くなった彼と絆を
深めていかれると イクミ様から教えていただき
素直に 今まで彼の魂が 伝えてくれたこと
そしてこれからも 伝わってうけとった 彼の想いを
信じて 目の前の 一つ一つの課題に 向き合いながら 生活して行きたいなと 改めておもいました

明け方彼の夢を 本当に久しぶりにみました
イクミ様は 夢で何かをつたえてくれているかもと
おっしゃっていますが 夢にも そのような 想いがあるのですね

以前は ほとんどの夢が 友だちや家族と楽しくお喋りしたり 過ごす夢しかみておらず あまり鮮明に覚えていませんでした

前に少しお話しきいていただきましたが 2年前 本当に仲よしで 色々と援助していてくれた 祖母を亡くしてから 不思議な出来事を体験し 亡くなっても 傍で 伝えてくれているのかも と思うようになり また 鮮明にはっとしたり どきっと心配になる夢もみるようになりました
あとから ああこのことだったのかとわかった夢も

7月に初めて彼が夢にでてきたときは
私が誰かとしゃがんで 手持ち花火をしていて
誰だろうと 思って顔をみると わぁ kさん と私が言い 彼が満面の笑みをうかべてました あんな満面の笑みは 見たことがなかったので 嬉かったのを覚えています
私ははっきり これは夢だとわかっていました お昼ね中で 下で誰かが話す声で 目が覚めました

今回は 誰かとドライブをしていて 楽しく交代しながら お喋りしたりしていました 急に 車をとめて
手を握ってきて ああ kさん と 嬉しくなりました
どこかに 行こうとしていましたが 一緒に 家で過ごしたいと彼が言うので そうすることにした ような夢でした
目が覚めて はっきり夢を覚えていたというよりも ものすごく 彼と仲良く 親密に過ごしていた 想いがのこり 少し涙がでました

でも なぜか 暖かい気持ちになり 今日一日 いつもの日曜日より リラックスして 子供達 両親とも接していたようにおもいます いつもは 明日からまた学校 仕事だと バタバタするのですが

そして イクミ様の 新しいブログ 今を生きる
拝見させていただきました

私は 今まで 本当に 後先考えずに 行動する
タイプで 失敗しても あまり気にしないので
彼からは ほんと さゆり 前しかみてないよね
前進あるのみだね と 言われたり
両親からも いつも もう少し考えて行動したらと
いわれ 子供達も 失敗しても あれ?どうしてこうなっちゃったんだろぅ? ああ ここで違ったんだね等と 平気な私をみて 先に 大丈夫なの?ママと
心配してくれています

私自身 かなり落ち込んだり 大変だったり 焦ったりしていても そういう風に まったくみえないようで 時々 どうしてだろうと 思うのですが
ソシテ反省して 自分自身変わらなくてはと よく思うのですが

イクミ様のブログを 拝見させて頂き
少し こんな自分でも いいのかなと 嬉しくなりました
先のことはまだ起こってないことだし
過去は変えられないし 予定は未定なようなもので
どうにでも 変わることもあるから など
つい考えてしまいます

過去を肯定的にとらえるのも 大切だなと
イクミ様のブログを読み 改めて思いました

今思い出しても どうしてあんなこと とか 私のせいで または 誰かのせいで あんなことに とか
どうして あの時 ああしかできなかった 言えなかったのかな?と たくさん思いますが
あの時は あの時で 必死に やったことだし
ああしかできなかったから あれでよかったんだねと 自分に 話しています
昔から なぜか いつも 絶体に後悔だけはしたくないと強く思っています

これからも 過去の自分も大切にしながら
今を生きていたいなと 思いました

いつも色々と教えていただき
本当にありがとうございます
感謝の気持ちでいっぱいです

まとまりない 文章ですみません
いつも
まだ一週間はじまりますね

おやすみなさい

イクミ さんのコメント...

さゆり様

こんにちは。
あなたと彼は親和性が高いため同調しやすく、霊的感度も高いので、早い時期につながっていることを実感できて良かったと思います。
信じていれば、つながりが途切れることはないと考えられます。

夢で彼と会ったのですね。
彼は満面の笑みを浮かべていたそうですね。
この世の仕事や雑務から解放されて、それが彼本来の姿のような気がしました。
今回、見た夢は彼と親密に過ごした時の想いが、起きても残っていたのですね。
あの世での生活は、そんな心地良い想いに包まれた中で営まれると考えられます。
先になりますが、楽しみにして下さい。

新しいブログを読んでいただき、ありがとうございます。
あなたは今を生きているようです。
絶対に後悔したくないと、強く思っていたので、思考よりも直感を信じて行動するようになったのではないでしょうか。
この世を生きていると、直感(魂)よりも頭脳(思考)が優先されてしまいがちになるので、とても良いことだと思います。
魂は今を生きようとしますが、頭脳であれこれと考えてしまうと、過去や未来に捉われてしまいます。
これからも、自分(魂)を信じて、今を生きるようにして下さい。

さゆり さんのコメント...

イクミ様
こんばんは さゆりです
いつも 暖かいお返事を
ありがとうございます

満面の笑みをうかべた 彼の夢
それが本来の彼の姿のように思いますと
イクミ様に教えていただき
改めて彼のことを想いました
とても自由になって 快適そうな彼を
亡くなってからすぐに 何度も思い浮かべていました 私はこんなに辛くて 悲しいのに
少しずるいなと思いましたが
あの満面の笑みは 心に深く残っているので
本来の彼の姿で いられるようになって
よかったねと 思うようにします

昨日 片付けをしていたら 彼が亡くなってから 2ヶ月くらい 彼への想いや私の気持ちなど 毎日つけていた 日記がでてきて ぱっとページをめくったら
私が押し入れから 布団をだそうとしたとき
後ろで さゆり俺が傍にいるのわかるよねと 彼の想いをうけとり 本当に抱きしめられているようで
うんわかるょ と泣きながらやっと返事をしたことが かいてある
ページでした
本当におどろきましたが
あの時 やっぱり彼が魂が傍にいてくれてるんだと
確信したときでした
イクミ様に色々おしえていただきながらですが

何かとても懐かしく思うと同時に
彼の想い 受けとり 次元をこえて
彼を感じることができて
本当によかったなと思いました

先週から 久しぶりにピアノを
御気に入りの今日を 弾いてみました
モーツアルトのソナタなのですが
今までとは 全然違い 曲のメッセージというか
想いを 受けとりながら
弾いていました

いつも色々教えていただき
ありがとうございます

おやすみなさい

さゆり さんのコメント...

イクミ様
こんにちは さゆりです
いつも お返事をありがとうございます

昨夜 こちらのページから 投稿させていただいたのですが 届いておりますでしょうか?

眠たかったので 間違えたのかもしれませんが

イクミ さんのコメント...

さゆり様

こんばんは。
昨晩出していただいたコメントですが、こちらにメールとして届いたのが昼の12時38分でした。
返信が遅くなり、申し訳ありません。

彼のいる世界は、この世の苦が取り除かれた世界ですから、その様な表情になってしまうと思います。
あの世の魂の存在を、感じたくても、感じられない人が多いのですが、あなたは彼が亡くなる前から感じていました。
亡くなった直後の霊安室での出来事ですが、眠りかけて幽体離脱した時のことを良く覚えていたので、あなたの魂が彼に呼び寄せられたのではないかと思います。
初めてのことが起これば、びっくりするでしょうが、現象は霊的に説明がつきますので、安心して下さい。

モーツアルトのソナタを弾いたのですね。
無心になってピアノを弾いている時は、魂が優位になっているので、何かしらの想いが伝わってくることが多いのかもしれません。
ピアノが弾けない私ですが、ピアノの演奏を聴きながら、ヒーリングやメッセージを受け取ることも多いです。

さゆり さんのコメント...

イクミ様
こんばんは さゆりです
お返事を せかせてしまったようで
申し訳ありませんでした
お忙しいなか いつも心に響くお返事ありがとうございます

昨夜は 彼が亡くなってから
はじめて 同僚と 仲間の方達と 食事会で
少しお酒も入っていたので 投稿できてないかなと
気になり 伺ってしまいました

眠たかったのですが なぜか 後押しされるように
投稿させていただきました

そして 早速のお返事ありがとうございます

魂が彼に呼び寄せられたのですね

夜中に 連絡つかない彼を心配して 警察にも
電話したあと 俺もうここだから さゆりもうねて と霊安室に眠っているように 安置されてる 彼がうかび 彼の声のような 想いが 伝わってきて
本当に驚きました こわくなり
懸命に こんなこと考えるなんて 明日になったら わかるかも 病院とかで連絡できないのかもと
考え すぐにねました
その時の映像のような 彼の顔は 今でもはっきり覚えています
最後は会えなかったけど なんとなく安らかな顔 いつものお昼ね中の顔みたいだなと

心配している 私に伝えたかったんですね
そして 疲れてるから そんなことしてないで 早くねてと伝わってきました
あの時 信じてそうなんだ 亡くなってるんだと受け入れていたらと考えるときもありますが
いまは 伝えようとしてくれて ありがとうと
思えるようになりました
イクミ様のおかげです ありがとうございます

度々 イクミ様より 私は 霊的感度が高いのでと教えていただき 彼の想いを受けとることができて 本当によかったなと いまは 嬉しく 教えていただいた イクミ様に本当に感謝の気持ちでいっぱいなのですが

祖母が亡くなるまで 全く 魂や霊的なこととは無縁で 妹 弟は 昔からそういう話しに興味があったのですが どちらかというと 怖いと思ったり みえないことだから 信じないと 感じていました

彼が亡くなって 2 〜3週間後 誰かにきいてほしくて 心の電話でお話しを 2回して
スマホをいじりながら 初回サービスで 二人の
霊能師さんと お話ししました
彼の想いを知りたいというよりは 誰かに話したくて 亡くなってと話しただけなのですが
彼は亡くなってから 霊的な力をいっぱい使って
伝えていますよ 傍にいますよいつも 特に夜とか あなた 神経質だから
感じでますよね 彼のことと言われ
あまり信じられなくて 少しこわくなりました

もう一人の方は あんまり心配しないで とにかく笑顔でっていうのが彼から強く伝わってきますよ
そして 少し話してるうちに あなた彼のこと感じでますよね わかってますよねと 少し厳しい口調で言われ こわくなりました

そのあと イクミ様のブログに出合いました
そして 色々教えていただき 怖いとというおもいから 魂と魂が引き寄せあい 不思議なできごとがおこり
ふと感じる そして 強く感じる 想い 無意識に
彼が助けて導いてくれたのかも と思うこと等
すべて 愛があり イクミ様のおっしゃるように
慈しむ心から なのだと理解できるようになり
素敵なことなんだなと 思うようになりました

幽体離脱しかけたことも 彼の魂が引き寄せたのですね あの自由な 気持ちよさ そして自分のよこたわっている体をみたことは 忘れられません
彼が 教えたかったのでしょうか

うけとったこと 感じたことを 素直に信じていきたいなと 改めて思います

イクミ様は ピアノ曲を聴きながらヒーリングやメッセージを受けとられることもあるのですね
どのようなピアノ曲をよく聴かれるのでしょうか?

本当に無心になって テクニックのことや 雑念を持たずに 弾けるときは なんというか 音楽を越えて想いを感じなが弾いているように このあいだ はじめて おもいました 嬉かったです
いまは 慣れ親しんだ曲しか 弾けませんが
楽しみになってきました

おもうがままに お伝えしてしまい
いつも まとまりなく すみません

また色々と教えてください

おやすみなさい









イクミ さんのコメント...

さゆり様

おはようございます。

不安になっている時に、霊安室にいる彼が見えれば怖くなってしまうのは当然です。
急に亡くなり彼も慌てていたでしょうが、そんな中でも、あなたを気遣い「寝てね」と伝えてくれたと聞いて、彼の優しさを感じずにはいられませんでした。
早く逝ってしまうのは、自分のことよりも他の人を大切にする、彼のような人ばかりです。

あなたが怖くなりかけてしまっているので、霊界の働きかけで、このブログに導いてくれたと思います。
商業目的の霊能者は、あまり信じない方が賢明です。
テレビでも心霊現象の番組をやっているのを見かけますが、怖いもの見たさ、興味本位の内容のものが多く、いつも残念に思っています。
愛する人が、そばにいて、見守っていること、亡くなっても愛と愛で結ばれていることを伝えるような番組を放送してもらえればと願っています。

あなたは、すべてに愛があり 慈しむ心から起きていると理解し、素敵なことだと思えるようになったようなので本当に良かったです。
そのことを、1番喜んでいるのは彼でしょう。
これからも、込められた想いを感じ取るようにして下さい

ヒーリングをしている時や、メッセージを受け取る時に、クラッシック音楽を聴いていることが多いです。
楽器の中ではピアノが1番好きであり、辻井伸行さんが好きです
良く聴いているのは、ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第1番」、ドビュッシーの「月の光」、ラベルの「ピアノ協奏曲ト長調(特に第2楽章)」、ショパン全般です。
また、マーラーの交響曲第5番の「アダージェット」を聴いていると、霊界にいるような気分になれます。

さゆり さんのコメント...

