2018年1月7日日曜日

夢を抱く



小学生の時に、大人になったら何になりたいのか、クラス全員で文集に書きました。

男子はプロ野球選手が多く、中には内閣総理大臣と書いた友達もいました。

ちなみに私は、宇宙飛行士だったと記憶しています。



大人から、「夢を抱いていればいつか叶う」と言われた覚えがあります。

しかし、その時は、何を根拠に言っているのか、全然判りませんでした。



文集に書いた夢を叶えた人は、果たしてどれ位いるでしょうか?

大部分の人は、大きくなるのに従って実現不可能と思い、諦めてしまったのではないでしょうか。

私もその中の1人です。



それでも、子供の頃の夢を実現させている人はいます。

その差は何なのかと言えば、単純に夢を抱き続けられたかどうかの差だと思います。

努力していれば、なれるかもしれないと思い続けられた人が、夢を実現していると思います。

また、漠然と実現できたら良いなと思っている私みたいな人よりも、強く思いながら、自分を信じていた人の方が可能性は高いと思います。



しかし、この世界は、どんなに強く思っていても、実現されないこともあります。

多くのオリンピック選手は、金メダルを取る姿を思い描きながら、厳しい練習をしていますが、実現する人は1人だけです。

誰もが経験する入試や就職あるいは結婚も、強く思っていたからといって、希望通りになるものではありません。



また、どんなに思ったとしても、実現不可能なことがあります。

鳥のように空を飛びたくても、自力で人は飛べません。

150歳まで生きようとしても、無理です。

病気を治したいと思っても、直ぐに治るわけではありません。



この世界には、目に見えない自然法則が存在しています。

自然法則の働きは完全かつ不変であり、私たちはそれに従いながら生きています。

どんなに思ったとしても、自然法則の働きを超えて、実現されることはありません。

あくまでも法則の枠内で実現されます。



この世界では、自分の夢(想い)を具現化するためには、肉体的、精神的努力を伴わなければいけません。

必ずしも報われる訳ではないのに、人は夢に向かって努力をしますが何故なのでしょう?

夢が実現することよりも、実現するための奮闘努力が大切であり、その中で自分が成長することを知っているからなのかもしれません。

この世界に生まれて来たのは、自分を成長させるためであることを、本当の自分(魂)は知っているからだと思います。



夢を抱き続けていれば実現すると言われるのは、夢(想い)は具現化する力を秘めているからと考えられます。

強く抱くほど、具現化される可能性は高いと考えられます。

見方を変えれば、夢が実現しないのは、具現化するだけの強い想いではないのかもしれません。

あるいは、もっとふさわしい夢が存在し、そちらに進んで行かなければならないのかもしれませ
ん。



想いは魂で生まれ、具現化するための方策が精神で生まれ、肉体を動かすことによって実現されると考えています。

従って、想いが生まれなければ、何も始まりません。

想いが生まれたとしても、精神を働かせなければ方策は生まれません。

方策が生まれても、肉体を働かせなければ、この世では実現できません。



では、私たちが死んだ後に行く世界ではどうなのでしょうか?

想像するのが難しいのですが、五感に触れない想いこそが実在であり、しっかりとした実体があります。

この世界では、自分の想いを相手に伝えるために、肉体を介した表現をしなければいけませんが、次の世界では瞬時に伝わります。

人に知られたら恥ずかしいような想いを、隠す肉体はもうありません。

虚飾のない、以心伝心の世界であり、その様な想いを抱かないように修養するのが、この世界を生きる目的の1つなのかもしれません。

想っていることが、直ちに具現化されるのが、大きく違うところです。

自然法則の働きでそのようになるのであり、この世界のような努力は必要ありません。



次の世界では、想いが直ぐに具現化されるのに、この世界では何故、この様な煩わしい行程を経なければならないのでしょうか?

想いを実現するために、肉体的、精神的活動が必要であり、そこに大きな意味があるようです。

肉体や精神を働かせることは、上位にある魂にも負荷がかかり、成長につながると考えられるからです。

肉体的、精神的限界が伸展することにより、魂はより大きく、強い個性を表現出来るようになると考えられます。



望んでいるものが、向こうから舞い込んでくるようなことはありません。

自分が想わなければ、決して変化は起こらず、現実はそのままです。

想うことによって、現実を変えるためのスイッチが入り、影響を及ぼし始めます。

想いは行動となり、周りに変化を起こして行きますが、物質次元に顕現して来るのには時間がかかると思われます。



望む方向に人生を変えて行くために、まず夢(想い)を抱きましょう。

夢(想い)を抱いたら、行動に移すようにしましょう。

それにより、現実が少しずつ変わって行くはずです。