2017年11月12日日曜日

愛は魂を引きつけ合う力



月が地球の周りを回っているのは、両者の間に万有引力が働いているからです。

もし、引力がなくなれば、月は周回軌道を外れて、宇宙のかなたへと飛んで行ってしまうでしょう。

目に見えない力が、地球と月の間に働いているのを、疑う人は誰もいません。



この世で人を引き付ける力を持っているのは何でしょうか。

ある人にとっては、それはお金かもしれません。

あるいは、名声や権力であったりします。

美貌も、そうかもしれません。

それらに引き付けられて集まって来た人は、対象を失ったとたんに離れて行ってしまいます。



人と人を引き付け合うものは、それだけではありません。

それは愛です。

愛は、人と人を引き付け合う引力のようなものと考えられます。

磁石のS極とN極が見えない力によって引き付けられるように、魂と魂は目に見えない愛によって引き付けられます。



なぜ、愛によって人は引き付け合うのでしょうか?

愛は1つになろうとする、神の力と考えられるからです。

もともと1つであったものが別れて、愛によってまた1つになって行く、それが神の意志と思います。



ところで別れって何でしょう?

もしも、親しくしていた人が何かの事情で遠くに引っ越してしまえば、それは別れであり、寂しいものです。

しかし、今は携帯電話があるので、声を聞きたければ、直ぐに聞くことが出来ます。

交通手段が発達しているので、また会おうと思えば、いつでも会うことが出来ます。



そばにいれば、別れはないのでしょうか?

目の前にいたとしても、別れていることはあります。

人と人の間に親愛の想いがなければ、鉄と鉄を近くに置いても引き合わないように、魂を引き付け合う力は働いていません。

いくらそばにいても、霊的には無関係です。



死は別れを意味するのでしょうか?

死んで姿は見えなくなっても、別れていません。

確かに死んでしまえば、見ることも、話すことも、触れることも出来なくなります。

携帯電話やメールをしてもつながらず、世界中どこを探しても、その姿は見つけられません。

けれども、愛がある限り別れはありません。

人の本質は、目に見える肉体ではなく魂です。

死んで見えなくなっても、魂は変わりなく存在しています。

この世とあの世の魂から放たれる愛という霊的な力により、両者は生前と全く変わらずに結ばれています。

あの世の人は、そのことが良く判っています。

残念ながら、この世の人には実感がありません。

実感がないので、魂なんて存在しないと思うのであれば、自分から別れを告げていることになります。



愛は、お互いを引き付ける力だけなのでしょうか?