イクミ様 こんばんは
さゆりです

お返事をいつもありがとうございます

そうですね
彼が俺もうここだからと 霊安室にいる姿を教えてくれたとき
もうさがさないで 早くねてという想いが
一番強く伝わってきました

前の日の夜は 彼がなくなった夜で おなかがおされるようにいたくて なんども起きたので 眠れていなかったので
(イクミ様から 彼が幽体離脱していて 私にも伝わってきたこと教えていただき 納得できました そしてあのような感覚は あの日だけでした)
きっと彼も心配してくれたんだと思います

本当に優しいですね
イクミ様のコメントを読ませていただきながら
口数は多くないけれど いつもさゆりだいじょうぶ?と毎日会うことはできなかったけと 本当に私のことをいつも想っていてくれる彼の優しさを
思い出し暖かい気持ちになりました

そして なくなる2ヶ月前くらいに
電話で「 俺 本当にワガママで自分勝手で ひとに好かれないけど さゆりのこと ほんと大好きで 大切に思ってるから わかってほしい」と 急に話しだしたことを ふと思い出しました

どうしたんだろう なんで突然こんなこと言うんだろうと ずうっと心のなかで思っていましたが
きけませんでした

ん?と思いながら 「kさん優しいし 自分勝手だなんておもわないょ さゆりも大好きだょ」と返事をして 眠たかったので おやすみをしましたが

いま あの時のことばが 胸にずしっと響き 彼の想いをひしひしと感じられて
彼の優しさと 愛情を想い 涙がでました

イクミ様のおかげです
感謝しております
あの時は ぴんとこなかったけど
亡くなってから わかることもあるのですね

彼は仕事でも なんというか 見捨てずに指導したり
フォローしたり 私には 厳しいときもありましたが
ちょっとプレッシャーに弱い人たちをさりげなくフォローしたりする姿をみて 優しいなとおもっいました

私も ピアノコンチェルトは大好きです

今日 マーラーの 「アダージェット」聴いてみました 美しく 優しく 涙がでました

愛する奥様に作った曲とかいてありました
霊界にいるような気分になれますと おっしゃる
意味がわかるような気がしました

他の曲も 聴いてみたいなと思います
また 感想など お伝えさせていただきます

私も 辻井さんの演奏 素晴らしいなと思います
繊細な 美しい音色 きっと 見えない世界で 多くの
私達がみえないものをみて 聴きとり 音をイメージされて あのような美しい音色で演奏されているのかなと 考えてしまいます

いつも色々と教えていただき
本当にありがとうございます

おやすみなさい








イクミ さんのコメント...

さゆり様

おはようございます。
亡くなる2か月前に彼が急にあなたに話し出したのは、彼の魂がもうすぐこの世を離れることを察知していて、伝えておかなければと思ったのでしょう。

アダージェットを聴いたのですね。
この曲を聴く度に、霊界は深遠な愛の世界だと、ひしひしと感じます。
辻井さんは、あなたの言う通り、音の中に見えないものを視て、そこから広がるイメージが豊かで温かく、それを表現する才能に恵まれていると思います。

さと さんのコメント...

初めましてイクミ様 さとと申します。

先月、私にとって大切な人が亡くなりました。
彼は霊視、透視能力持ちで私も霊感があります。
ある知り合いを通してメールと携帯電話のみで5年間のお付き合いをしていました。
私は既婚者で彼は独り暮らしでしたが死後、他府県に妻子が居られたことを知りました。
彼が言うには『私達はひとつの魂が分離したツインソウル!江戸時代から会うことを分かっていたよ!』と…
不思議と現実に会わなくても疑心感は無く常、安堵感がありました。
『神様から許された二人の時間を感謝して大切に過ごそうね!』
『私は子供じゃないよ!』って言いたいくらいに彼は自分のことよりも私の身体を気にかけてくれていました。
本当に本当に優しい人でした。
それと信じがたいことですが私の家族全員が理解してくれていたことです。
いつも彼はイクミ様と全く同じようなことばかり言われていたので
イクミ様のお言葉を読ませて頂いてると今も彼が話しかけてくれてるようです。
実は先月、彼は地方へボランティア活動に行っての帰りの入浴中に亡くなられました。
『お風呂から出て来たら電話するね!じゃーね!おやすみ!』が最後の言葉…
今年に入ってから彼は自分の死期を悟っていたと私は分かってたんですが
それを口にすることは彼に気を遣わすと思い私は普段と変わらなく対応をしていました。
何故、彼は自分の人生最期を現代の妻ではなくて私を選んだのでしょうか?
偶然だったのでしょうか?
イクミ様だと彼の魂、想いをお分かり頂けると思いますので教えて頂けたら有難いです。



イクミ さんのコメント...

さと様

初めまして、イクミです。
ブログを読んでいただき、ありがとうございます。

先月、大切にしていた人を亡くされたのですね。
電話とメールで5年間付き合っていて、彼には霊視、透視の能力があり、あなたにも霊感があるのですね。
彼には生前から霊的知識があり、あなたもそれを聞いていたのであれば、彼は死んでも魂となって生きていることは、既にご存じだと思います。
そのせいか、とても冷静に対応されているように思います。
誰にでも優しい人で、奉仕の精神に富むような、霊性の高い人は、人よりもこの世を去る時期が早いと感じています。
きっと彼もそうだったのでしょう。

ツインソウル、言い方を変えるとアフィニティーの関係の魂が、この世で出会うのは極めて珍しいと言われています。
あなたと彼がその関係であるのかは私には判りませんが、一緒にいなくても想いが判り合えていたのであれば、親しい魂同士であるように思います。

彼が死期を悟っていることを、あなたは知っていたと言うことは、かなりの重病だったのですね。
この世の最期の会話をあなたとしましたが、最期だと思って電話をしたわけではないと思いますが、彼の魂はその時が来たのを、もしかしたら察知していたのかもしれません。

彼は霊的知識があり、次の世界での順応は早いと考えられます。
もしアフィニティーの関係であれば、魂と魂の同調は容易に成立し、霊感のあるあなたなら彼の想いを受け取れると思います。
現実に会わなくても疑心が無く、安堵感を感じていたのであれば、今生にいる時に想いが通じ合っていて、次元を異にした今も変わりなくその関係は続いているので、親愛の念を向けて、感情を鎮め、雑念を払い、穏やかにして待っていれば、心の中に浮かび上がってくる想い(言葉や概念)を感じ取れるのではないかと思います。
これからのためにも、彼は、直接あなたに想いを伝えたいのではないかと考えています。
まず、試みてはいかがでしょうか。

あさよ さんのコメント...

いくみ様
返事が遅くなりごめんなさい。仕事を始めたのですが腰を痛めてしまい、辞めさせて頂こうと連絡すると部署を変えても良いですからお話しましょうと会社から心ある返事をもらいました。
いくみ様
主人が守ってくれている実感をまたまた経験しましまた🎵
私は12歳で父を亡くし、弟は36歳で亡くなり、そして主人をも
本当に何故何故の人生で でも いくみ様のお言葉に救われ 今 こうして居ます
勿論、悲しみ苦しみはこれからもあるけれど
泣くことも
もう少し 生きて頑張っていきます。
いくみ様
また 私の話聞いてくださいね
寒さが厳しくなりますがお身体に気を付けてください。


イクミ さんのコメント...

あさよ様

おはようございます。
仕事を始めて腰を痛めてしまったのですね。
会社から心ある返事をもらえてよかったですね。
くれぐれも、無理をしないように気を付けて下さい。

ご主人が守ってくれているのを実感する経験があったのですね。
そばにいて、見守っていることが、ようやく判ってもらえるようになってきたので、ご主人も喜んでいるでしょう。
愛する者同士は、決して離れることはありません。
これからも、必要な時に導いてくれます。

今まで、大切な人を3人も亡くされたのですね。
何故何故と思ってしまうのは当然です。
しかし、その全てが、あなたの学び、成長にとってかけがえのない経験になっています。
でも、この世にいると、そのことが判りにくいので、ただ悲しく、苦しい経験に思えてしまいます。
今までの、あなたの悲しみ苦しみは、ご主人のいる世界に行った時に活かされ、報われます。
悲しんで、苦しんだ人ほど、この世で大きく成長した悦びが待っていると思って下さい。

また、いつでも連絡して下さい。

さと さんのコメント...

イクミ様 こんにちは。
さとです。

お忙しい中 お返事ありがとうございました。

彼は10月に亡くなって数日後、夢に出て来られ
『もう心配しなくてイイよ。私は嫌な想いをしてないから。』って言われたので安心しました。
実は生前 彼が『二人だけのお墓を作ろうね!』と言われていました。
勿論、私は既婚者なので無理も承知で言われてると思っていましたが…
やはり現実は妻子の方が遺骨を引き取られました。
11月は3回も夢に出て来られ10月の夢とは違い無表情で私の方をじっと見られていたので
彼は何を伝えたかったのか、彼にとっては今の現状をどう思っているのかが気になっています。
たとえ霊視、透視能力持ちだった彼でも現実生活は生前の自分が決めて来たシナリオなので
納得されてるんでしょうね。
それなのに『二人だけのお墓』は彼の独り言だったんですね。
イクミ様の仰る通り彼からは霊的知識のお話を沢山聞かせて頂いていましたが
我が身のこととなると悲しみの余り涙が止まらない日々を送っています。
ですがイクミ様と出会って不思議と悲しみの涙が彼への感謝の涙に変えさせて頂けたと…

彼は自分の魂と似た人を遣い私を良い方向に導いていると言っていたので
イクミ様のブログにたどり着いたのは彼の魂の導きだと私は思います。

イクミ様には まだまだ沢山聞いて頂きたい不思議なお話がありますので
これからも宜しくお願いします。



イクミ さんのコメント...

さと様

亡くなって数日後に、彼が夢に出て来たのですね。
彼の伝えたことから、肉体の苦しみから解放された心地のよさを味わっていたと考えられます。
生前、二人だけのお墓を作ろうねと言っていたのは、もしかしたらあなたに喜んでもらうためかもしれません。
彼が霊的な知識がある人ならば、お墓が一緒であろうと、別であろうと関係ないことを知っているからです。
死後、一緒にいられるかどうかは、両者の魂の親和性と、愛があるかにかかっているからです。

11月の夢の中では、彼は無表情だったのですね。
彼は思念(想い)の世界にいるので、表情や言葉を介さず、想いを直接あなたの魂に伝えます。
無表情だったのは、そのためだからでしょうか。
向こうに行くと、表情や抑揚が少なくなるように思いますので、あまり深く考えなくても良いのではないでしょうか。
彼は向こうの世界にしっかりと順応して、何か奉仕的なことを始めようとしている気がします。

私がメッセージを伝えようとした人の中に、何故か伝える必要がないという気持ちが起こった人がいました。
このブログをお読みになっていれば判ると思いますが、向こうの魂とつながり、意志の疎通が出来ている人がいます。
伝える必要がないという気持ちが起こった人は、後に、皆、意志の疎通ができるようになりました。
あなたも同じ様に思えたので、昨日のような返答になりました。
ただ、悲しみの念は、彼の想いが届く障壁になってしまいます。
今は、悲しみの涙ではなく、感謝の涙に変わってきたのであれば、あなたも再びつながることが出来ると思っています。

彼がこのブログに導いたのであれば、あなたに霊的真理を学んで欲しいと思いますので、「シルバーバーチの霊訓」を読むことをお勧めします。(現在、書店では入手できません)
もしかしたら、生前、彼も愛読していたのかもしれません。
霊的真理を学ぶことで、お互いの魂の距離を縮めることが出来ます。

また、不思議な出来事を聞かせて下さい。

さと さんのコメント...

イクミ様 こんばんは。
さとです。

お返事ありがとうございました。
早速ですが二人だけのお墓は私に喜んで貰う為だったんですね。
確かに彼は私の笑い声や元気な声を聞くことが一番嬉しいと言っていました。
『声は魂!携帯での会話だけど二人は会ってるのと同じだよ!』
『二人は永遠に一緒だよ!私は何処に居ても守っているからね!』とも言われていたので
生前は勿論、今も魂で繋がってることを彼は前もって伝えていたのですね。

実は彼、先祖供養、水子供養の相談も受けていました。
特に驚いたのは依頼人が全く知らない兄弟姉妹として生まれて来るはずだった
水子の霊、魂が視えたことを聞かされ母親に確認すると
問われた母親自身もびっくりされたことがありました。
しかも何家族も人数も当てられていました。
『彼は向こうの世界にしっかりと順応して何か奉仕的なことを始めようとしている気がします。』
ってイクミ様のお言葉を読んだ時『やっぱりあの人らしいなぁ』って思いました。
そんな不思議な力を持つ彼は何故、何の為に既婚者である私と出会ったのですか?
今月6日が彼の49日です。
現実に妻子が居たことを知り正直ショックだったので
その日を機に私は彼のことをあまり気にしない方が良いかと思ってることに
彼自身は どう思うのでしょうか?
教えて頂けたら有難いです。

イクミ様には まだまだ沢山聞いて頂きたいことがありますがお疲れだと思うので
今日は この辺で失礼いたします。 

おやすみなさい。


さゆり さんのコメント...

イクミ様
こんばんは さゆりです

いつも 暖かくて 励まされるお返事を
ありがとうございます

ここ数日 音楽のお話しをさせていただいてから
イクミ様のよく聴かれる作品などを 聴かせていただいております

なかなか3楽章まで 一人静かに聴く時間がとれませんが 2楽章だけ聴いてみよう等と 決めて 静かに自分だけの時間に聴いています

ラヴェルのピアノコンチェルトト長調の2楽章 そして マーラーのアダージェットは 聴いたことのない作品でしたが 大変美しい作品ですね

ラヴェルの2楽章は オケとピアノの
(うまく説明できませんが) 旋律と旋律の微妙な絡みあいが 美しくて まるで 二人の独立した個性をもった 魂が 融合したり離れたり
会話のような交わりがあり 音楽が何かを語りかけているような 2つの魂の交わりが伝わるかのように 感じられて 世界に入り込んで聴いていました

勝手な解釈かとは思いますが 素敵な2楽章ですね

アダージェットはイクミ様のおっしゃっている
霊界は深遠な愛の世界を感じ 想いを馳せることの
できる 作品なんだなと しずかに聴かせていただきました

ドビッシーの月の光は 中学のとき 学校の演奏会で
どうしても 弾きたくて 演奏した 思い出があります 音色 情景 色 静けさ 月の光の美しさを 音で表現したかったのですが イメージはできても 演奏は難しかったです
今 改めて聴いてみると 悲しみも よろこびも 月の光のような 美しく 暖かい愛情に 包まれているように 感じました

ラフマニノのピアノコンチェルトは 亡くなった彼が 好きでよく 夜寝る前 話すとき いま聴いてると言っていたので 私も好きになり いつも聴いていました

私は ショパンとシューマンがすきで 色々聴くのですが ピアノコンチェルト 2番を 思い出し やはり2楽章を 昨日聴きました 大学のとき 毎日のように きいていたことを思い出しました

音楽は 目にみえないものですが やはり 神様からの メッセージ 愛が 魂にとどきつくられたものなのかな と イクミ様より 教えていただいた 作品を聴きながら 崇拝 感謝 言葉がみつかりませんが
の気持ちをもちました

今までは 自分の課題の練習の為に聴いていたようにおもいましたが 彼の死を経験して そして魂と
愛について 色々教えていただき 考え 音楽を このように 今までとはまったく違う風に 聴くことができて 本当に 嬉しく イクミ様に感謝しております

ありがとうございます

なくなる2ヶ月まえ 私に突然話しだしたことは
彼の魂が もうすぐこちらの世界を離れることを察して 伝えようと思ったのですね

彼はわからなくても 魂は察するのですね

私も トンチンカンな返事しかできず
あんなに 好きとか 口にだすのが苦手な彼が
どうして あのとき?と心のどこかにひっかかっていました 俺 ほんとに ワガママで自分勝手で
ひとに好かれることなくて は もしかしたら
今までのこと 色々と思い出していたのかなと
おもいました

本当になぜか これらの美しい曲を聴きながら 突然あの時の 彼の言葉というよりは なんというか わ大切だから 大好きだから わかってほしいという気持ちと 私が 本当に なんで?と
困惑したおもいを 思い出しました

そして イクミ様に 彼の魂が 察していて 伝えなくてはと思ったのでと教えていただいてから 音楽がより美しく 心に しみて 涙がでました

なかなか うまく 言葉でお伝えできませんが
イクミ様に色々と 教えていただき
彼の魂と 愛情を感じることができ
感謝の気持ちでいっぱいです

いつもまとまりのない文章を
読んでいただき ありがとうございます

おやすみなさい


イクミ さんのコメント...

