2014年10月13日月曜日

愛する人を亡くした人へ




もう、どれ位の涙を流したのでしょうか。

いくら涙を流しても、悲しみから解放されるはずもなく、現実は少しも変わることはありません。

ありふれた笑顔、何気ない会話、いつもの仕草、どれ1つとして忘れられるものではないと思います。

愛する人の存在の大きさに、圧倒されるばかりで、代わるものは、この世のどこにもないのかもしれません。



この世に生きている限り、別れは付き物です。

はっきりしていることは、愛する人が自分より早く死んだということです。

「何で自分より早く死んだんだ」と、思うかもしれませんが、あなたが代わりに早く死んだのであれば、愛する人がこの世で、今のあなたと同じように、悲しんでいたでしょう。

何かの理由があって、あなたがその役を引き受けたのです。



底がないと思われるほどの深い悲しみであれば、それだけ愛する想いも深かったということです。

この世で、それほどまでに、愛するものに出会えたのは、とても幸せなことなのですが、そんなのは慰めにもならないでしょう。

本当に大切なもの、かけがえのないものは、ありふれた存在となってしまうために、悲しいことに失って初めて気付くことが多いと思われます。



愛する人は、すでにこの世にいませんが、次の世界で間違いなく、生きています。

それは、また逢うことが出来るということを、意味します。



肉体を失っても、魂として生き続けています。

これは宗教でも何でも無く、自然現象です。

発想の転換が必要です。

生命の本質、本当の自分は、肉体ではなく魂です。

今の深い悲しみも、魂から生み出されます。

悲しみの想いも、目に見えないように、魂も目に見えるものではありません。

悲しみが確かに存在するように、魂も確かに存在しています。

たとえ、魂が存在したとしても、愛する人の肉体はすでに骨になり、この目で愛する人の姿を見たり、声を耳で聞いたり、手で触れられるわけではありません。

それは、悲しい現実です。

しかし、愛する者同士の魂と魂はつながっているため、双方の想いは伝えられるはずです。

厄介なのは、この世の人には肉体があるために、愛する人の想いが伝わりにくくなってしまっていることです。

この世に残してきた愛する人へ、想いを伝えようと、必死で頑張っているのに、どうしてもうまく伝えることができない、そのもどかしさは、想像を絶するものと思います。

海の中にいる人に、海上の人がいくら大声で叫んでみても、水に阻まれて伝わらないのと、似ているのかもしれません。

ただ、海の中にいる、この世の私達が、海上に出られる時があります。

眠っている時です。

眠っている時に、本当の自分である魂は、からだから離れて、愛する人と同じ世界に行っています。

いわゆる、体外離脱と言われる現象です。

眠っている時に、愛する人と、実際に逢っています。

夢に出てきたという話は、良く耳にしますが、そのほとんどが、愛する人がいる世界で、実際に逢っていると思われます。

お互いの想いを伝え合っているはずです。

そのことを、もっとはっきりと覚えていれば、違う世界で生きていると確証が持てるのにと、考えてしまいます。

愛する人がいる世界は、想いの世界であり、言葉は必要としない世界です。

あなたに伝えたのは、言葉ではなく、あなたへの想いです。

従って、朝起きた時に、言葉を思い出そうとしても無理かもしれません。

この世を生きている人は、頭で考えてしまっていることが多いので、魂に伝わった愛する人の想いを、言葉で思い出そうとするために、無理が生じているのだと思います。

けれども、交わし合った想いは、微かかもしれませんが、残っているはずです。



眠っている間に逢って、想いを確認し合っているはずですが、朝になって目が醒めると、愛する人の姿は目に映らなくなります。

姿が見えないという現実が襲い、すぐに悲しみに包まれてしまいます。

愛する人は、その様子を見ていて、「今まで逢っていたのに、なぜすぐ忘れてしまうの」と、あきれているかもしれません。



愛する人と夢で逢ったのは、紛れも無い事実であり、逢いたいと思う願望が作り出す、幻影ではありません。

愛する人は生きていて、次の世界に移り、元気にしているのです。

そのことを、あなたにどうしても、どうしても伝えたいのです。

なぜなら、悲しんで、涙を流している姿を見るのが、あなたを愛しているので、とてもつらいのです。

生きているという真実を、しっかりと伝えたいのです。



もし仮に、あなたがちゃんと生きているのにもかかわらず、いなくなってしまったと勘違いをして、愛する人達がとても悲しんでいるとしたら、どう思うでしょう。