それ以外にも、魂を良い方向に変えて行く力を持っています。

イソップ物語の「北風と太陽」の日差しのようなもが愛であり、他のどんな力によっても変わらない人(魂)が、愛によって変容します。

愛を受けて、自らにも愛が湧き上がり、それを外に向かって表現したくなります。

愛は愛を表現する衝動を起こさせる力であり、表現することによって魂は成長し、変容して行きます。



あの世の魂から愛が放たれ、それがこの世の魂に伝わり、魂のありさまを変えて行きます。

伝わってくる愛により、悲しみは癒され、生きる力が生まれ、心に光が灯ります。

一瞬にして、心境を変化させる力を秘めていますが、五感を超えたものなので、この世の人は無意識の内に伝えれていることに気付けません。

しかし、あの世の人は返してもらおうと思ってはいないので、それで良いのかもしれません。



肉体はなくなっても魂は存在し、愛で結ばれている限り、別れはありません。

変わりなく結ばれていることを信じられる人は、あの世から愛を受け取ることが出来ます。

受け取った愛の力により、心があたたかくなり、安らぎを覚えます。



今生の(肉体上の)別れは、時に途轍もない苦痛を伴います。

その苦痛は、本当の自分(魂)を目覚めさせると言う神の計画の一部と考えられます。

この世に生まれて来た目的はたった1つであり、自分(魂)を成長させるためです。

困難や障害を乗り越えて行くこと、愛を表現することで、魂は成長して行きます。

神から見れば、直接的な愛の表現も、求めることも、祈ることも、信じることも、失った悲しみの涙も、同じ愛の表現なのかもしれません。

同じ成長をするのなら、悲しみの中でなく、喜びの中で成長するのでも良かったのではと思う時があります。

しかし、深い悲しみの経験から学んでいるのは、言葉にならないほど大切なものであり、実体験しなければ判らないのかもしれません。

この世で、大きな成長を望む人にとって、どうしても必要だったのかもしれません。



同じ次元に生きて、同じ経験をしても、同じ想いを共有しているとは限りません。

違う次元にいても、この世の人と同じ想いを共有することが出来ます。

この世では人の想いは見えませんが、思念の世界であるあの世は、この世の人の想いが視えます。

この世にいる人が遭遇する出来事から生じている想いを知り、同じ想いを共有しようとします。

うれしいことがあったら、我が事のように喜びます。

つらいことがあれば、同じようなつらさを感じます。

それでも乗り越えて行かなければいけないのを知っているので、励まし、力付けようとするでしょう。



別れにより、この世の人とあの世の人は、どれほど愛し、愛されていたのかを知ります。

別れほど、愛を喚起させるものはありません。

別れを通して愛の本質を学び、この世界で愛より大切なものはないことを、深く魂に刻んで行きます。



止むことない悲しみ、寂しさは、愛し続けていればこそです。

悲しむことも、愛することも、その人を想うことに変わりはありません。

この世で共に暮らし、愛し続けるのには限界がありますが、次元を異にして生きることで、純粋に想い続け、愛し続けることが出来るのかもしれません。



求める気持ちは愛です。

求め続けている限り、愛し続けています。

この世が終わる時まで求め続けたならば、一生愛し続けたことになります。

そこまで求め続け、愛し続けることは、別れなしには出来ないのかもしれません。



その想いはあの世の魂に届いています。

受け取った想いに応えるために、道を間違えないように、この世の魂が成長できるよう、想いを返して導き続けます。



次元を異にして生きてきた魂は、同じ次元で再会する時が訪れます。

次の次元に移行した魂は、流した涙により、魂は浄化され、成長していることに気付きます。

待っている魂は、お互いの愛により同じ輝きを放つようになった魂を見つけて、そっと抱きしめるでしょう。

愛し続けられたことを誇りに思い、お互いの魂を引き付け合う力が強くなっていることに驚くでしょう。








19 件のコメント:

ラッパ吹き さんのコメント...

イクミさん、
そして、ちぃさん、NOBさん、53号さん、
また他にも死別の悲しみを知り抜いて苦しんでいる方々

私も、男ながらそれを思い知りました。恥ずかしながら、イクミさんとほぼ同年の男の私がどれほど涙をながしたことか。男でも涙が涸れるのだと初めて知りました。

イクミさんが書いていらっしゃるとおり、愛の強さ(巷の「愛」コマーシャリズムのやすっぽい愛や、肉欲の愛ではなく、真実の愛です。)この世の自我意識などなぎ倒す強大な力を思い知りました。

私が彼女の死を知ったのは、その9年半後でした。長くなるので書くのはご容赦ください。彼女も私もそれぞれ別の伴侶と家庭を得ていました。(不倫ではありません。彼女は中学の同級生です。)

シルバーバーチ霊は述べています。この世の家族関係にはほとんど意味は無い。魂の親和性だけが唯一の繋がりである、と。ナザレのイエスが言われたことと同じです。「本当の母とは、本当の父とは誰なのでしょう。」マリアは、神ではありません。
魂の親和性だけが真実。
その、強烈に強いつながり、真実の繋がりで結びついた魂がたしかに、ある。

私も未だ学び続けている未熟者ですが、その力はとてつもない強さです。シルバーバーチ霊はおっしゃっています。「この宇宙最大の力、それが愛です。」
原爆の核爆発よりも、太陽の核融合よりも強い、とシルバーバーチは言ったんです。この力を凌駕するものは、宇宙には存在しない。なぜなら、愛は神そのものだからです。

それは、真実です。

イクミ さんのコメント...