さと様

おはようございます。
生前、彼には霊的能力があり、人助けをしていたのですね。
そんな彼が、何故既婚者であるあなたと出会ったのか?
はっきりとしたことは判りませんが、あなたの魂の成長のために、何らかの必要があったのではないかと思います。
49日を機に、彼のことをあまり気にしない方が良いかと思っていることを彼はどう思っているかですが、あなたのあるがままの気持ちを受け入れてくれるのではないでしょうか。
もし、お二人が霊的に親密な関係であれば、あなたが気にすることがなくなっても、彼はあなたの魂に影響を与え続けて、良い方向に導いてくれるでしょう。
私の意見ですが、今は目の前にいる家族を大切にして下さい。
それがあなたの務めだと考えています。

さと さんのコメント...

イクミ様 おはようございます。
さとです。

お返事ありがとうございました。

既婚者である私と出会った理由を彼は
『来世は私達夫婦になるって決まっているけど今の魂のままでは…』って言っていましたが
私には家族が居るので『来世のことなら今じゃなくても…』って私が言うと
『心にも無いことを言って!』『今世でお互いが想い合っていないと駄目なんだよ!』って言ったかと思えば
『さとが決めればイイよ!さとの幸せは私の幸せだから!』とのやり取りの5年間だったので
四十九日を機に彼のことを気にしないとなると『まだ私の気持ちを分かってくれてないのか!』って…
でも彼は霊的知識もあるしイクミ様の仰るように二人が霊的に親密な関係であれば
彼は私の気持ちをスルーしそうですね。

彼は過去世、現世、来世も視え沢山の人達の相談を受け魂の成長のアドバイスもされていました。
特に私には魂の成長は勿論、過去世の罪穢れの払拭を彼なりにしてくれていたので
それはそれで申し訳ない気持ちです。
だからこそ一日一日を感謝して魂の成長をしないといけませんね。

私には主人と3人の子供達が居ます。
そのうち2人が障害児です。
何故、私は2人の障害児を授かったのかも彼から過去世のお話を聞かされて納得出来たことがありました。
彼は私の魂向上の協力者として霊的知識を教えてくれていたと思います。
ですが彼にとってはまだまだと思い魂の成長の為にイクミ様のブログへと
導かれたと思いました。

私自身も霊感があるので全く分からないわけではないのですが
魂の世界について彼から教わった霊的知識のお話、イクミ様のお言葉で私も魂の成長をさせたいので
これからも私のお話を聞いて頂きお返事お願いします。


















イクミ さんのコメント...

さゆり様

こんにちは。
私が聴いている曲を聴いていただいたのですね。
中学の時に月の光を弾いていたと聞き、弾きけない私はうらやましく思いました。
昔、聴いた曲を今聴いてみると、全く違う印象を受けるのは面白いですね。

亡くなる2ヶ月前の彼の言葉はうれしいのですが、戸惑ってしまいますね。
以前、ご主人を突然死で亡くされた奥様にメッセージを伝えましたが、亡くなる前に「時間がない」としきりに言っていたそうです。
本人も何でこんなことを言うのか判らなかったと思いますが、魂の奥に仕舞われているシナリオが表出して、ついこんな言葉が出てきてしまうと考えています。

イクミ さんのコメント...

さと様

どうすれば良いのか、迷われているのですね。
彼は過去や未来のことが判る人なのかもしれません。
判る人なので、あなたにいろいろなことを伝えたかったのかもしれません。
彼の言ったことが真実であるのか、ないのか、私にも判りませんので、正直なところ、返答に困っています。

過去は閉じられていて、変えることが出来ません。
未来は、今をいかに生きるかによって、変わって行きます。
そうであれば、過去や未来のことを考えずに、今を精一杯生きることが最善と、私は考えています。

ご主人と3人のお子さんがいるのですね。
2人のお子さんには障害があり、お子さんを育てるのは、大変な労力とお察しします。
そして、あなたが乗り越えて行かなければならない人生の試練は、これからもあるでしょう。

もし、彼があなたの魂の成長を望んでいるのならば、ご家族に愛情を注ぎ、3人のお子さんをしっかりと育て上げ欲しいと願っているはずです。
それがあなたの人生で、1番の成長につながっていると考えられるからです。
この先、克服しなければならない出来事が生じたら、逃げずにしっかりと乗り越え、奉仕の機会が訪れたなら、ためらわずに受けて欲しいと願っているはずです。
彼も、あの世から援助を惜しまないと思います。

さゆり さんのコメント...

イクミ様
こんばんは さゆりです

お返事をいつもありがとうございます
何度も読み返し 考えました

魂の奥にしまわれている シナリオが表出して
ということなのですね
そういう ん?とかんじる瞬間は 時々あります

さいごに彼とすごした日 なくなる2週間ほどまえ
ですが なぜか 彼と久しぶりにあえたことが 本当にうれしくて 「 kさんに合いたかった
合えてうれしい」 と言い 彼を抱きしめながら なぜか涙がでました

あの時の感情は 本当にこうしてまた あえたことがうれしくて 不思議と涙がでて なんでだろう?ともおまいました

彼も少しおどろいて だいじょうぶ?ときいていました 久しぶりだからかなと伝えたら
うん 俺も会いたたかったょ でも そんな久しぶりでもないょと言っていたのを思い出します

いつも 2週間に一度仕事のあと 一緒にごはんを食べ 月に一度は 朝から夜の6時くらいまで一緒に過ごすように お互い 仕事を調整し 時間をつくり 4年半 そのペースは 変わらず 楽しみにしていました

なぜその日だけ あんな気持ちになったのかなと
時々思い出し考えていましたが もしかしたら
私の魂も 魂の奥にしまわれていた シナリオが
表出し このような 気持ちになり彼を抱きしめたのかもしれないと イクミ様より お話しを伺いおもいました 魂がこかれが こちらの世界では 最後だと

昨夜 自閉症の中学生の息子が 鼻風邪をこじらせ
咳が止まらず 眠るまで 背中をさすったり 水をのませたり 眠ってからも 咳のたびに おきたりしていました
子供達二人 小児喘息があり 小さい頃は よく夜中まで吸入したり さすったり 夜間救急にかけつけたり 最初の喘息では すごい胸の音がするまで 喘息と気づかず 危険な状態になってしまい
なんで早く 変だなってきづかなかったんだろうと
未熟さに 涙がでたり

寝不足で 子供をだっこしたまま 階段を踏みはずしひどい捻挫 をしたり
色々あったなと 今はいまの様々な問題があり
忘れていましたが
小さい頃のことを久しぶりに思い出し
懐かしくおもいました

そして 私が今日電車にのると
ベビーカーに乗っている 1才はんくらいの女のこに
お母さんが 動物のシールを渡し貼ったりしていました 娘もやってたなぁ ベビーカーで外出かぁ
懐かしいなと思い出しました

やがて その女の子が そのシールをどんどん投げ出し お母さんが慌てて拾い 私も一枚拾い うちの娘も ベビーカーからなんでも投げててと 話したりしていました 降りるとき 女の子がバイバイをしてくれて 可愛らしくて
こんな時期を通りすぎてきたんだなと
子供達の小さかった頃を思い出す 日なんだなと思いながら 過ごしていました

私の心臓の検査がおわり 帰りの電車で
なんか 今日は 子供達の小さい頃を思い出す日だったなと
想うと同時に 彼が 「さゆり よくやってるょ
」と 想いを伝えてくれて 電車のなかだったのですが 涙があふれました

なんか 誉められているようで
子育てってあまり 認められたり 誉められたりすることわないほうが 当たり前なのですが
大変なこともあったけど 彼からの想いが胸にしみて うれしい気持ちになりました

別れた主人も 母の日や 私 子供達の誕生日には
いつも 子育てありがとうと メッセージをくれるのですが
今日の彼からの想いは 本当に肩の力がすうーっとぬけて 暖かい気持ちに包まれました

久しぶりの息子の咳で
彼を産んだ夜 出産 夜泣き 授乳 を経験し
全世界のお母さんを尊敬します という気持ちに
なったことをおもいだしました

いつも 色々と教えていただき
ありがとうとございます

寒くなってきましたね
おからだ お気をつけてください

おやすみなさい

イクミ さんのコメント...

さゆり様

おはようございます。
亡くなる2週間前に彼に会って、うれしくて涙が出て来てたのですね。
あなたも彼と同じ様に、自分にもうすぐ訪れる出来事を予期していたのかもしれません。

子育て、特にお母さんは激務だと思います。
色々と失敗をして、気付きながら、子供と一緒に成長して行くのですね。
息子さんはその後、元気に学校に通っているでしょうか。
夜寝る前に、あなたと過ごす一時は貴重で、今日1日の想いを吐き出して、癒やされて、眠りに就くのだと思います。
彼から「よくやってるよ」と想いが伝わって来たのですね。
あなたたちの中に入って行きたいのでしょうが、それは叶わないので、想いを伝えて、褒めたり、励ましたりして、支えてくれていると思います。
彼はあなたのことを1番知っている、頼りになる家族だと思います。

さと さんのコメント...

イクミ様 おはようございます。
さとです。

お返事ありがとうございました。

一生涯の中の5年間はほんの少しですが私にとっては
人生(魂)を変える為に許された最大の時間だったと思います。

先日もお話させて頂きましたが私には3人の子供が居て内2人は障害児です。
二番目の子供は言語障害、知的障害、難聴、自閉症、情緒不安定、一年以内の命。
三番目の子供は肢体不自由、いずれ足の手術必要と宣告されました。

私は子供の頃から老若男女問わず会話をしたり相談を受けることが
あったおかげなのでしょうか我が子の病名を医師から聞かされても
あまり悲しみはありませんでしたが正直、不安はありました。

そして障害児を抱えた家族の人達と意見を交換したり子育ての為に
勿論、手話を覚えることから始まりました。

その二番目の子供も今は26歳でNPO法人作業所で自分なりに頑張っています。
三番目は19歳、足の手術も受け来年からは就職です。
私の魂の成長には必要だったことかも知れませんが
子供達自身、今世生まれて来て良かったと思えるような人生を歩める為には親の役割ですね。

実は二番目の子供の育児中 私は不安からパニック障害になりました。
ですが薬を服用することには凄く抵抗があったので最終的に
家族の協力、支えで…となりました。
当時は主人と一番目の子供の協力で私の症状は少しずつ改善に迎えれたことに
感謝しかありませんでした。

どんな病気にも意味があるとは思いますが
当時の私は子供の育児が原因と思いませんでした。

生まれて来る前に自分が決めたシナリオならば尚更です。

自分では良いことと思っても神の目には悪と思われてたことが
あったからだと自分自身に言い聞かせていました。

要は小乗の善は大乗の悪にも成り得るって私は思っています。

イクミ様のお返事で
『奉仕の機会が訪れたなら ためらずに受けて欲しいと願っているはずです。』と
ありましたが奉仕とはどんな形のことでしょうか?
特に彼が望んでいる奉仕が知りたいです。

実は彼から生前に任されていることがありイクミ様のお言葉が少し気になりました。

お返事はイクミ様の時間のある時で良いです。
いつもお忙しい中 申し訳ございません。





あさよ さんのコメント...

いくみ様
情けないです。仕事もやはり辞める事に。生きる意味を無くしました
亡き主人に合いたい
いくみ様
やはり 私…は駄目です。

イクミ さんのコメント...

さと様

こんばんは。
彼との5年間で人生が変わったのですね。

彼もあなたに伝えていたと思いますが、もう1度お話します。
私たちの本質は魂です。
魂を大きく成長させるために、今生に生まれて来ました。
人生において困難や障害が起きますが、乗り越えて行くことで魂は成長しますので、つらいのですが生まれて来た意味を成就していることになります。

3人の内の2人のお子さんが障がい者であり、なぜ自分だけがそうなるのかと、悩まれた時期があったとお察しします。
そのことは、生まれる前に決めていたと考えられます。
3人のお子さんたちも、あなたの元に生まれること、2人のお子さんについてはハンディーキャップを背負うことも、生前に承知していたはずです。
具体的な原因については、私は知り得ませんが、ご家族全員の魂の成長のため、より絆を深めるためであるのは間違いないと思います。

私は、あなたは障がいのあるお子さんを育てる資格があると判断されたので、授かったと考えています。
育てるのが無理な人の元には、絶対に生まれないと考えています。
世の中には、現実から逃げている人も見受けられますが、生まれる前に誓った約束を、自らの意思で放棄してしまっていると考えられます。
お子さんはご両親に育ててもらい、最も大切なこと、愛について深く学んでいると考えています。
神は公平であり、ハンディーを背負って生きて行くのに苦労が多い分、相応の成長がお子さんに与えられます。
あなたも人よりも苦労が多い分、大きく魂は成長しています。
そのことに気付かないでいると、気苦労が多くなり、好ましくない感情に支配されて、精神は疲弊してしまうと考えられます。
パニック障害は、不安や心配や怖れの感情が限界に達して発症したと考えられます。
不安や心配や怖れの想いは、真実(真理)を知らないために生じていたと思いますが、ご家族の愛により解放されたと考えられます。
この世の中に起こる出来事を解決するのは、広い意味での愛です。
愛を学ぶために、自然法則の働きによって、出来事が起きていると言っても良いと思います。
これからも、ご家族に起こる出来事は、ご家族の愛により解決されると考えられます。

2番目のお子さんはNPO法人作業所で自分なりに頑張っていて、3番目のお子さんは足の手術を受けて来年は就職なのですね。
長い間、人に言えないご苦労をたくさんされ、心配や不安に押しつぶされそうになった時期もあったと思いますが、生まれる前に約束したことを、だいぶ成就されて来ているのではないでしょうか。
本当に、ご立派だと思います。

返事の中で、「奉仕の機会が訪れたなら ためらずに受けて欲しいと願っているはずです」ありましたが、奉仕とはどんな形かと言うことですが、彼が生前から託されていたこととは知りませんが、私は今までの経験を通して学んだことを、人のために活かすことが、あなたのとって最善の奉仕だと私は考えています。
障がい児を抱えたご家族の人達と意見を交換したり、子育ての為にもう始めているようですが、それを発展させて行くことは、あなたにしか出来ない貴重な奉仕と考えられます。
これは私の意見であり、人が喜ぶこと、社会のためになることは、全て奉仕です。
愛を表現していることになり、あなたの魂の成長にもつながっています。
あなたにしかできない奉仕をして、成長している姿を見て、彼も喜んでくれると私は思います。

さゆり さんのコメント...