きっと 「元気でいるから、心配しないで」と、伝えたくなるのではないでしょうか。

向こうに行った愛する人も、それと全く同じ想いです。

元気に暮らしています。

そして、見守っています。

迷った時、悩んだ時、困った時には、向こうから想いを伝えて、導いてくれるはずです。

心を穏やかにして、つながっているという確信を持っていれば、愛する人の想いは、魂に伝わってくると思います。



愛する人が生きていることは、時が来ればはっきりするのですが、なるべく早いうちに、その事実を知っておいた方が、お互いに安心し、悲しみも少なくて済みます。

この世からいなくなってしまったこと、次の世界で生きていることは、ともに現実です。

愛する人のために、どうぞ現実を受け入れて下さい。



もう1つ、はっきりしていることは、あなたもいつか死ぬということです。

その時には、今か今かと待っていた愛する人が、両手を広げて、満面の笑顔で迎えてくれるでしょう。

今の悲しみからは、信じられないほどの喜びに満たされるでしょう。

その歓喜の時が来るまで、衝動を抑えて、生き抜いて下さい。



神は愛です。

神が愛ならば、なぜ、最愛の人と、死によって離れ離れにさせて、ここまで悲しみを与えるのかと思ってしまいます。

もし、愛する人が今も生きているとしたら、ここまで愛していたこと、愛されていたことに、気付いたでしょうか?

愛すること、愛されること以上に、大切なことは、この世にあるのでしょうか?

深い悲しみには、魂を目覚めさせ、愛より大切なものはないことに気付かせるという、深甚な意味があります。

それが、神の摂理であり、神の心だと考えられます。



最も大切なのは愛だと気付き、この先の人生で表現していけたなら、愛する人の死はとても大きな意味を持ちます。

それは、愛する人が最も喜ぶことでもあると思います。





参考ページ: 「亡くなった愛する人とつながる」




8 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

いつも読ませてもらっています。

私の想いは確かなものですが、亡くなった愛する人の想いに自信がない時は、どうしたら良いですか…。
いつも見守っていてね
いつかまた会おうね
ずっと想ってるよ
そんな風に思っても、ひとりよがりなんじゃないかと思うとき
どうしようもなく虚しくなります。
想われてた
そう自信がもてる程、過ごした時間も長くなく、私の立場もその要因の一つですが
相手がどう思っていようとも私は
思い続けても良いのでしょうか。

イクミ さんのコメント...

匿名さんへ

拙いブログを読んでいただいてありがとうございます。
愛する人が亡くなられて、悲しい想いをずっとされているのですね。
生命は魂であり、次の世界に移り、元気にしているは間違いありません。
残念ながら、その姿は目には見えませんので、おとぎ話、夢物語のように思っている人が多いのですが、事実です。
あなたは、その方が存在していることを理解されているようなので、本当に良かったと思います。
質問に対する私の考えです。
自分が先に亡くなった時のことを考えてみたらどうでしょうか。
その方が、この世から愛する想いを送り続けてくれたとしたら、あなたはとてもうれしいはずです。
この世には、その方に親愛の想いを向けている人は、他にもいると思いますが、たくさんの愛をもらって、嫌がる人はいません。
その1つ1つの想いが、とてもうれしいと感じ、向こうの世界で生きて行く力になっていると思います。
過ごした時間や、立場を気にされている様ですが、そんなことを超越した、想いだけが真実の世界です。
この世で1番愛していた、そして愛してくれた人は誰なのか、はっきりと分かる世界です。
こちらの想いは、光となって、届いています。
その方が、あなたのことをどれ位想っているのかは分かりませんが、ひとりよがりではないと思います。
なぜなら、この世から去ってもなお、あなたが想い続け、今も愛されているのは、その方が、あなたのことを、深く愛されていたことの証だと思うからです。
あなたの想いと同じくらい、その方は今もあなたのことを愛されていると、私は思います。
愛する想いは、頭脳からではなく、魂から生みだされるものなので、死んで肉体はなくなっても、あなたへの想いは続いています。
無用な心配や、勘違いをして欲しくないと、強く思っているのではないでしょうか。
あなたの想いは、愛する人にとって、大きな喜びとなっていると思います。
自信を持って下さい。

匿名 さんのコメント...