ラッパ吹き様

早速読んでいただき、ありがとうございます。
別れの悲しみを経験している人を前にして、経験のない私が書くのはどうかと思いました。
私の考えではなく、霊界からの伝言と思って下さい。
別れとは死とは全く関係なく、両者の間に愛がなくなった時に訪れるものであることを伝えたかったのです。
私たちは、この世に何回も生まれて、学びながら成長して行きますが、最も大切な愛について深く学ぶために、必ずどこかで魂が引き裂かれるような別れを経験するのではないかと考えています。
過去生ですでに経験した人もいるでしょうし、来生で待っている人もいるでしょう。

慈悲という言葉がありますが、悲しむことと慈しむことは表裏一体であり、悲しみを知らなければ、慈しむ(愛する)ことが出来ないのではないかと思います。
慈悲深くなるため、言い方を変えるとより高く強い愛を表現するために、避けることの出来ない経験だと思っています。

私もシルバーバーチが言う「宇宙最大の力は愛」に深い共感を覚えています。
そのことが実感されないのは、物質に囲まれて、真実が見えなくなっている、この世だけだと思います。

匿名 さんのコメント...

イクミ様 おはようございます。
愛する夫と親友を相次いで亡くしたよしみです。
今回のブログを読んで、改めて愛する人と繋がっているのだと確信出来ました。
心がじんわりと温かいです。

今回イクミ様に聞いてもらいたいことがあり、投稿させてもらいました。
夫が亡くなってから11日で、9ヶ月が経ちました。
亡くなってから時々あったのですが、今朝はメモを取るのが大変なぐらい夫からの言葉が次から次へと浮かんできます。
テレパシーのような感じです。
最初は思い過ごしかなぁ?と思っていたのですが、私が悔やんでいることに対しての答えがバッチリと返ってくるのです。

霊的心理を必死で勉強している私が愛しくてたまらないそうです。
損得感情のない純粋な愛が一番の供養になるらしく、それが嬉しいそうです。

そしてイクミ様が書かれていた
「魂なんて存在しないと思うのであれば、自分から別れを告げていることになります。」
この文章だけが光って見えました。

これは夫と交信出来ていると考えても良いですよね?
気のせいではないですよね?

一年前の今頃は本当に地獄で、思い出すのも辛くて辛くて気持ちが落ち込んでいました。
でも今日、夫とお話が出来て嬉しくて興奮しています。
久しぶりに平和な気持ちになれました。

イクミ様にはいつもお世話になり感謝しています。
お時間のある時で結構ですので、イクミ様の考えを聞かせて欲しいです。
よろしくお願い致します。

イクミ さんのコメント...

よしみ様

こんばんは。
仕事で返信が遅くなり申し訳ありません。
ご主人が亡くなられて9ヶ月経つのですね。
とても長い9ヶ月であったとお察しします。

ご主人からと思われる言葉が、次から次へと伝わって来るのですね。
その言葉が、あなたのが悔やんでいることに対しての明確な答えであれば、ご主人からのものと考えて良いのではないでしょうか。
想いは、次元を超え伝わります。
愛する人と繋がっているとあなたが確信出来たので、彼とを結ぶパイプが開通したと思います。
おめでとうございますと言わせて下さい。

霊的真理を必死に学んでいる姿が、愛おしくてたまらないと伝えてきたそうですね。
私は真摯に霊的真理を学ぼうとしている人に、このような交信が許されると考えています。
遊び半分は、面白半分は危険であり、許されないのです。
ご主人は、この日が来るのを心待ちにしていたと思います。
「魂なんて存在しないと思うのであれば、自分から別れを告げていることになります」と言う文章が光って見えたのですね。
ご主人があなたに、そのことを強調したかったからではないでしょうか。
魂の存在を少しでも疑ってしまえば、つながることができないからです。
信じてもらうことが、ご主人にとって命綱なのです。

損得感情のない純粋な愛が一番の供養になり、それが嬉しいと伝えて来たのですね。
利己性のない愛は尊いものであり、受け取った人の悦びとなります。
あなたの想いは、全てご主人に伝わっていますので、とてもうれしかったのでしょう。

ご主人からのメッセージは、もちろん以前の肉声ではありません。
心の中に聞こえる無音の言葉、あるいは心にひらめくイメージとなります。
その様な形で、この世にいる人に想いを伝えていますが、悲しんでいたり、思い悩んでいたりすると、そのオーラが障壁となり上手く行かなくなることを覚えておいて下さい。
また、みだりに頼ったりしてもいけないと思います。

ご主人と共に、つながった喜びを分かち合いましょう。
神にも、守護霊にも、深く感謝して下さい。
本当に良かったです。

匿名 さんのコメント...