イクミ様
こんばんは さゆりです

いつも暖かいお返事を
ありがとうとございます

彼は 私のことを一番よく理解している
頼りになる家族と教えていただき
涙がでました

うれしいです
子供達のことはよく話していました
でも 私の ママ姿は みたことありませんが
今は 全てわかってますね 隠せませんね
ちょっと恥ずかしいです

怒ったり 一緒に笑ったり 泣いたり
よく 母に さゆりがいちばんうるさいのよ
と 子供達より こどもっぽいと言われいます

子供達と一緒に成長している
成長させてもらっていると思っています

子育ては 小さい頃は 体力的に 大変でしたが
楽しい思い出です そして よく小さい頃はねと
子供達二人に 話すのですが
なぜか すべて 笑い話になっており
一緒に 笑ったりしています

数日前 幼稚園 小学校と一緒だった
ママ友とランチに行きました

色々話すなか
彼女は 娘さんが 入学後 学校にいかれなくなり
2年生まで 毎日バスと自転車で送り迎えしていました でも卒業のときは 小学校の先生になりたいと
発表して 私も涙がでたことや
私の息子が 6年生の10月から 爆発したように
全てがいやになり
保健室に登校したり 毎日私が 先生と電話で話したり 全員の先生方が 心配してくださり なんとか卒業まで 休まずいかれた と
二人で 涙あり笑いあり で話しました

彼女が よかったね 卒業できて
そして 笑い話にもできてと 言ってくれました

本当によかったな
こんなに あの時のことを 明るく笑いながら
話せるようになったんだと
驚きました
そして 亡くなった彼にも あの時は
大変な渦中にいたときは 話せなかったけど
いつか 笑って あの時ねって
きっと話せるだろうなと いつも思っていたことも
思い出しました

いまは 彼は 全てわかってくれていると思いますが
私自身 大変だった時期も このように 客観的に
笑いながらも 思い返して話せるんだなと 驚きました
彼にも きいてた?こうやって話してたよね きっとと 想いをなげかけていました

息子は 発表会では だいぶ毎日緊張して
練習もしていたようで 行きたくない できないを
連発していましたが
当日 舞台で歌い 踊って セリフも少しあり 本当に楽しそうにやっていた姿に
涙がでました
先生が 毎日のノートに 輝いてみえました
とコメントしてくださったのですが その通りでした

以前からの 人がこわくみえるは
毎日訴えていますが
本人は 乗り越えたいんだょと 言っています

前より どうして あの人はこうしたんだろう?
怒っているのかな? など 自分なりに考えるようになってきました
相変わらず わからない 緊張する できない心配 不安は あるようですが
成長してるなと 感じています

子育ての肉体的な 大変さはだいぶなくなりますが
今は 二人の子供達の 気持ちに寄り添ったり
理解したり 私自身にといかけたりと
なかなか 難しいときもありますが
ママも考えてみたんだけど こう思うよと
真摯に 向きあっていきたいなと思っています

イクミ様から
夜寝る前に 色々なことを
わたしに
はきだし そして癒されねむりにつくと
教えていただき

なんでいま?と頭にくることも
ありましたが (今夜も 色々おもいどうりにならないことを 話してから ねました)イクミ様のことばをしっかり
胸に留めて 接したいなとおもいました
本当にありがとうございます

そして 長くなってしまいましたが
彼が亡くなる 2週間前 いつもと変わりなく
一緒にすごしていたのに 合えてうれしいと涙がでたり その日 家に帰ってからも 本当にまた合えて嬉しかった 今日は なんか心から そうおもう
ほんとに ほんとになんでか わからないけど と彼にも伝えていました

本当に今までにない こころに 魂に何かをかんじる
日だったことを なぜそう感じたんだろうと思いますがしたが イクミ様がおっしゃるように
私の魂は 知っていたんですね 最後だと

なぞがとけたようで ほっとしました
そして 改めて 頭ではなく 感覚でもなく
魂で感じることなんだなと
思いました

今日は 彼の誕生日です
子供達と ケーキをたべました
彼もすきなので
そして これから 楽しかったこと 最後に会った日を一緒に思い出してから ねようと思います

いつも 本当に色々と教えていただきありがとうございます

また色々教えてください

おやすみなさい


イクミ さんのコメント...

あさよ様

おはようございます。
仕事も辞めることになったのですね。
あなたには合わない仕事だったのではないでしょうか。
もっと、あなたに向いている、ふさわしい仕事がきっとあるはずです。
気を落とさないで、探して下さい。
生きる意味をなくしたと言われましたが、ご主人を亡くして悲しく、つらい思いをしていること、仕事で挫折を味わうことも生きる意味になっています。
出来れば避けたい経験が、あなたを成長させていて、成長こそがこの世を生きる意味です。
自分はダメだと言う想いはご主人に伝わり、励まして、慰めてやりたくなっているでしょう。
今まで歯を喰いしばって生きてこれたのだから、これからも何とかなる
まだまだ俺に会うのは先だ。
気を取り直して、次を考えるように
と、伝えてやりたいのかもしれません。

あなたには、ご主人がいつも付いていて、ここぞと言うときに導いてくれます。
そのことを強く信じて、前を向いて下さい。

イクミ さんのコメント...

さゆり様

おはようございます。
お二人のお子さんの子育ては、大変ですね。
小学校6年の時に、息子さんの想いが爆発してしまった時は、特に大変でしたね。

息子さんも、人が恐く見えることを乗り越えて行きたいと思っているので、あなたの姿を見ながら、これから少しずつ克服して行くのだと思います。
恐い想いを払拭して行くために、さまざまな経験をしながら、信じることを学んでいるのかもしれません。

亡くなる2週間前の出来事は、魂がシナリオを知っていたから、そんな言葉になったと思いますが、はっきりと頭で判ってしまったら、耐えられるものではないのでしょう。
神は愛であり、自分の想いを彼に伝えることを、許してくれたのだと思います。

出来ればお子さんたちと一緒にケーキを食べたかったでしょうが、誕生日を祝ってもらったように感じて、うれしかったでしょう。
彼は、あなたを通して日常を楽しんでいるような気がします。

さゆり さんのコメント...

イクミ様
こんばんは さゆりです
いつも 励まされるお返事を
ありがとうございます
うれしいです

私の仕事をしている受け付け 玄関は
ガラスばりで 外の通りの 桜並木が
目の前にみえます
先週までは 紅葉できれいでした

毎日 どんなに忙しくても
お客様が すくなくなり ほっとする時間があります

今日 お昼前のそんな時に まえの木をみて
先週は 葉が色づいてきれいだなと思ったけれど
ずいぶん 週末のあいだにおちたなぁと 少しボーッと思っていました

そんなとき 彼の 笑顔がうかんだわけではないのですが うれしい気持ち そしてよろこびいっぱいの想い 彼のしあわせに満ちあふれた 薄オレンジ色のイメージを なんといったらよいかわかりませんが
空いっぱいぐらいに 大きく 感じました

圧倒され うわーkさん うれしいんだ
と 想い すうーっと 私もその 幸福感に
近づいていくような 彼のところにちかづいて
いくのを感じ 私もうれしくなりました

一瞬でしたが 本当に彼のところに
わぁー合いたかったょと 引き寄せられていった
ようでした

仕事中 ボーッと目の前の並木をみながらのことでしたが きれいな薄オレンジいろのイメージと彼のよろこびいっぱいの気持ちと 引き寄せられ 合えたねとよろこびいっぱいの 私の気持ちは 忘れられません

亡くなる2週間前 涙がでるほど 合えてうれしいとおもい 彼をだきしめたのは 神様の愛なんですね
今日一日 ずうっと 神様の愛は なんて素晴らしく
うまく言い表せませんが 途方もなく 偉大で あたたかく 私達を 包んでくださっているのだなと
考えていました

その 合えてうれしいと 彼を抱きしめた何日かあとから ささいなけんかをして
私が不機嫌なり なぜか 彼が私のことを
気にしてくれてないんじゃないかと心配で悲しくなり 落ち着かない気持ちでした
普段なら すぐに気をとりなおして
いつも通りにもどるのに おかしいなと
自分で思っていました

亡くなる前の日の電話で 彼が「 どうしたの?さゆり 何かあったの? 」ときかれ
何も説明できなくて「 別に何もないけど」と答えると 「よかった 何かあったのかと思った」と彼が言い
今までは なにきにしてんの もうねてねと さらっとうけながすのですが え?っとおもいました

なんとなく あの心のざわつきの意味が今日 わかったような気がして ほっとしました
そして 教えていただいた イクミ様と
神様の愛に 感謝の気持ちでいっぱいになりました

彼は うんうんと笑顔でうなずいて すべてわかっているようですが

かれは 私を通じて 日常をたのしんでいるようなきがしますと イクミ様よりお伝えいただき
なぜか 私も生きることが 楽しく思えるように感じ楽しそうな彼が心に浮かびました

昼間のことがあり
今日はとても嬉しかったです

いつも 本当にありがとうございます
このように かれの魂を近くに感じることが
できるのもイクミ様のおかげです

また色々おしえてください

おやすみなさい



イクミ さんのコメント...

さゆり様

おはようございます。
私たちは目に見えるものに囲まれた世界で、目に見えない大切なものに気付くために生きていると言って良いのかもしれません。
ただ、何もないところでは何も得られるものはなく、人生の出来事、苦しく、悲しい出来事を経験を通して、気付くことが出来ると思います。
あなたは彼の死という最も悲しい出来事を通して、魂の存在、生命は続いていること、神の愛のありがたさなどに気付いたと思います。
彼が死と引き換えに、あなたに教えてくれた真実と言っても良いのかもしれません。

あなたは霊的な感性が高く、豊かな人であり、そのことを彼も喜んでいると思います。
これからも、楽しい時も、苦しい時も、彼と想いを共有して生きて行って下さい。
あなたの周りには、生まれた時から守り導いている存在(守護霊)もいますので、そちらにも彼と同様に感謝や愛念を伝えて下さい。

さと さんのコメント...

イクミ様 おはようございます。
さとです。

お忙しい中 お返事ありがとうございました。

『あなたにしか出来ない奉仕をして成長している姿を見て…』のお言葉を読ませて頂き
正直どんなことだろうと考えていました。

彼は生前 私に…
『筆を持ちなさい!筆を持つことで さとの御先祖が喜ぶよ!魂が上がるよ!』
と言われたので4月から書道教室に通っています。
元々、筆は好きで小学生時代にも書道教室に通っていたから
筆=魂向上と言われ少し嬉しかったです。

後、彼が生前に仏助け人助けの相談を受けられていたことに
私は間の取り次ぎを任されていたのですが彼と違い私には何の力も無いのですが
彼が亡くなられたにもかかわらず相談をされていた人達に
『生前、先生はさとさんと一心同体と仰られていたので今後も取り次ぎをして頂きたい!』
と言われて正直どうすれば良いのかと思っています。

私の独り言ですが彼との5年間は彼から霊的知識を学びそして仏助け人助けをすることで
私の魂の成長に繫げる為の時間だったのでしょうか…

現実、彼が亡くなられてからも毎日のように相談を受けています。
勿論、私に特別な力はありません。
私個人的な意見で対応していますが不思議と解決されているので
皆さんが言われるように彼が私の魂と一つになり
今も あの世からテレパシーを送られてるのかなと…

昨日また彼が夢に出て来ました。
昨日は笑い声だったので安心しました。

実は生前の彼は毎日毎日
『今日はどんな夢を見た?』『念を送ったけど匂いした?』と言われていたことで
気になったことがあります。
生前の5年の間で彼が夢に出て来たのは43回だったのが
亡くなられてから明日で四十九日ですが6回出て来られました。
数的には週一位ですよね?

勿論、夢に出て来られる時は何か意味があるのか分かりませんが
やはり肉体があった世界とは違い思念の世界に居るから出てこれやすいのでしょうか…

彼が言われていた匂いが亡くなられてからも毎日しています。
亡くなられた人がこの世の人に気付いて貰う方法に
匂いがありますよね?
彼は自分の匂いを生前から私に知っていて欲しかったんだと…

彼が生前に言われていた夢の話、念の匂いは今のことだったのかも知れません。
『夢に出て来た時、匂いを感じた時は今も傍に居て守っているからね!』って…

明日は彼の四十九日です。
イクミ様に繋げて貰えたことに感謝して彼に喜んで貰える生き方をすると約束しながら祈ります。

いつも お返事ありがとうございます。














イクミ さんのコメント...