ありがとうございます。
本当にありがとうございます。
少ない言葉だったのにも関わらず、全てを理解して頂いたように思います。
救われました。
押し殺していたものが溢れ出して止まりませんでした。
頂いた言葉を大切にこれから生きて行きます。

イクミ さんのコメント...

少しはお役に立てたのなら、私も本当にうれしいです。
愛する人は、あなたの想いが続いている限り、いつも寄り添って、見守っていてくれるでしょう。愛は次元を超えて、魂を結びつける力であることを、心に留めておいて下さい。
向こうに行った時に、愛する人に褒められ、抱きしめてもらえるように、あなたらしく生き抜いて下さい。

匿名 さんのコメント...

とても安心しました
主人を亡くして10年も過ぎたのに悲しくて辛くて死にたいとばかり思っていました。
そばに居てくれる 実感できました‼
ありがとうございます。

イクミ さんのコメント...

ご主人を亡くされて、10年経つのですね。
人には言えぬ、つらい日々を過ごされてきたと、お察しします。

目には見えませんが、ご主人はあなたの側で見守っています。
姿は見えなくなっても、魂として、生きています。
魂は、荼毘に付されて、無くなりません。
魂から生じている愛も、全く失われていません。
そのことが、はっきりと判るのは自分が死んだ時なのですが、今、実感できて本当に良かったと思います。
少し先になるかもしれませんが、また逢えるので安心して下さい。

あなた以上に喜んでいるのは、ご主人ではないでしょうか。
「今頃気付いたのかよ、遅すぎるよ。でも本当に良かった!」と、苦笑しているような気がします。

あさよ さんのコメント...

亡き主人を魂を感じて生きられるように
イクミ様のお話でなりましたが
時々とても寂しい思い悲しい思いになります。
私のわがままでしょうか?

主人に話しかけたりしていますが
また きっと逢えますね‼
そう 信じていきます。

イクミ さんのコメント...

あさよ様

はじめまして、イクミです。
私の拙いブログを読んでいただき、ありがとうございます。

きっと逢えますねと心配されていますが、あなたがこの世に別れをする時に、ご主人のことを愛していれば、もちろん逢えます。
正確に言わせてもらえば、毎日のように逢っているのですが、あなたの肉眼に姿は映らないので、認知されていないだけです。
眠っている時にも、同じ次元で逢っているのですが、あなたが覚えていないだけです。
ご主人はあなたの魂が視えるので寂しくないのですが、あなたはご主人の姿が見えないので寂しくなってしまいます。
魂と魂は、離れ離れになっていないのです。

ご主人がどうしているのか知りたいのでしょうか?
そうであれば、あなたがご主人を残して死んでしまった時のことを想像して下さい。
あなたの肉体は無くなり、心だけになったと思って下さい。
ご主人があなたのことを思い浮かべながら、悲しみの涙を流しています。
その姿を見たら、あなたはどのような想いになり、行動をするでしょうか。
ご主人の傍に寄り添い、「ここに私はいるでしょう。そのことに早く気付いて」と、想いを投げかけ続けるでしょう。

今のご主人の想いも全く同じであり、「おれはいつでもここにいるぞ。何で気付かないんだ。そろそろ判ってもいい頃だぞ」と、もしかしたらちょっと怒っているかもしれません。
あなたが悲しむ姿を見て、どれだけ肩を抱いて、慰めてやりたいことでしょうか。
愛は死を超越しています。
あなたはご主人に今も愛されています。

語りかけは、ご主人の魂に間違いなく届いて、ご主人は想いを返して来ているはずですが、その想いを受け取るのは、耳ではありません。
あなたの魂が受け取るのですが、頭であれこれ考えたり、感情に支配されていると、感度が極端に悪くなってしまいます。
穏やかな心になり、頭を空っぽにして、降って来る想いを、どうにかして受け取って欲しいです。