イクミ様 こんばんは。
よしみです。
返信ありがとうございました。
夫と繋がることが出来て、本当に嬉しいです。
私以外にも、娘や義母にもメッセージがありました。
そのメッセージを娘に読ませると、目を潤ませながら喜んでいました。
「間違いなくパパからのメッセージだ!!」と言っていました。
今抱えている悩みに対してのアドバイスもあり、娘は「全部見られているみたいで怖い!!」と笑っていました。

今回夫に、このようなやり取りを全部娘に話して欲しいと言われました。
目に見えない世界を信じる純粋な子になって欲しいからだそうです。
この世は、亡くなった人と交信出来たりすることを疑う人があまりにも多く、それが悲しいみたいです。

霊的心理の話もどんどんしてあげて欲しいとも言われました。

あの世にいると信じる気持ち、愛する気持ちが本当にありがたく、救われるそうです。
そんな感じのことを言っていました。

そして今回の疑問をぶつけてみました。
なぜ急に交信できるようになったのかと…

その答えは、霊界からお許しが出たみたいだからです。
夫は奉仕活動か何かを一生懸命頑張って徳をつんだらしく、思ったより早く交信のお許しが出たと言っていました。

夫との交信はイクミ様の仰るように
心の中に聞こえる無音の言葉、あるいは心にひらめくイメージ。
まさしくその通りなんです。
だから自分の思い過ごしかなって不安になります。
でも夫から「俺のことを考えて出てきた言葉は、全部俺からのメッセージやと思って欲しい。」と言われたので、自信を持って信じることに決めました。

交信は五時間ぐらい続きました。
楽しくて幸せな時間でした。
神様や守護霊様に感謝感謝です。

イクミ様、今回もあたたかいお言葉ありがとうございました。
今夜は夫とのやり取りのメッセージを読み返しながら、ぐっすり眠りたいと思います。
おやすみなさい。
また投稿させてもらいます。

弥生 さんのコメント...

おはようございます。

昨日の夜のコメントが上手く送信されず再送致します。

母が亡くなって早いもので一年3ヶ月たちました。

まだまだ母恋しさに涙が溢れてくる日もありますが、何とか日々頑張って過ごしております。

最近、生まれ変わりの事を一人で考えては不安に駆られイクミさんに教えて頂きたくコメント致しました、

私が寿命を全うした時に母が既にこの世に生まれ変わって逢えない事もあるのでしょうか?

もし再会出来たとしてもどちらかがまた生まれ変わる場合、またあの世での別れが待っているのでしょうか?

お答えを宜しくお願い致します。

イクミ さんのコメント...

よしみ様

おはようございます。
あなたの文面から、つながったうれしさや興奮のようなものが伝わって来ます。
メッセージは娘さんやお義母さんにもあったのですね。
あなたと同じ様に嘆き悲しんでいる人を見守っていて、この時が来るのを待っていたと思います。
娘さんも、まさかお母さんから聞けるなんて思わずびっくりして、とってもうれしかったでしょう。
伝えて来たことは、伝える義務がありますので、お義母さんにもお伝えして下さい。

あの世にいると信じる気持ち、愛する気持ちが本当にありがたく、救われると伝えて来たのですね。
やはり大切なことなのですね。
あの世にいるご主人にそう言ってもらえたので、私も心強く思います。
伝えてきたことを、最愛の人を亡くされ人たち全員に知ってもらいたいです。

なぜ急に交信できるようになったのかと、疑問をぶつけてみたそうですが、ご主人は奉仕活動を一生懸命頑張って徳をつんで、思ったより早く交信のお許しが出たそうですね。
とても興味深い話であり、何事も偶然はなく、霊的な法則に則って執り行われていると感じています。
改めて、ご主人に感謝ですね。