さと様

こんにちは。
あなたと彼で、霊的な奉仕をされていて、今も毎日のように相談を受けていて、不思議に解決されているのですね。
彼から生前から任されていることがあると言われたのは、このことなのですね。

お話をお伺いすると、今も相談者と彼との間にあなたが入って、生前と同じ様に奉仕活動をしているように思います。
でも、彼は何故、霊界に移って同じことをするようになったのかを考えてしまいます。
これは私の考えですが、霊的な人助けをする上で、霊界にいる方が相談者の状況や対象となった故人のことが正確に判り、助言ができるのかもしれません。
でも、その助言を相談者に伝えるのには、この世の仲介者が必要であり、それがあなたなのかもしれません。
あなたと彼はとても親しい魂なので、無意識の内に彼から助言を受けることが出来て、それを相談者に伝えているのかもしれません。
これからの奉仕の準備期間が、これまでの5年だったのかもしれません。
彼の魂はこうなることを承知していて、あなたと出会い、霊的な知識を伝えていたのかもしれません。
このようなことは、客観的に立証できるものではありませんが、そう考えると話の筋が通るように思います。

亡くなってから彼が良く夢に出てくるのですね。
肉体がある世界よりも思念の世界に行った方が出て来やすいためではなく、何かを伝えたいのかもしれません。
あなたに霊的な奉仕をこれからも一緒に続けて欲しいのかもしれません。
そうであれば、あなたは霊的な知識を身に付けて行かなければいけません。
もう彼から教えてもらうわけには行きませんので、シルバーバーチの霊訓を熟読することをお勧めします。

彼に言われていた匂いがするのですね。
私も霊的な意識が高まっている時に、頻繁に匂いがしますが、霊的な存在がそばにいる1つのサインだと考えています。
「夢に出て来た時、匂いを感じた時は今も傍に居て守っているからね!」と言っていたそうですが、その通りに受け取って良いのではないでしょうか。
近いうちに、あなたに直接、想いを伝えてくれるのではないかと思います。

解釈に困ることや、疑問に思うことがありましたら、遠慮なく連絡して下さい。

さと さんのコメント...

イクミ様 こんにちは。
さとです。

お返事ありがとうございました。

今日は彼の四十九日…
ここに遺骨はありませんが我が家の仏壇で彼の好物を供え手を合わさせて頂きました。
彼は亡くなる数時間前
『みかんが食べたいし後で買うから覚えていてね!』と言っていましたが
口に出来なかったので今日、みかんも供えて上げました。

そう言えば『あの世に行ったら私の魂が分かるよ!』と彼が言っていましたので
私達が行ったらなのか彼が行ったらなのか どっちだったのか…
この四十九日が過ぎると何かあるのかなぁと、ふと気になりました。

話はガラリと変わり以前にもお話させて頂きましたが私は霊感があり
色んな土地、家、人との対応で凄い頭痛と嘔吐を伴ってしまい酷い時は
座ってることすら出来ない状態で生活に支障をきたします。

私の霊感は子供の頃からですが主人と結婚してから特に強くなりました。
主人の実家は九州地方の離島です。
その離島で私にある霊が憑依してしまい離島の住民が信頼されている祈祷師の所へ
私を連れて行かれた時のことですが祈祷師の口から次々と霊の存在を聞かされ
主人のご両親始め親族の人達も私の霊的現象に驚かれていました。
何故、私は霊感を持つようになったのか分かりませんが
結婚してから強くなったのは何か理由があるのでしょうか…

取り合えず今は彼から教わった霊的療法で乗り越えれていますが
生きてる以上、いつ何処で憑依されるかと思うと正直、不安です。

つまらないことで本当に申し訳ないのですが
イクミ様のお言葉をお聞きさせて頂きたいと思います。









イクミ さんのコメント...

さと様

こんばんは。
所用で返信が遅くなり申し訳ありません。

今日が四十九日なのですね。
みかんを備えてくれて、彼も喜んでいると思います。
お話をお伺いすると、あなたは霊媒体質なのですね。
ご主人の実家で大変な思いをされて、ご家族共に、霊の 存在を信じるようになったと思います。
結婚して霊感が強くなったそうですが、その理由は私にも判りません。
ただ、あなたが霊的な奉仕をすることが決められていたのならば、計画的に行われていると考えられます。
彼から憑依から免れるための、対処の仕方を教えてもらったのですね。
ご心配だと思いますが、何より大切なのは、正しい霊的知識を身につけること、正しい生き方や考え方をすることです。
彼や守護霊も、あなたを守ってくれていると思います。
奉仕の気持ちも、持ち続けて下さい、
大丈夫ですから、あまり心配しすぎないで下さい。

さと さんのコメント...

イクミ様 おはようございます。
さとです。

お返事ありがとうございました。
今朝また彼の夢を見ました。

凄くハッキリとした声で『今も神様の傍でお仕え頂いているよ!』と…
今まではこの世に居た時と同じような夢だったんですが
今朝の夢はあちらの世界での様子を教えてくれたみたいです。

昨日、イクミ様にコメントで私は不安ですと書き込んだのを彼が知り夢で
『心配しなくても大丈夫だよ!』って言いに来られたのでしょうか…

霊能者達はあくまでも、あの世とこの世の中間の取り次ぎ者ですよね?
一般的に言えば彼も神様から特別な力を与えられていた霊能者だったんですが
彼は岐阜県のある神社の神様の分け御霊を頂いていると言われていたので
あちらの世界でも神様の傍でお仕えされているのでしょうか…

もし本当に神社の分け御霊を頂いていた彼だったとすれば今更ですが畏れ多いばかりです。
いつも彼は『人は出会いで変わる!』『世の為!人の為!自分の幸せは最後!』と言われていました。
5年前、彼が現れてからの私は我が身よりも彼と相談者達の間を取り次ぐことで
魂を磨き成長させて頂いていたんだと…
彼は神様の傍でお仕え頂き私は彼から引き引き継いだ奉仕を頑張らせて頂く為にも
イクミ様のお言葉を賜りたいと思いますので これからも宜しくお願いいたします。

イクミ さんのコメント...

さと様

こんばんは。
彼が夢に出て来たのですね。
あなたが思われているように、自分たちがついているので、心配しなくても良いことを伝えたかったのではないでしょうか。

岐阜県にある神社を守護する霊と彼は親しい関係にあり、世の中のため、人のために、今まで共同で奉仕をして来たのではないかと思います。
彼と相談者の取り次ぐことは、あなたの魂を成長させると言う意図があり、この関係はこれからも続くと思います。
あの世とこの世に別れていますが、同じことを目的とした共同体であり、この奉仕はあなたの今生の使命として受け止めなければいけないと思います。
今のあなたに必要なことは、霊界にいる彼(霊団)を全面的に信じ、必要な霊的な知識を身に付けることだと思います。

さゆり さんのコメント...

イクミ様
こんばんは さゆりです
いつも 暖かいお返事 ありがとうございます

前回 イクミ様より
目に見えない大切なものに
気づくために 生きているといっても
いいのではと 教えていただき

なんとなくですが
色々考えています
神様の愛も 彼からの想いも 魂も
目にはみえませんが
今まで かれからうけとった思念 想い
暖かさ 人を慈しむ想いを
感じとれるようになったのは
本当に 彼が死と引き換えに
教えてくれたんだなと
イクミ様より お返事をいただき
改めておもいました

私は 子供の頃から 神様がいつもみていらっしゃいますよという幼稚園の先生のことばを 本当に信じきって 大人になり

キリスト教のキャンプでも 牧師さんが 色々なおはなしをしてくださり
そのなかでも 神様の愛は
どんな人でも どんな些細なことものにも とどき
平等に みていてくださる
そして どんな 困難 試練 があろうとも けっしてみすてないで いてくださるから そういう存在があるから
その大きな愛のなかで 次はこの困難かぁ
逃げないで うけとめよぅ というかんじに
なんというか 神様の存在があるから 失敗しても
もがき苦しんでも 多少みにくくても
大丈夫 神様の 胸をかりて という表現は変かもしれませんが 安心して 一つずつ試練に臨んでいこうと 歩んできたように 思います

それとどうじに いつも あれ?とか ふと思ったりきづいたり 気になったり
どうしてだかわからないけど

なぜだか 気になることもあり
あまり まわりに話す人 うんそうだねときいてくれるひとがいないのですが

中学から大学まで本当になかのよかった親友と
もちろん今もですが
そして亡くなった彼でした
彼女とは 本当に色々な話をして
楽しく 私の気づきを いつもきいてくれていました

彼は 木の葉の色きれい 桜のはなびらのいろ
月がきれい など 小さな美しさ 愛らしさ はかなさのような 私が気にとめるものを 伝えると そうだよねときいてくれて 写メや 彼の故郷の東北の景色の写真も さゆりにいつかみせたいと おくってくれました

私も 白がきれいだょね このお花
月みてね きょう きれいだょ など 送ったり


そのような 自然のなかの 一瞬の美しさにも
神様の愛が 何かがあるようにかんじていました

ただ 亡くなったかたの 魂というものは
考えたこともなく 祖母がなくなって はじめて
不思議な体験をして 「おばあちゃん」と 存在をしっかり感じましたが 彼の死後 イクミ様より 教えていただき 確信し 信じることができました

本当に 様々な 目に見えない存在 愛に 囲まれていきているんだなと イクミ様の前回の お返事を読ませていただいてから 考えています

その中で わたしに生まれたときから ついていてくださる 守護霊さまにも 彼 神様同様に 感謝をしてくださいと 教えていただきました

今まで 守護霊さまのこと まったく思ったことがなく 知らない存在だったので びっくりしました
きっと 今まで 見守り 気づかせてくださり
導いてくださっていたのかなと 考えています

イクミ様は 守護霊の存在をどのように 考えていらっしゃいますでしょうか?
教えていただけたら うれしいです

生まれた時よりということを伺い
私のことを 私以上に よく理解していてくださるのだなと ありがとうございますと ご挨拶状しました
そして いつもありがとうございますと
今まで 知らなくて申し訳ございませんという
気持ちになりました

見えない大切なものに 気づき素直に感じ 感謝して
生きていきたいなと 思いました

いつも 本当に色々教えていただき
ありがとうございます

おやすみなさい

イクミ さんのコメント...

さゆり様

おはようございます。
彼が亡くなって、あなたが改めて気付いたものは、どれも大切なものばかりです。
目に見えるものよりも、あなたが感じ取った彼の想いや、あたたかさや人を慈しむことの方が、はるかに大切です。

神は空の上から見守っている存在ではなく、自然法則となって顕現しています。
自然法則の存在する目的は、自らの元に導くためです。
人を愛することによって、みんなが1つになって行くのを、神は望んでいると考えられます。
彼が亡くなった結果として、あなたがあたたかさや人を慈しむことの大切さに気付いたのではなく、人智を超えた計画によって、あなたは気付くことになったと考えています。
このブログに何度も書いていますが、人それぞれに大まかなこの世での計画があります。
その計画が履行されて、あなたは大切なことに気付き、これからの人生で活かして行くことになると思います。
計画(シナリオ)は魂の奥に仕舞われて、あなたは知ることは出来ませんが、知っている存在がいます。
それが守護霊です。
守護霊は、この世の人がシナリオの通りに生きて、予定された魂の成長を得られるために付いています。
予定外の方向にいかないため、この世の人に危害が加わらないために、日々守り導いています。
この世の人に、想いを送ることによって、守り導いています。
今までに、何となく行きたくない、会いたくないと感じたことはなかったでしょうか?
そんな時は、高い視点から眺めている守護霊の導きによるものかもしれません。
ふと、何かをしなければならないと思いつくのも、守護霊からの思念に反応した結果なのかもしれません。
大切なことを学ぶために、人と出会わなければいけませんが、出会った瞬間、特別なものを感じさせる思念も守護霊は送っているのかもしれません。
しかし、あくまでも主体はこの世の人です。
さりげなく、気付かれないように、守護霊は導いていると思います。

以前の私も、守護霊の存在など信じていませんでしたが、今は意識しています。
時々ですが、お伺いを立てることがあります。
たとえば、〇〇についてどう考えれば良いのか?と、守護霊に投げかけると、間髪を入れずに答えが返ってきます。
頭脳で出した答えであれば、推論しなければならず、そのための時間が必要なので、思考とは明らかに違っています。

今まで意識しなかったと言うことですが、あなたは霊的感受性が高く、今までの彼とのやり取りを考えると、多大な守護霊からの導きを受けて来たと考えられます。
人生の節目には、働きかけがあったと思います。
守護霊を常に意識し、感謝していれば、これからもその恩恵に授かれると思います。

さと さんのコメント...

イクミ様 こんばんは。
さとです。

お返事ありがとうございました。
昨日も相談者の方々に夢のお話をさせて頂きイクミ様からのコメントも
みんなで一緒に読ませて頂きました。

主人に聞いて貰いにくいお話をイクミ様にとは凄く申し訳ないのですが
私と彼は一度も会ったことがなく携帯電話とメールのみの間柄なのに
何故こんなにも気になってしまうのでしょうか…

実は三番目の子供に
『お母さんにはお父さんが居るのに何で○○さんのことを、そんなに気にするの?』と聞かれ
凄く悲しくなって涙が止まらない状態でした。
勿論、家族全員 彼のことを理解しているのですが子供の言う通り現実生活上には
支障をきたすことも分かってはいるものの自分自身 分からない時があります。

以前にもお話させて頂きましたが彼と私は江戸時代の夫婦だったと…
仮に彼の作り話だとしても現代で現実一度も会ってない状態で
5年間一日も途切れないのも有り得ないと私は思いますが
やはり周りには到底理解しにくいことなのでしょうね…

5年の間で私は彼との価値観の違いで何回かやり取りを
終わる内容のメールを送ったことがあるのですが
その度に何処からともなく涙が次々と出て来るという状態でした。
『もしかして、この涙は彼の言う江戸時代の夫婦だった時の魂の記憶?』とも…
夜、彼の携帯にかけた途端『今日、泣いてた?』と言われたことが度々ありましたので
それからは私だけでも彼を信じて上げようと思い5年間が続いていました。

彼曰く『さとが嬉しい時は私も嬉しくなるし、さとが悲しい時は私も悲しくなるし
魂を通じてさとの思念が伝わって来るんだよ!』とも言われていました。
霊感はあるとはいえ まさか彼みたいな人とこういう形態で魂の成長をとは正直思いもしなかった…
『今起きてる出来事は全て意味がある!』
魂の成長の為とはいえ理解し難いこともあると思うので
イクミ様のお言葉で生きる力を与えて頂きたいと思います。

まだまだ彼のことで聞いて頂きたいことがあるのでこれからも宜しくお願いします。
では失礼いたします。

イクミ さんのコメント...