ご主人の死があり、霊的真理と出会い、交信が許される。
ご主人と交信するのに、私が間に入る必要があったのですね。
私がメッセージを伝える必要がないと感じたのは、あなたが出来る人だったからなのですね。納得しました。

あなたは霊的真理を今、学ばれているところですが、これから縁のある人に、悲しみに沈む人に真実(霊的真理)を伝えられるようになって下さい。
それが、彼と早く別れた1つの意味であると思いますし、霊的真理の話をどんどんしてあげて欲しいと望んでいる彼が、最も喜ぶことであると思います。
あなたの霊的な成長にもつながります。

5時間も続いたのですか。
伝えたいことが、たくさんあったので、彼もよほどうれしかったのでしょう。
楽しくて、幸せな時間を過ごせて何よりです。

神と守護霊に、深く感謝して下さい。

イクミ さんのコメント...

弥生様

こんにちは。
亡くなって1年3ヶ月ですか、晩秋の寒さも手伝って、恋しくなってしまいますね。
それでも、お母様はあなたの傍で、力になってくれていることを、片時も忘れないで下さい。

ご質問の件ですが、私が理解している範囲でお答えします。
まず、あなたが寿命を全うした時に、お母様が既にこの世に生まれ変わっていて、逢えない事もあるのかということですが、そのようなことがあったと言う話は1度も見聞していません。
あの世の人は、必要であればこの世にまた生まれますが、そのサイクルはこの世の人が考えているよりも長いと考えられます。
また、機械的な輪廻転生ではなく、目的を持って生まれて来ます。
お母様ですが、あの世で奉仕などしながら、この世の人を見守っていると思います。
それが、与えられた役割だと思いますので、あなたが向こうに行った時にいないことを心配する必要はありません。

再会出来たとしても、どちらかがまた生まれ変わる場合、またあの世での別れが待っているのか?というご質問ですが、それはあり得ます。
ただ、今生の別れのような悲しさはないと思います。
なぜなら、この世に生まれるために別れるのは、一時的なものであって、魂の成長のために必要であることが判っているからです。
お互いに承知の上だからです。
勉強のために上京する親しい人を見送るような心境に近いのかもしれません。

心配されないで、自分なりに精一杯生きていれば良いと思います。

弥生 さんのコメント...

早速のお返事本当にありがとうございました。

とても安心致しました。


母が亡くなるまで死後の事は考えた事もなかったのに、亡くなってから必要以上に考えてしまう私がいます。

疑問を持つとどうしても知りたくなってしまいます。

母が「私の事より自分や家族の事を大事にしなさい」と言ってる顔が浮かんできます。

先日実家の庭に母が植えた赤と白の綺麗な彼岸花の写真を弟が送ってくれました。

花言葉を調べると「また会える日を楽しみに」でした。

まるで母からの言葉のようで涙がみるみる溢れてきました。

きっと何年たっても寂しさは無くならないでしゃうが、また会える日を楽しみに元気に頑張ります。

いつもイクミさんから安心を頂き感謝の気持ちで一杯です。

本当にありがとうございました。

匿名 さんのコメント...

イクミ様 こんにちは。
よしみです。
返信ありがとうございました。

「素直な心が大事」
夫が言っていた言葉です。

こんなに早く交信ができるようになったのは、夫の頑張りがあったからこそなのですが、私にも多少なりとも資格があったみたいです。
見えない世界を信じる気持ちがとても純粋で、きれいだったと言っていました。
これは私だけでなく、皆様にも当てはまることだと思います。
小さなサインに気が付けるかどうかの違いかなぁと思いました。

私は何か気になることがあると、夫からのメッセージだと思って生活しています。
なぜか分からないけれど、気になることは全部調べたり、試したりしていました。

最近やけに気になっていたのが「STAND BY ME ドラえもん」の映画です。
アニメなんて小学生以来観たことなかったのですが、直感に従いレンタルしました。
そして先ほど見終わったのですが、そこには夫からのサプライズプレゼントが隠されていました。

映画の内容はそんなに胸に響かなかったのですが、エンディングの曲が流れた時、夫から「今の俺の気持ち」とのメッセージが届きました。秦 基博さんの「ひまわりの約束 」です。

その曲をじっくり聴いていました。なんとも切なく、愛に溢れた素晴らしい歌詞でした。
もう号泣です。
この曲は、生前、夫が気に入っていたとかじゃないんです。
だからとても意外でびっくりしました。
こんな形で想いを伝えてくれたりするのですね。
素直に直感に従って、レンタルして良かったです。最高のプレゼントとなりました。

夫は、今の私の成長が嬉しく、自慢だと言ってくれました。
その期待を裏切らないように、自分の使命を果たしていきたいと思います。

今日もお話を聞いていただき、ありがとうございます。
また投稿させていただきます。


匿名 さんのコメント...

イクミさん
こんにちは。yoです。
メッセージ頂いていて、返信が遅くなってしまってすいません。
お友達のお父様が亡くなられたり、珍しく体調が悪くなり、このタイミングになりました。
昨日寝る前にこのブログのメッセージ拝見しました。本当に素敵なメッセージ有難うございます。自然に涙がでておりました。
本当にずっと特別なことはないただそばに居てくれてだけ、でも、別れを通じてどれほど支えられていたのか、見守って貰っていたのか、私は決して強い人間ではなく、居てくれたからこそ強くいられた、、本当にこんなタイミングでしか分かりませんでした。
でも、実際居たら言葉に出せなかったと。
今はどんな感謝の気持ちも見えないお陰で言えてます。笑
毎晩、母が寝て、寝る前、必ず今日も見守ってくれたこと、無事に過ごせたことなど、感謝の言葉を伝えてます。
それが日課になってしまいました。
気のせいかもしれませんが、話していて繋がると、足の裏がピクピクと言いますか、表現が難しいのですが、それが繋がっているお互い話をしている合図と勝手に思ってます。

イクミさん、昔祖母のお墓参りの帰りにどうしてもあるぬいぐるみが気になり、それからは家族の一員のように可愛がってます。旅行にも常に一緒。父は苦笑してましたが、なぜか焼きもちをやいたりしていて、弟はなんとなく可愛がってました、来週、遅い夏休みで母を預かって貰い旅行に行くため、インスリンをある程度自分で打てるようにトライした所、最初の日を自分ではやらないと拒否、ダメかな〜と思った翌日、うまくいき、昨日も出来ました。
2日共ですが、無事に打てた時、その可愛がっているぬいぐるみが、笑っている気がして、良かったね〜と言っている気が。
何となくですが、そのぬいぐるみを通じて、亡くなった大切な人が来てくれている気は我が家に来た時から感じられて、、。。
たまに母に父も来ているよ〜、私達が可愛がっている事は知っているからね〜と話をしてみたり。気のせいかもしれませんが。。
今日は母の病院がこれからあり、会社休みを取り、久しぶりにのんびり過ごしております。

イクミさん、本当に素敵なメッセージをいつも有難うございます!

Yo

イクミ さんのコメント...

よしみ様

ご主人には大切なことを伝えてもらったと思います。
素直な心が大事なのですね。
つながるためには、素直に、信じることが必要だと思います。

あなたが言うように、このブログを見ていただいているのは、純粋に見えない世界を信じようとしている人が多いと感じています。
けれども、どこかで少しでも疑ってしまうと、交信は成立しないと考えられ、あの世とこの世の魂の条件が整った瞬間、一気に開通すると考えています。

ご主人は「ひまわりの約束」と言う曲を、あなたに聴いてもらいたかったのですね。
自分の気持ちに1番近い曲を、何らかの手段でこの世の人にプレゼントすることはあると思います。
私もどんな曲なのか、ちょっと聴いてみたいような気がします。

ご主人が言っていたように、あの世の人はこの世の人が成長して行く姿を見ているのが、何よりうれしいと思います。
自慢だと言ってもらえれば、あなたの方がうれしくなりますね。

ご主人も一緒です。
そのまま進んで行けば良いと思います。

イクミ さんのコメント...