さと様

こんばんは。
初めにコメントを読ませてもらった時には、失礼ですが、あなたは彼に騙されているのかもしれないと思いました。
もし、人を騙すのであれば、何らかの利己的な目的があるはずですが、彼は純粋に人助けをしているようであり、それも見当たりません。
あなたの存在も、なくてはならないように感じます。
コメントを通して、状況を知るのに従い、お2人は奉仕の目的があって、霊的につながっていると思うようになりました。

あなたも頭では理解できない、深い部分でのつながりを認めざるを得なくなっています。
しかし、お子さんには到底理解出来ないことなので、おつらい状況にあるとお察しします。

人生が思ってもみなかった方向に進んで行くことがあります。
私も、宗教や神などとは一生縁がないだろうと思っていましたが、11年前にヒーリングの力が出現し、生活が一変しました。
今では、このような文章を書くのも、生まれて来た目的を果たす一環と思うようになりました。

あなたは彼ほど目的意識はないでしょうが、相談者のために奉仕することで、喜びや意義を見出して、彼とつながっている意味を再確認するように思います。

どのような形で奉仕をしているのか具体的には知りませんが、頭であまり考えず、無欲で、あるがままの自分でいれば、彼たちがあなたをこの世の受け取り主として、活かしてくれるのではないかと思います。

導かれるままに行動すれば良いのではないでしょうか。

あさよ さんのコメント...

いくみ様 ごめんなさい…寂しくて寂しくて私…駄目です。

イクミ さんのコメント...

あさよ様

こんばんは。
仕事が上手く行かなくて、つらかったですね。
こんな時ほど、ご主人にいてもらいたかったと思います。
ご主人が亡くなってから月日は過ぎていますが、あなたにとってご主人が全てであったという事実は、変わらないとお察しします。

寂しくて仕方がないあなたに、何か伝えたいことがあるのではないかと思い、主人に焦点を合わせてみました。
伝わってきたままに書きましたが、ご主人のものと保障するものは何もありませんので、ご了承下さい。

「お前がこれほどまでに、ずっと求めてくれるとは思わなかった
うれしいが、どうしても心配になってしまう
今いる明るい世界と、お前の置かれた現実とに大きな差があって、戸惑ってしまう
しばらく大変だったが、少しは楽になったかと思えば、自分のことを思い出してしまうんだな
お前のそばに行き、気持ちは何も変わっていない、何も心配しなくていいんだと言ってやりたい
お前は優しくて、何も決められないところがあるけど、そんなところが自分は好きなんだ
人はいつか死ぬ
ちょっと早かったが、お前もいつか死んでこちらに来る
人の何倍も涙を流したけれど、無駄にはなっていないんだ
自分のいない、この世の中を生きることに意味があるんだ
こちらに来るとそのことがはっきりと判る
姿が見えないからと言って、いないんじゃない
お前が心をもっと開いてくれれば、心の中に入って行ける
心の中が悲しみやいろんな気持ちで一杯になると、入って行けなくなる
寂しいだろうけど、お前とはいつも一緒だ
そのことが判ってもらえないのが、自分は寂しいんだ
お前との関係は、ずっと続いている
死んでからも続く
どうかそのことは判って欲しい
自分の代わりにいろいろなことをやってくれてありがとう
本当に良く頑張った
長い間、一人にさせてしまっているけど、迎えに行くから
お前と一緒じゃないと、どうもダメなんだ
こちらに来てから、お前のことが良く判るようになった
ダメに思っていたところほど、愛しいんだ

今度会った時には、どこにも行くことはない
ずっと一緒だからな、いろんな所に連れてってやる
みんなにも、元気にしていると伝えといてくれ」

さと さんのコメント...

イクミ様 こんばんは。
さとです。

お返事ありがとうございました。

やはりイクミ様も私は彼に騙されていると思われたのですね。
勿論、私本人も騙されていると思ったことは一度や二度じゃなかったので
そう思われても仕方がありません。

ですが、ご両親以外は全く知らなかった水子の人数を確実に当てられると
疑うことが出来ないのと私が頭痛、腹痛で寝込んでいると彼も調子悪くなり
私の様態に気付いては念を送ってくれ その都度、良くなっていたので
家族は勿論、相談者の人達も不思議だねと思うようになりました。

実は彼、元中高校の教師でした。
2年前からは大学院で臨床心理学の勉強もされていました。
とにかく時間を大切にされる人でした。

『さと!生きてることに感謝しようね!時間を大切にしなさいよ!今を大切に生きようね!』
『私は勉強が大好き!学びは生きる力だよ!どんな人物の本でもイイから沢山読みなさい!』
が彼の口癖でした。

今思えば彼が言っていた『時間を大切に!今を大切に!』とは
私との時間のことだったんでしょうか…

イクミ様にとっては気分を悪くならせてしまいますが
イクミ様のブログを読ませて頂いていると彼が言われていたことと殆ど同じなので
今になって彼には本当に申し訳なかったなぁと後悔しています。

こんな私の為に5年間一日も途切れず気にかけてくれ
今も あちらの世界から見守ってくれてることに感謝しかありません。

それと奉仕の形は勿論、私には何の力もないので何か気になることが
あれば私の家に来られたり遠方の人は携帯やメールで聞いて上げているだけです。
ただ私一人で判断が出来ない時は彼に問いかけ数日後、相談者の人にお話をさせて頂くと
不思議に解決しています。
雑談的な感じで…

私は近所のライフアートコミュニティで仕事をさせて頂こうと思い面接も終わっていたのですが
5年前 彼と出会い断念して今に至っています。
私の魂の成長にとっては彼と出会い彼から教わった霊的知識とイクミ様のお言葉で勉強しながら
相談者は勿論、道端で出会った人達にでもお役に立つことが使命なのかも…

今日の昼間30分程うとうと寝をしてたら、また夢の中で彼と何か会話をしていました。

つまらないお話を長々と聞いて頂いて すみませんでした。

イクミ さんのコメント...

さと様

おはようございます。
私もこのブログを通して、愛する人を亡くした人からコメントをいただき、いろいろなことを学んでいます。
別れる状況や関係は人それぞれですが、目的は共通していて魂の成長のためです。

あなたと彼は、男女の関係を超えたところで結び付いていて、お2人には大切な使命がありそうです。
それは悩める人に真実を伝えて、解放してやることだと思います。
あなたには霊的な力は何もなく、家に相談に来たり、遠方の人は携帯やメールで聞いて上げているだけで、彼に問いかけて数日後、相談者の人に話をすると不思議に解決すると言うことですが、それがあなたに与えられた奉仕の形なのかもしれません。
霊界にいる彼から、問題解決のためのインスピレーションを無意識の内に受け取り、それをお伝えするのがあなたの役目のような気がします。
相談者が喜んでいたり、助かっているのであれば、自信を持って、今生での使命として続けられて下さい。
あなたの喜びにもなり、成長にもつながっています。

もちろん、ご家族を愛することも、他に困っている人を助けることも、大切な奉仕であることに変わりありません。
1日中、成長の機会があると言っても良いと思います。

彼が亡くなって戸惑っているあなたに、彼(霊団)に代わって役割についてお伝えしているような気がしてなりません。
そのために、ここに導かれて来たと思います。
昨日の夢の中での彼との会話も、あなたに自覚を持たせるためではないかと思います。

さと さんのコメント...

イクミ様 おはようございます。
さとです。

お返事ありがとうございました。

最近は相談者の方々も各家でイクミ様のブログを読ませて頂いています。
私よりもイクミ様のお言葉でお力を頂けると思いますので…

お返事の中に『愛する人を亡くした人からのコメントをいただき…』のお言葉で
ふと ある男性のことを思い出しました。

その男性も彼と同じく私の魂の成長に気をかけて頂いていた人でした。
男性は私がまだ独身の時の知り合いだったのですが知り合って一年半後に
車の交通事故で亡くなりました。
後日聞いた話ですが救急車の搬送中に私の名前を呼び続けていたそうです。
それを機に私は死に対して凄く恐怖心を抱き始めました。特に突然死…
【会うは別れの始め】
輪廻転生する限り出会いと別れも繰り返さなければならないけど
親しい仲間、特に愛する人の死の悲しみは亡くされた本人にしか分かりません。
私もその一人です…

だけど愛する人との別れの悲しみの後、必ず安心感を得れる形があると私は悟れました。
これは私個人的なことですが男性は亡くなる一週間前、彼は亡くなる3ヶ月前と
二人共が私の主人に『さとを頼みます!』と言われていました。
この世に残された人にとっては凄く悲しいことですが、あの世へ行かれる人(魂)は
悲しい思い、苦しまないように自分の代わりになってくれる人物を用意されていると…

特にイクミ様のブログを読まれている方々は、きっと愛していた人に導かれていると思います。
私の場合、男性は主人と関わりがありましたので主人に、彼も主人にですが
主人は霊的知識に無関心なので改めてイクミ様のブログへと導かれたと思いました。

いずれ主人、子供達とも別れが来ますが男性の死、彼の死で私は沢山沢山、涙を出しその度に
魂の成長になっていたと思うので今を大切に生きています。

『嬉しい涙も悲しい涙も涙を出して人は強くなるんだよ!勿論、魂も成長するよ!』
と…いつも彼は言われていました。

私にとって予期せぬ別れでしたが
二人は分かっていたからこそ主人に私のことを言われていたと思います。
男性が亡くなる3ヶ月前
『来世は夫婦になれるよう神様にお願いしてるから○○○も頭に入れといて!』
彼も亡くなる3ヶ月前
『もしも私の方が先にあの世へ行ってもさとが来るまでちゃんと待ってるからね!』と…

本当は私も一人の時間になると凄く悲しくて苦しくて泣いています。
そういう時は彼が私の携帯に伝言メッセージを録音してくれていた声を聞いています。
そう言えば『声は会っているのと同じだよ!』
だから彼は生前に沢山の伝言メッセージを録音されていたのですね!!
『彼は今も傍に居てくれている!守ってくれている!』
と私が安心出来るようにしてくれていたのですね!
信じて頂けないかも知れませんが今このコメントを書き込んでいたら彼の匂いがしました。

それと不思議と四十九日が過ぎてから毎日のように彼が夢に出て来ています。
交わしてる言葉は分かりにくいのですが何故、毎日なのでしょうか… 偶然?
だけど彼はいつも『偶然は無い!なにもかも意味があることだよ!』
って言っていましたので少し気になっています。
分かりにくいと言うことは双方の魂が同調出来ていないからだと思うとそれはそれで悲しいです。

彼は毎日のように私の夢に出て来て何を言おうとされているのでしょうか…
今週辺りで彼の息子さんが彼の自宅の遺品整理をされに来る予定です。
もしかすると、そのことで何かを伝えたいのかと…

実は11月26日彼からの手紙らしき物を私が読んでいる夢を見ました。
彼の部屋(2階)のある場所に私宛の手紙があるとの内容でした。
あくまでも私の夢ですが…

彼の息子さんとは勿論、面識はなく連絡先も分からないので
取り合えず彼の地域の自治会長さんに息子さんが来られたら連絡頂けるようには
お願いしているのですが…

彼が言おうとされていることに気付いて上げれないけど
イクミ様のお言葉で何かしら気付けれることがあれは良いと思っています。

お忙しのに長々とすみませんでした。

イクミ さんのコメント...

さと様

こんにちは。
相談者の人達に、このブログを読んでいただいているそうですが、原点はシルバーバーチの霊訓ですので、(書店ではもう手に入りませんが)そちらも読むように勧めて下さい。

昔、知り合いだった男性が交通事故で突然亡くなったのですね。
救急車の中で、あなたの名前を呼び続けていたと聞いて、堪らない気持ちになったとお察しします。
身近にいる人が、若くして、二人も突然亡くなってしまうことはまれです。
お二人共、死ぬことを予期していて、ご主人に話をされていたのも極めてまれです。
彼だけでなくその男性も、霊的に親密な関係があるのかもしれません。

彼はあなたに霊的真理を伝えていたと思いますが、いま1つピンと来なかったのかもしれません。
霊的真理は、極めて貴重な知識ですが、それを受け入れる時期があり、心の奥深くにまで響く何らかの体験をして、魂が目覚めなければいけません。
このブログを読んでいただいている人の中にも、愛する人の死をきっかけにして、霊的真理を学び始めた人がいます。
彼の死によって、あなたに深い悲しみや苦しさをもたらしましたが、魂が目覚め、霊的真理を受け入れるための準備が整って来たのかもしれません。

お二人の死があって、今のあなたがいるのであり、前のコメントにも書きましたが、今生で与えられた奉仕をするために、全て計画されていたような気がします。
奉仕をするのに当たって、霊的な知識が必要ですので、最も信頼のおけるシルバーバーチの霊訓を読まれて下さい。
全12巻で、かなりボリュームがありますが、完読することをお勧めします。

彼の部屋にあなた宛の手紙があるという夢を見たのですね。
彼が連日のように出てきているのであれば、本当にあなた宛の手紙が存在し、そこに伝えておきたいことが書かれていると思ってしまいます。
確認をした方が良いでしょう。

さと さんのコメント...

イクミ様 おはようございます。
さとです。

お返事ありがとうございました。

今朝、彼の地域の自治会長さんから連絡があり息子さんと携帯会話が出来ました。
12月中旬頃と聞いていたので、もしかしたらと主人に話していたことがあります。
以前にも聞いて頂いたんですが彼と私は江戸時代の夫婦だったと…
『12月12日は江戸時代、私がさとにプロポーズした日なんだよ!』とも聞いていたので
まさか同じ日に彼の息子さんと初めて会話が出来るとは思いもしなかったので正直びっくりです。

息子さんも彼と同じく凄く嬉しくて『いつでも携帯かけて来て下さい!』と…
だけど『僕は霊的なことは信じない現実主義者です。』と言っていました。
今日、明日で片付けられるので夢の手紙のことは伝えさせて頂きました。

親子とはいえ一人一人の魂は違うから、それは仕方がないので…
とにかく息子さんを通じてでも何かしら彼が伝えてくれれば良いんですが…
今世の私達は一度も会えなかったけど ある意味、彼は自分の分身を用意されていたのでしょうか…

お忙しのに読んで頂きありがとうございました。

イクミ さんのコメント...