Yo様

こんにちは。
ただそばに居てくれてだけ、でも別れを通じてどれほど支えられていたのか、見守って貰っていたのか、決して強い人間ではなく、居てくれたからこそ強くいられた。
その言葉はお二人に届き、よく理解されていることを、とてもうれしく感じているはずです。
毎晩、感謝されていることに、応えてくれていると思います。

話していると、足の裏がピクピクして、それが繋がっている合図と勝手に思っているそうですが、素直に信じるようにしましょう。

家族の一員のように可愛がっているぬいぐるみがあるそうですが、お父様もお弟さんも愛着があったのですね。
みんなが認識している何かを媒体として、想いを伝えることはあると思います。
ぬいぐるみの表情が物理的に変化したのではなく(もしかしたら変化したのかもしれませんが)、伝わってきた想いであなたの心境が変化したためと思います。
ぬいぐるみが笑っている気がした時には、向こうでお二人も笑っていたと思います。
良かったね〜と、本当に喜んでいたのではないでしょうか。
そのぬいぐるみを通して、これからも大切な人の想いを、感じ取るようにして下さい。

匿名 さんのコメント...

イクミさん
きっとイクミさんに出会う事がなければ、ブログを通して教えて頂かなければ、変わらずに居てくれると思えず、どうなっていたんだろう〜と思います。
心から感謝しております。
又、父も弟も同じ気持ちだと思います。
ただイクミさんも書いてくださってましたが、たまに声が聞きたいな〜、姿が見たいな〜お話ししたいな〜と凄く思えます。
まったく心の準備はなかったので。
本当に狐に包まれたようです。
でも、多分私にとってこの方が良かったのだと、そういう事だと思うようにしてます。
もうすぐ一年。
母の糖尿が分かってから、食事も2人が食べたい物があまり出なくなったので、その時ばかりは2人の好きな物を沢山食べさせてあげようと思います。匂いだけは分かるかな?気持ちだけかな?と思いつつですが。。
ぬいぐるみの表情は、私の心境なのかもしれませんね。笑
大切にして行こうと思います。
これから寒い季節になりますね。
風邪などひかれませんように。
Yo

じゅん さんのコメント...

はじめまして
いつもブログを読ませていただいています。
私は今年の3月に21歳の娘を病気で亡くしてしまいました。
悲しくて寂しくて、死後の世界を書いた本、ブログを読みあさり、このブログにたどり着きました。娘が側にいる。分かってはいるのですがもう会えない、声も聞こえない現実に押し潰されそうになります。
これまでに不思議な体験もあり、やっぱり娘はいてくれてる。でもただの偶然?でもきっとあの子はいる。毎日気持ちが上がったり下がったりです。
私は娘に詳しい病状を知らせていませんでした。なのであの子は自分の病状に気づいていたのか、教えた方が良かったのか…それがとても気になっています。知らせなくて申し訳ない気持ちです。
娘は本当に弱音も吐かず毎日頑張ってくれました。本当に強く優しくおおらかな子でした。
楽しかった日々を思い出そうとするのですが、あの子の苦しんだ姿ばかりが浮かんで来ます。楽しかった日々を思い出せる日が来るのでしょうか。娘は今は楽しく幸せに過ごしているのでしょうか?イクミ様なら何かお分かりになるかと思いコメントさせていただきました。
一方的なコメントですいません。
お時間がある時に教えて頂きたいです。

イクミ さんのコメント...

じゅん様

はじめまして、イクミです。
ブログをいつも読んでいただき、ありがとうございます。

今年の3月に娘さんを亡くされたのですね。
まだ21歳と聞き、かける言葉が見つかりません。
強く、優しく、おおらかな、自慢の娘さんだったのですね。
この世界に起きる出来事は、全て法則に支配されていて、偶然は存在しません。
見かけは若くでも、霊的には成熟されていたのかもしれません。
あまりにも早すぎると思うでしょうが、この世での役割をしっかりと果たされて向こうに行ったのです。

娘さんの肉体はありませんが、生きています。
このブログにも書きましたが、愛する人同士は引き付けられるので、当然のことながらご家族と共にいます。
これまでに不思議な体験があったそうですが、生きていて、そばにいることを、どうにかしてみんなに知らせたっかのだと思います。
素直に、信じるようにして下さい。