さと様

こんにちは。
息子さんと連絡が取れて、良かったですね。
あなたと彼は、江戸時代に夫婦であり、12月12日はプロポーズされた日なのですね。
私の信条としては、前世があるのは認めていますが、この世の人が前世を具体的に知るのは難しいと考えていますので、内容については認めていません。
ただし、霊的な成長に必要と判断された時には、明かされる場合もあると思っています。
日の一致は、あなたを信じさせる意図があり、霊界で計られていたようにも思えます。
霊的な奉仕のために必要と判断されて、彼には明かされていたのかもしれません。

彼の息子さんは、霊的なことを信じない現実主義者なのですね。
私がそうであったように、確かな証拠を見せ付けられるようなことがあれば、信じようになると思います。
けれども、彼は息子さんを通してではなく、あなたに直接伝えたいことを伝えているのではないかと思います。
あなたには自覚がないと思いますが、相談者の問題が解決するのは、そのためではないでしょうか。
言葉を超えた形で、無意識の内に、魂と魂で行われていると思います。

さと さんのコメント...

イクミ様 おはようございます。
さとです。

お返事ありがとうございました。

昨日に続き今朝も彼の息子さんと会話をさせて頂いたのですが
彼の遺骨は奥さんの自宅にあり彼が好きだった肉じゃがを奥さんは毎日、供えているみたいです。
生前の彼はよく『私の一番の好物は肉じゃがだよ!』って言われていました。
だから彼は今一番幸せを感じているのではないかと思います。…
それを聞いてから何故か彼への想いが薄れて来ました。勿論、凄く悲しいです(涙)
私との5年間は独りぼっちになった彼の寂しさを癒して上げていただけだったのかと…

本来の形、家族(最初から籍は入らず認知のみだそうです)の方々の所へ行かれたので
これは、ある意味もう私は彼との魂を同調しない方が良いのではと…
相談者の方々には申し訳ない気持ちですが私も生身の人間なので
正直どうすれば良いのか分からなくなっています(涙)

彼はどう思っているのか分かりませんが
今の彼は籍は入ってなくても息子を産んでくれた女性の魂との方が
同調しあえれていると思います。

彼の今の想いが知りたくて今日は朝から霊能者の方々を検索しているのですが
どうせ金銭だけで本当のことかどうか分からないだろうなぁと思いながら
何に対しても力が入らず、ただボーッとしてる時間を過ごしています。

つまらないお話をしてすみません。

イクミ さんのコメント...

さと様

こんにちは。
彼の息子さんと話をしたのですね。
奥さんが、彼の好きだったものを毎日供えていると聞いて、想いが薄れて来たのですね。
好きなものを供えてくれれば、彼も嬉しいでしょう。

このブログにコメントをしてもらう人の中にも、結婚をして子供もいる人と出会い、愛し合い、そして亡くしてしまった人がいます。
しかし、魂と魂の結びつきは、今生の家族よりもはるかに強い人たちばかりです。
彼と奥さんは、地上的なつながりだと私は思います。
一方、あなたは強い霊的なつながりがあると考えられます。
魂と魂の結びつきが、何よりも大切であり、彼が今まで伝えて来たように、お二人はしっかりと結ばれていると思います。
あなたと彼は男女を超えたところで結ばれているので、男女の関係から生じる感情に、流されてはいけません。

あなたが悲しくなるのは、この世の自我がそうさせています。
本当の自分(魂)は、使命や目的を自覚して、今生でそれを成し遂げようとしています。
感傷的になり、大義を忘れるようなことがあったら、後に大きな後悔をすることになります。

世の中で1番大切なことは、他者への奉仕です。
あなたと彼にしか出来ない、貴重な奉仕があります。
それが、今生のあなたの大きな成長につながって行きます。

5年間の日々は、独りになった彼の寂しさを癒して上げていたのではなく、あなたのこれからの成長のために準備されていた期間です。

彼から伝えたいことがないか、私も焦点を合わせてみました。
心の中に浮かんできたのは、「あなたの(自由)意志に全てかかっている」という言葉でした。
決断に、干渉できない場面であり、あなたがどちらに進んで行くのかを、彼はじっと見守っていると思います。

私は、彼(霊団)の想いを代弁しているようです。
迷わず、奉仕の方向に進んで行って下さい。
後は、彼に心を開いて、任せていれば良いのです。

さと さんのコメント...

イクミ様 こんばんは。
さとです。

お返事ありがとうございました。

勿論、イクミ様はイクミ様!彼は彼!ですが
私の考えすぎでしょうか『あなたの(自由)意思に全てかかっている』の所が
彼の声で『さとの(自由)意思に全てかかっている』と言われているように聞こえ涙が止まりませんでした。

それと もう一つは奥さんは私と彼のことを知られ息子さんは息子さんで
『これからは僕で良ければ、いつでも携帯かけて来て大丈夫ですよ!』と言われたのは
彼の魂、想いが関係しているのでしょうか…
周りの人は『普通なら有り得ないこと!』と…

5年間、彼との関わりに対して私の家族は理解してくれ
今回は彼の家族までも理解してくれて不思議なことばかりです(涙)
イクミ様の仰る通り彼と私は男女を超えたところで結ばれているんですね。
いつも彼は『さと!もっと自分の魂に自信を持ちなさい!』と言われていました。
不思議と今日のイクミ様のお言葉は彼からの言葉のような感じがしました(涙)

彼は息子さんを通して私と会話をされているみたいです。
昨日、初めて息子さんと会話した瞬間、声、優しい言葉、話し方が彼と似ていたので
心の中では泣きながら会話をしていました。

有り得ないことですが一度も会ったことがない彼に不思議と恋愛感情を抱いてしまってたので
イクミ様の『彼と奥さんは地上的なつながりだと私は思います』で少しホッとしました(涙)
勿論、主人と家族には感謝しています。

こんな私が奉仕をすると八百万の神様が叱責されるのではないかと思うばかりです…
その為にもシルバーバーチの霊訓を読ませて頂きます。

いつもイクミ様のお言葉には感謝しています。

イクミ さんのコメント...

さと様

こんばんは。
あなたの意思に全てかかっているという言葉は、私を通して彼が伝えたかったことだと思います。
奉仕の方向へ進んで行くのを決めるのは、あなた自身であり、彼も祈っていると思います。

彼の息子さんが、携帯をかけて来て大丈夫と言ったり、あなたの家族が彼との関係を理解してくれているのは、確かに通常はあり得ません。
とても大切なことをお2人でしているのを認めていて、霊界の働きかけで協力するように計られているのかもしれません。
恋愛感情に流されてしまうと、不要な想いが生じて、お2人の間の障害となってしまいます。
男女の関係よりも、もっと深いところでかかわり合っていることを、常に意識して下さい。

奉仕をしながら、学びながら成長して行くと思いますので、焦る必要はありせん。
彼があなたに伝えて来たことは神道に近いもので、シルバーバーチの霊訓と微妙に違うように感じるかもしれませんが、根底にあるものは同じだと思います。
一番大切なのは奉仕であり、愛です。

何か判らないことがあれば、遠慮なく聞いて下さい。

匿名 さんのコメント...

初めまして。みさと申します。

今年の7月に主人を交通事故で亡くしました。49歳でした。
こちらはバイク、相手は車で、主人には全く落ち度のない事故でした。

主人の死後、当初は夜になると手を握ってくれたり、フワッと抱きしめてくれたり
主人の存在を身近に感じていましたが、最近はほとんど感じなくなってしまいました。

ここ1カ月くらい前にイクミさんのこちらのブログを見つけ
お陰様で勝手に毎日励まされていました。

そして、イクミさんが他の方にアドバイスされているのを読んでは
自分に言われているかのように胸に刻みながら過ごしてきました。

私達には子供が3人おり、上二人は大学受験と高校受験を間近に控えており、
下は中学1年生です。
二世帯住宅で階下に主人の両親が住んでおり、仲良くやっている方だと思います。

主人は出張の多い人で1年の3分の1は家におりませんでしたが
その分、家にいる時は休みの日はもちろん、仕事がある日でも時間を作っては
出来ることを一生懸命探し出して

ある時は電気修理屋さん、自転車屋さん、大工さん
シェフ、私の職場までの運転手、子供の野球のコーチ、色々な顔を見せてくれた
本当に家思い、家族思いの人でした。
子供たちの事も可愛がっていましたし、私も本当に大事にしてもらったと思っています。

そんな主人が突然この世からいなくなり、もう少しで半年が経ちますが
今まで経験したことのないような苦しいほどの悲しみの中、とにかく子供たちの為に
1日も早く私がしっかり頑張らなくちゃ!とどうやったら元気になれるのか模索しながら

グリーフケアを行っている集まりに2回、それぞれ主催先が違うところに行ってみたり
あの世の方とコンタクトの取れる方に会いに行ってみたり
シルバーバーチの霊訓を読んでみたり…(まだ継続中です)
自分の中で出来ることをしてはいるつもりなのですが
恥ずかしながら、今また、振り出しに戻ってしまいました。

結局のところ主人はこの世にはいない。
あの世で会えるのはいつの事だか、まだ先ではないか。
会いたい、会いたい・・・。

子供が学校に行くと、下に住む義父母に聞かれないように泣いて
子供が帰って来たら笑顔で出迎えるようにしていますが
最近は子供がいても急に泣けてきてトイレやお風呂にこもったり
していますが、子供たちは見て見ぬふりをしてくれていると思います。

それが本当に申し訳なくて、いよいよ子供たちの受験も差し迫ってきており
不安な気持ちでいる二人を励ますはずの私がこんなんでどうする!?と
情けなくなります。

でも、どうにも自分一人では這い上がれなくて
イクミさんにコメントを送らせて頂く事にしました。
悲しみに暮れていると主人の思いが伝わりにくくなってしまうんですよね?
ただ、イクミさんに早くコメント送らなくちゃいけないって
主人にもの凄くせかされているような気持ちがしています。
(思い込みかもしれませんが)

こんな私に何かご助言を頂けたらありがたいです。
どうぞ、よろしくお願い致します。

イクミ さんのコメント...

みさ様

初めまして、イクミです。
あまりに突然の出来事で、まだ信じられない気持ちで一杯だとお察しします。
交通事故は、全くの偶然のように考えられますが、ご主人のように愛情深く、申し分のない人が亡くなれば、予定通りのこの世を卒業したと、つい思ってしまいます。
日々、精一杯生きてきた人なのですね。
時間を無駄にすることがなかったのは、ご主人の魂がこの世にいる時間が少ないのを知っていたからなのかもしれません。

ご主人は亡くなってしばらくの間、手を握ったり、抱きしめてくれたのですね。
愛する人の傍にいようとするのは、自然の成り行きです。
それを感じることが出来て、本当に良かったです。
最近、感じられないのは、ご主人の体(霊体)がより精妙になったため、あなたが感識できなくなっているだけかもしれません。
あなたやご家族への想いは、全く変わっていませんので、傍にいるはずです。

人生最大の試練が、今、訪れていると思います。
お子さんの受験が間近に控えていて、しっかりするよう努めているのですね。
あなたに起きている現実を考えると、いくら頑張ろう、元気を出そうと思っても、限界があると思います。
お子さんたちは、お母さんとお父さんが愛し合っているのを知っているので、笑顔でいても、心の中は判っていると思います。

お子さんの1人1人に、お父さんが早く亡くなった意味があるはずです。
この世に生まれて来たのは、さまざまな出来事により、自分を成長させるためなので、このつらい出来事により、お子さんたちはより大きく成長して行くと思います。
そして、お母さんを中心として、ご家族の結束を強くさせて行くと思います。

あなたがどんなに願っても、何をしても、ご主人はこの世に帰ってきません。
しばらくの間は、悲しみや苦しみと共に生きることになりますが、この状況があなた(魂)を今までになく強く成長させています。
信じられないでしょうが、凶事に思えることが魂を目覚めさせ、この世に生まれて来た目的を成就させています。

あなたの大好きな、優しいご主人が何の理由もなく、この世を去ってしまうわけがありません。
お互いの成長のためにどうしても、先に去らなければいけなかったと思います。
人生はこの世で終わることなく、ずっと先まで続いて、ゴールはないと言われています。
永遠の人生の中で、あなたはこれ以上ない悲しみを通して、この経験でしか学べないことを魂に刻み込んでいると思います。
別れを通して、この世界で1番大切なものは何かを学んでいます。

ご主人が肉体は失われましたが、ご主人の愛まで失われてしまったわけではありません。
体を使って表現することは出来なくなりましたが、あなたの魂に直接、想いを伝えることは出来ます。
悲しみなどの感情に捉われずに、心を鎮めて下さい。
外に向かって心を開いて、ご主人の想いを受け取って下さい。

ご主人に焦点を合わせてみました。
強い想いを感じていましたが、その想いを上手く言葉として表現出来ているか判りません。
また、ご主人からのメッセージと保証するものは何もありません。
ご主人からのものであれば、当たり前でしょうが、ご家族のことが心配のようです。
今はそうであっても、月日と共に想いは変わって来ます。
それは、あなたも一緒です。
目に見えませんがご主人は傍にいて、今までと同じ様に家族だと思って欲しいのです。


「本当にびっくりした。
やり残したことがあるので、出来るならば戻りたかった
お前の悲しむ姿を見るのはつらい
全部、俺のせいだと思ってしまうからだ
みんなが喜んで欲しくて、俺は生きてきた
それが悲しませることになってしまい、すまないと思っている
この世に未練がないと言ったらうそになる
もう1度、この手で抱きしめてやりたい、みんなと一緒に食事をしたいし、遊びにも出かけたい
みんなに伝えたかったことも、たくさんある
大人になるまでは、傍にいてやりたかった
お前にどうしても伝えたいこと、言えなかった気持ちを判って欲しい
良い家族を持てて、幸せだった
お前がいたからだ
感謝している
みんなのことを、今でも家族だと思って良いだろう
これまで大切にしてきた家族を、これからも大切にして行きたい
これはお願いだ、いなくなったと思わないでくれ
いつも一緒にいる
俺にも話しかけて欲しい
お願いもしてして欲しい
頼りにもして欲しい
だって家族だろう
どうしても伝えれらないので、何とかした
みんなのことが大好きだ
どこにも行っていない
一緒にいることを信じて欲しい」

みさ さんのコメント...