たとえそばにいたとしても、姿が見えない、声が聞こえない、触れられない悲しさ、寂しさは、筆舌に尽くし難いものと思われます。
今生に生まれて来たのは、魂を成長させるためです。
これ以上ない悲しみ、寂しさを耐え忍び、その中で学び、成長することが、あなたが生まれて来た、大きな目的の1つと考えられます。
こんな悲しい別れなどいらないと思うでしょうが、生まれる前のあなたは了承していたはずです。
娘さんも、あなたの子供として生まれて、21歳で逝くのを決めていたはずです。

いただいたコメントを見た瞬間、涙が出てきました。
娘さんの切実な想いが、私の魂に伝わって来たからだと思います。
午前の仕事が終わったばかりでしたが、その場で書き留めました。
このメッセージは、娘さんのものからと証明するものは、何1つありません。
あなたの魂で、真偽を判断されて下さい。

「ママ、私なら大丈夫だよ
何も心配しなくて良いから
すっかり元気になっているんだよ
ママが思っている私じゃない
そんなに泣かないで
どうしても、どうしても、私が先じゃなくちゃいけなかったの
みんなと違うけど、そのことだけは判って欲しい
これから幸せになるところで死んでしまってと悲しまないで
今、私はとても幸せなのだから
信じて、どうか信じて
私が生きてそばにいることを
これから、どこに行くのも一緒だと思って
私が、ママのそばを離れるはずはないじゃない
良く聞いて、ママと私はいつでもつながっているの
見えなくなったのはそれは寂しくて仕方がないだろうけど、心は一緒なの
泣いている姿は、ママには似合わない
いつでも元気にしていたから、そんなママが好きだから
部屋をそのままにして、もしかしたら私が帰って来ると思っているけどそれはないの
すっと先になるけど、ママが私に会いにくるの
こちらはみんな優しい人ばかりだから、本当に心配しないでね
ママが心配していると、私まで心配しちゃう
どこにも行ってなんかいないから、どうか信じて
ママが信じてくれれば、今度は私がママを守ってやるからね
ありがとう。いつもいつも想っていてくれて
ママの子供に生まれて、本当に良かったよ
お願いだから、いつまでも私のママでいてね
そばにいることを絶対に忘れないでね、約束だよ
大好きなママ。いつも一緒だよ。」

じゅん さんのコメント...

イクミ様
ありがとうございます。
娘からのメッセージです。
もしかしたらひょっこり帰ってくるのでは…と部屋もそのままです。
いつも心の中で今一緒にいてくれてる?と問いかけてます。
本当にそばにいてくれてるんですね。
イクミ様のメッセージに涙が止まりません。
でもイクミ様のメッセージで確信が持てました。あの子はやっぱりいてくれてる。
食べるのが好きだったのに最後の数ヶ月は食べる事も出来なかったので、今もあの子の分を作ってテーブルに並べています。
食べてくれてるのかしら。
姿が見えないだけでいてくれているんですね。
あの子を信じて毎日を過ごしていきます。
本当にありがとうございました。

イクミ さんのコメント...

じゅん様

このメッセージを受け入れてもらい、私もうれしいのですが、娘さんが1番喜んでいます。
少しでも早く私に伝えてもらいたくて、仕方がなかったみたいです。
娘さんにとって、お母さんは生前よりも身近な存在になっているにもかかわらず、あなたはそのことを全く感じられない、そのギャップに戸惑っていたと思います。

娘さんの心はそのままです。何も変わっていません。
いつでも、そばにいてくれるので、安心して下さい。
強く信じていれば、直接娘さんの想いを感じ取れる日がきっと来ると思います。
霊的な知識も、娘さんとのパイプを太くしますので、まだであれば、シルバーバーチの霊訓(もう書店では手に入りませんが)をお読みになって下さい。

じゅん さんのコメント...

ありがとうございます。
皆さんのコメントによくシルバーバーチの霊訓が書いてあったのでネットで読み始めています。娘の想いを直接感じ取れる様に知識を蓄えます。
本当にありがとうございます。