イクミさん、昨夜はお忙しい中、返信をありがとうございました。
今も、震える思いで何度も読み返しています。
何て言葉にしたらいいのか、本当に心が震えるくらい嬉しい気持ちでいっぱいです。

イクミさんを通して伝えて頂いた主人からのメッセージ…あれは、間違いなく主人そのものでした。
ここ数日の「イクミさんにコメントしなくてはいけない」と渇望する思いや
昨日に至っては「早く、早く!」と本当に主人にせかされているようなあの感覚は
「もしや!」と思う反面「いや、まさか」とも思っていましたが、やっぱり本当に主人からのものだったのだと
確信に変わりました。
実は、イクミさんにコメントを送らせて頂いた直後から、まだイクミさんからお返事を頂いてもないのに
ここ数日のあの暗く沈み切った気持ちが嘘みたいに見事に軽くなったんです。

私が最近泣いてばかりいるのをいたたまれない思いで見ていて、主人が導いてくれたという事なのでしょうか。
主人がイクミさんを見つけて私に導けるなんて、どうなっているのか不思議でなりませんが
本当に驚きと喜びと感動でいっぱいになりました。

イクミさんからのコメント、主人からのメッセージを次男と一緒に読んだのですが、次男は泣いていました。
しくしくとしばらく泣いていたと思ったら、そのままスーッとソファで眠ってしまいました。
シルバーバーチの霊訓を拝読しますと寝ている間はあちらに行っているとの事なので、もしかして
今頃会っているのではと思い、しばらくそのままにしておきました。
上二人にも読んでもらい、父ちゃんからのメッセージを忘れないよう、胸に刻むよう話しました。

私がシルバーバーチの霊訓から知り得た話を普段から時々聞いている3人は感受性が強い方なので
読んだままの内容をそのまま理解してくれたものと信じています。

「時間を無駄にすることがなかったのは、ご主人の魂がこの世にいる時間が少ないのを知っていたからなのかもしれません」
「あなたがどんなに願っても、何をしても、ご主人はこの世に帰ってきません。」
このイクミさんからのお言葉は今の私には大変辛いものではありますが

「ご主人が何の理由もなく、この世を去ってしまうわけがない。」
「この世に生まれて来た目的を成就させている。」
これを必死に胸に刻み込んで生きて行こうと決意を新たにしました。

そして、ともすると、すぐに忘れてしまいがちな「主人は一緒にいてくれている」事を信じて
これからも主人を頼りにしながら、家族として一緒に過ごして行きたいと思います。
頼りにしていいんだと思ったら、こんなに嬉しい事はないです。

実は、イクミさんからのお返事を読んだ後からなのですが
主人からの言葉と思えるようなものが心に浮かんでくる感覚がある気がするのです。
特に昨夜は凄い感覚でした。思い浮かぶ言葉はとても短いのですが、数ある中から幾つかあげると

私「こんなこと(心の中での会話)ができるの!?」→主人「びっくりだよな」
私「私はどうしたらいい?」(毎日の生活に対して)→主人「美味しいご飯作って笑顔で待ってあげればいい」
私「・・・。」                 →主人「もう寝た方がいい」
私「いや、でもホントにすごいね。会話できる事」 →主人「ばんざい」

今も半信半疑ではありますが、自分でも驚いています。
主人の「もう寝た方がいい」は、確かに気づいたら深夜1時を過ぎていて
夜更かしする私に生前主人がよく言っていた言葉だったと思い返しました。

本当は踊り出したいくらい嬉しくて友人に話したいところですが、こんな事信じてもらえないでしょうね。
こういう霊的な話に抵抗のある方が非常に多く、話したところで、みんなのひややかな反応が目に浮かぶので
胸の内にしまっておくことにします。

でも、シルバーバーチの霊訓をもっともっと子供でも分かりやすく挿絵付きの簡単な一冊の本にして
当たり前のようにみんなが読み、当たり前のように受け入れる時代が来るといいのですけどね。

イクミさん、言葉では足りないくらいなのですが、この度は本当に心から救われた思いです。
本当に、どうもありがとうございました。

追伸:イクミさんのお言葉の中に「体(霊体)がより精妙になったため、あなたが感識できなくなっているだけかもしれません」とありましたが、それはどういうことなのでしょうか?
ごめんなさい、まだまだ勉強が足りず無知で申し訳ないのですが、「より精妙になる」というのはどういうことなのか教えて頂けますか?
もっともっと精妙になったら主人からの想いも感じられなくなってしまったりしないですか?

イクミ さんのコメント...

みさ様

こんにちは。
ご主人からのものと確信していただき、うれしいです。

ご主人も向こうの世界に慣れて、この世の人に想いを伝えられるようになったので、悲しみに打ちひしがれるあなたをこのブログに導いたと思います。
少しでも早く伝えたかったので、あなたを急かしていたと思います。
ブログにコメントを投稿した直後に、心が軽くなったのは、あなただけではないと思います。

ご主人は思念(想い)を地上のあなた(魂)に吹き込むと、あなたは何となく気なったり、興味を持ったりします。
そして、ここに書き込むと、良いことあるかもしれないと、あなたに思わせるような思念を送っていたような気がします。
自分の思念で、あなたの思念を操作して、誘導していたと思われます。

あなたのコメントを見て、導かれているのを感じましたので、ご主人に向かい、「私でよろしければ伝えて下さい」と想いを投げかけました。
霊的なエネルギー(存在)を感じていましたが、しばらくの間は心の中に言葉が生まれて来ませんでした。
少ししたら、「本当にびっくりした」から始まりました。
メッセージを書いていて、まだこの世のあなたたちに未練があるのが判ったので、もっと悲しませることになるのではないかと心配していました。
でも、考えてみれば、あまりに急だったので当然であり、私がご主人の立場だったら、同じ想いになるでしょう。
時の経過と共に、あなたの想いと呼応しながら、ご主人の想いは変わって来ると思います。

ご主人からの言葉と思えるようなものが、心に浮かんでくる感覚があったのですね。
ご主人の存在を確信し、あなたを取り巻いていた悲しみのオーラがなくなったので、障壁が取れて魂と魂がようやくつながったと思います。
おめでとうございますと、言わせて下さい。
何となく感じていたものが、はっきりとしたと思います。
これからは、あなたに直接、伝えて来るでしょう。
他の人に話したら、信じてもらえず、悲しみで頭が変になってしまったと思われてしまう可能性が高いです。
でも、この先、あなたと同じ様な境遇の人に出会うことがあったら、真実をお伝えして下さい。

交信する条件は、ご主人の存在、変わりなく愛されていると、心から信じること。
そして、あれこれ考えず、感情にも捉われず、心を空っぽにすることです。
心に浮かんできたことを、自分の考えと思ったり、気のせいにしてしまうと、ご主人が可哀想です。

シルバーバーチの霊訓を、子供でもわかるような、絵本のようなものがあれば本当に良いですね。
みんなが小さい時から当たり前のように知っていれば、戦争はなくなり、きっと天国のような世界になるでしょう。
真実のありかを、一人でも多くの人に教えてやって下さい。

ご質問の件ですが、この世の人は魂で生まれた想い(思念)を、肉体で表現しますが、死んで肉体がなくなると霊体で表現するようになります。
あの世に行った直後は、幽体で表現しています。
幽体は物質的な要素(波動)を持っているので、五感によって感識出来ることがありますが、しばらくして幽体を脱ぎ捨てて霊体になると、目に見えなくなると考えられます。
ご主人は霊体で表現するようになったので、五感で感じなくなったのかもしれません。
ご心配されているようですが、想いは魂から生まれているので、愛がある限り、感じられなくなってしまうようなことはありません。
でも、この世の人の魂の成長にとって大切な決断をする時には、干渉できないと言われています。
あなたの成長のために、あえて沈黙を守らなければならない時があることも、知っておいて下さい。

みさ さんのコメント...

イクミさん、お返事ありがとうございます。

私がこちらにコメントするように主人が自分の思念で私の思念を操作して誘導したというのは、この世にいる身には計り知れない事ですが、主人が私の知らないところでそんな努力をしてくれていたなんて、手を焼かせて申し訳ないですが、とても嬉しいです。

主人が私たちに未練があるというのは、私としてはやはり嬉しく思ってしまいます。いつか主人がこの時期に逝かなくてはいけなかった意味を知り(もう分かっているのかもしれませんが)、あの世で色々と学び、どんどん遠い人になってしまうような気がして、主人の為にはそうでなければいけないのでしょうが、淋しいです。

でも、きっとイクミさんがおっしゃるように、主人だけでなく私自身も一緒に色々と学んでいき、今のまま全く変わらないという事はないのでしょうね。共に変化、成長していくという事ですよね。

主人からの想いをせっかく感じ取れる時もありながら、イクミさんが指摘されるように、ついあれこれ考えたり、これは自分の気持ち?と少し邪念が入ってしまうと何となく何だか曖昧になってしまいます。でも、昨夜の入浴後も脱衣所でぼーっとしていた時に主人を感じることが出来ました。

こんなに嬉しい事がありながら、姿が見えない、声が聞こえない、身体に触れられないのは、ついどうしてもやるせなく淋しくなってしまいますが、そう思って私がいつまでも悲しむ事は主人をがっかりさせてしまいますね。主人を、いつまでも家族の、大好きな主人の事を信じていこうと思っています。

イクミさん、本当に丁寧に色々教えて下さって、ありがとうございました。
感謝の気持ちでいっぱいです。


イクミ さんのコメント...

みさ様

こんばんは。返信が遅れて申し訳ありません。
ご主人には肉体がありませんので、五感に触れる形ではなく、あなたの魂に働きかけています。
あなたは、お子さんたちと共に、これから学びながら、大きく成長して行くと思います。
それが、ご主人が早く逝った1つの意味だと考えるからです。

ご主人の想いを感じ取るポイントを書くのを忘れていました。
難しいのですが、想いを求めないことです。
投げかけて、そっと無心で待っているのが良いと思います。
何日か経ってから、タイミングを見計らって返して来ることもあると思います。
返してくれたことに気付かずに、無意識の内にご主人の想いの通りにあなたが行動して、導かれている時もあります。

ご主人が五感で感じられない、やるせなさや淋しさは避けられませんが、この経験があなたにとって必要なものだったと気付く時が来ます。
ご主人とのつながりは、あなたが信じて、愛している限り絶たれることはありません。
見えないけれども、ご主人と共に生きているのです。

あさよ さんのコメント...

いくみ様
大変ご無沙汰して申し訳ありません。主人の存在を感じて心を静かにして主人と会話しております。新しい仕事も始めました!
寂今回は主人が大丈夫だと 言ってくれたような気がして頑張れと
いくみ様
愛しい気持ちを少しですが前向きな気持ちになれるようになりました。

私…主人との思い出に生きてみます。

おかしいですか?
いくみ様
ありがとうございます
こんな 私ですがよろしくお願い致します

イクミ さんのコメント...

あさよ様

こんばんは。
ご主人の想いが直接あなたに届けられていると聞き、驚くと共に、とてもうれしいです。
信じる気持ちが、神に通じたと思います。
あなたが信じる気持ちを持ち続けている限り、ご主人とのパイプが途切れることはありません。
信じるほどにパイプは太くなって行くと思います。
伝えて来たことも、信じるようにして下さい。

長い間、本当に悲しくつらい日々を過ごされて来ましたが、その日々であなたは少しずつ強くなり、成長して来たと思います。
ご主人に頼らなくても生きて行けるほどになったので、つながったのかもしれません。

おかしいことは全然ありません。
あなたの成長の証であり、素晴らしいと思います。

ご主人との関係は、生前と変わりなく継続しています。

あさよ さんのコメント...

いくみ様早々のお言葉ありがとうございます…私…幼い頃から亡くなった人とふっと不自然な形で出会うことがありました
たとえば 母が流産してしまった兄
私は不思議な体験をしました。
ここで お話するのは長くなるのでいつかお話します。いくみ様
私は身内の死もたくさん体験しました、同僚、友人も私は そういう運命なのでしょうか?時々考えてしまいます…

生かされている私
きっと 意味があるのでしょうね
いくみ様にお会いしてたくさんお話したいです。
そんな機会ができますよう頑張ってみます。ありがとうございます(’-’*)♪

イクミ さんのコメント...

あさよ様

あなたは霊的な感度が高い人なのですね。
身内や知り合いの人を、たくさん亡くされたようですが、1つ1つの別れは、この世に意味があって生かされていること知る目的があったのかもしれません。
その目的は、魂の成長以外にありません。
自分の弱いところを、強くして行くのです。
悲しみを経験して、人に優しくなって行くのです。
また、機会があれば話をしましょう。

あさよ さんのコメント...

いくみ様
ご無沙汰しています。
2月から仕事をはじめて今日までやれています。

母の世話もそれなりに出来ています。
亡き主人を思わない事はありませんが 生きる意味が現在の私…なんだと 実感しています。

先日 亡くなった弟と主人が会いにきました
勿論感じただけですが
ふっと …目を覚ますとそこに二人が
とても 寂しいと伝えると俺たちもだょと
でも 笑顔で いつもそばに居るょと

こんな話をおかしいと思われるでしょうが?
確かに経験しました。
いくみ様
私の人生はある意味終わっていますが
弟、主人が叶えられなかった色々を私を通して行っているんだと
寂しくて悲しい日もありますが
いくみ様にも言って頂いたようにいつも 側に居ることを
感じ生きていきます。

愛する人を失った思いは解決はできませんが
なんとか 生きてみます。
いくみ様
これからもよろしくお願い致します。

貴方に出会えて本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

イクミ さんのコメント...

あさよ様

おはようございます。
返信が遅れて、申し訳ありません。

いろいろありましたが、仕事が続けられているようなので、良かったです。
お母様のお世話も大変でしょう。

ご主人と弟さんが会いに来てくれたのですね。
寂しく、悲しく思いながらも頑張って生きているあなたの姿を見ていて、励ましに来てくれたのでしょう。
いつも傍にいるのだから、本当は寂しくないんだよと言いたいのでょう。
現実に起きたことなので、おかしくも何ともありません。

弟さん、ご主人が叶えられなかったことをあなたを通して行っていると言うことですが、あの世でお二人とも喜んでいると思います。
もっと、ご主人に頼ってみてはどうでしょうか。
あなたの魂に想いを届けて、励ましてくれたり、良い回答を授けてくれるでしょう。

愛する人を失った思いは解決は出来ませんが、年数が経ても変わりない思い持ち続けられる人と、この世で出会えたあなたは幸せです。
悲しい思いをした分、愛を深く学びながら魂は成長しています。
再会した後には、より深い愛でご主人と愛し合う、幸福な生活が待っています。
幸福な生活のために、今、つらい思いをしながら生きているのです。
その時までの年月は、決して短いとは言えませんが、確実にやってきます。
ご主人がいないこの世界を生きるのは本当に苦しいでしょうが、また一歩近づいたと思いながら、新しい朝を迎えましょう。